STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のコラム

2008年2月27日
リーグ優勝への道


2008年2月20日
ブンデスリーガ3部、来襲!?


2008年2月14日
プロになる決意


2008年2月8日
カーニバル本番!


2008年2月4日
大敗よりもカーニバル


2008年1月26日
Gonsenheim 始動


2008年1月16日
ダンケ! Taka!!


2008年1月7日
ドイツ的体育館サッカー


2007年12月27日
11得点の夜


2007年12月20日
危険なクリスマスパーティー


2007年12月12日
戦うということ


2007年12月5日
もうすぐ冬休み


2007年11月27日
3連戦


2007年11月20日
練習参加


2007年11月13日
レベル差


2007年10月30日
ブンデスリーガ途中経過


2007年10月23日
ユーロジャパンカップ


2007年10月17日
2つの頂上決戦


2007年10月12日
暫定一位


2007年10月3日
ダービー


2007年9月26日
レッドカード


2007年9月20日
アイントラハト・フランクフルト


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信 ~夢をリアルに~ リーグ優勝への道

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
山下 喬
ドイツ

ドイツ通信 ~夢をリアルに~

山下 喬
1984年12月22日生まれ。滝川二高サッカー部に所属。2003年に卒業後、ドイツサッカーへの挑戦を決意。2005-2006シーズンより、ブンデスリーガ『1.FSV Mainz05』2軍チームに引き抜かれ、攻撃的MFとして活躍するものの契約延長には至らず。現在はドイツ5部チームに所属し、夢のブンデスリーガをめざして奮闘中。

ドイツ

■リーグ優勝への道

2008.2.27

先週の土曜日、リーグ後半戦がついに始まりました。
僕たちのチーム「ゴンセンハイム」は首位に立っており、立場としてはすべてのチームから追われているということになります。

今節は下位チームの「フースゲーンハイム」とのアウエー戦でした。
ここはドイツのチームにしては小さい選手が多くて、テクニックがすごく高い。下位に低迷しているものの全く油断ができないと監督は何度もいっていました。昨シーズン、このチームとのアウエー戦で惨敗している僕たちは気合いを入れて試合に臨みました。

内容は僕が最初から予想していたとおり、体と体のぶつかり合い、本当に戦いというにふさわしいものになりました。
僕たちがリーグ首位ということもあって、相手も気合の入り方が半端ではなく、いつ誰がケガしてもおかしくないようなラフプレーも多くありました。

ブンデスリーガでも共通していえることだと思いますが、ドイツのサッカーは、Zweikampf(ツヴァイカンフ)=格闘、つまり2人の戦いというものがすごく重要になります。
足先でボールを取りにいくことはなく、体ごと相手にぶつかってボールを奪うし、ボールをキープするのにもうまく相手に体をぶつける。

前にもこのことはコラムで書かせてもらったんですが、この「戦う」ということができて、初めてチームメートや監督から認められるといっても大げさではないと僕は思っています。

試合のほうは相手が激しい当たりをしてくる中、僕たちがカウンターから先制点を奪いました。ここから試合はもっと激しさを増していき、僕たちのチームからは2人もの負傷者が出ました。

このこともあって、後半は相手に押される時間が多くなっていきました。運良く失点しなかったものの、相手のシュートが本当に何センチかの差でゴールにならなかったプレーもたくさんありました。

試合が再び動いたのはまたもカウンターからで、僕たちのチームの途中出場した選手がゴールを決めて2-0として試合は終了。大事な後半戦1戦目を勝利することができました。

残り11試合、この勢いに乗り勝っていきたいです。目指すはもちろん優勝!

それではまた!

現在休載中← ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク