最近のコラム

2016年9月12日
境界線を越えて(後編)


2016年9月5日
境界線を越えて(前編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(後編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(前編)


2016年3月8日
インタビュー:マーロン・ベントさん 後編


2016年2月25日
インタビュー:マーロン・ベントさん 前編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 後編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 前編


2015年7月29日
テクニックとは何を指すのか?


2015年5月29日
パウル・セグイン選手インタビュー(後編)


2015年5月27日
パウル・セグイン選手インタビュー(中編)


2015年5月25日
パウル・セグイン選手インタビュー(前編)


2015年4月22日
フォーメーションの組み立て方(後編)


2015年3月23日
フォーメーションの組み立て方(中編)


2015年3月10日
フォーメーションの組み立て方(前編)


2015年2月17日
システムの歴史


2015年1月9日
サッカーコートとフットサルの関係


2014年12月8日
トレーニングにおけるグリッドの作り方


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信  ~Probieren wir mal!(とりあえず、一緒にやってみよう!)ユーロ2016終了(後編)

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
鈴木 達朗
ドイツ

ドイツ通信
~Probieren wir mal!~
(とりあえず、一緒にやってみよう!)

鈴木 達朗
宮城県出身。中学生からサッカーを始め、大学1年まで競技を続ける。サッカークラブも無い町で、一人でストライカーなどの雑誌を読んでは友人に薦め、「サッカーマニア」と呼ばれる少年時代を過ごす。中学では、クラブチームに所属。小学校で全国大会に出た選手たちを目の当たりにして、早々に挫折。頭を切り替えて、選手時代からコーチの目線で過ごす。学者になるつもりで渡った先のベルリンで、たまたま試合に誘われたクラブから、コーチになることを頼まれて、指導者になる。二足のわらじで大学も卒業し、現在に至る。タイトルは練習中に発する自分の口癖から取ったもの。
Webサイト:http://www.tatsurosuzuki.com/

ドイツ

■ユーロ2016終了(後編)

2016.08.03

みなさん、グリュース・ゴット(南ドイツの挨拶、「ハロー」の意味)! 前回は、ユーロを振り返って、優勝したポルトガルについて書きましたね。今回は個人的に興味深いと思ったイタリア代表について書きたいと思います。日本でイタリアのサッカーを見ている人にはお馴染みのやり方だったかもしれませんが、普段ブンデスリーガを見ている僕からすると、興味深いオーガナイズだったな、と思います。その様子を少し見ていきましょう。下の図を見てください。

img_01

これは準々決勝のイタリア代表対ドイツ代表の試合のワンシーンです。ドイツ代表の3バックはフンメルスの持ち出しからのスルーパスやボアテングのダイアゴナルなロングパスを生かした、バイエルンやドルトムントと基本的に同じやり方で、非常に組織だったやり方でした。

img_02

この試合ではありませんが、イタリア代表は基本的に、リードしているときはサイドバック、センターハーフ、およびトップの1枚が、大外のゾーンに引き出されたら、赤く囲まれたゾーンを埋める、というオーガナイズをしていました。個人的には、そのオーガナイズを徹底してやりきったイタリア代表に強いシンパシーを抱きました。2-0で勝利を収めたベルギー戦は相手が4バックで、しかもドイツ代表に比べてポジショニングが良くなかったので、守りやすかったのではないか、と思います。下の写真のようになります。

img_03

現在サッカーデータ会社を経営する元フランクフルトのライナーツのインタビューによれば、ベルギー代表は最も守備ブロックを突破されたチームだったそうで、さもありなん、というのがこの写真を見ると分かると思います。逆サイドの大外にいる選手はもっと幅をとって、相手のサイドバックと同じ高さまで張っていれば、イタリア代表のバックラインも嫌だったはずです。ボランチの選手は高い位置を取り過ぎ、カウンターに対処できません。また、オフェンシブの選手2人が重なって、パスコースをつぶしています。イタリア代表にとってはマッチプランどおりの完勝を収めたのにもそれなりの理由があるということですね。さて、ドイツ代表はどうだったでしょうか。下の写真を見てみましょう。

img_04

3バックで、両サイドに広がったセンターバックは相手のセンターハーフを高い位置に引きつけた上で、同時に2トップの間にボランチの1枚が入ることで、イタリアのフォワードの選手は中盤まで戻りきれず、赤いゾーンの密度を下げることに成功しています。そこにフンメルスがうまくボールを運びながら入っていく、というパターンでイタリア代表を苦しめていました。これはドルトムントやバイエルンでもよく見る形でした。同時に、両ウイングバックが大きく開きながら高い位置を取り、幅と深さを確保し、そこにダイアゴナルなロングボールを入れることで、イタリア代表のディフェンスラインのコントロールを難しくしていました。以前、4-3-3のオーガナイズを書きましたが、ドイツ代表は3バックでそれを実践した形です。それにしても、イタリア代表のセンターハーフの運動量は大変なものだったと思います。カバーするスペースが広大にもかかわらず、それを120分やり通した集中力は素晴らしいものでした。この写真のシーンの後、ドイツ代表は右サイドのセンターバックからウイングバックへロングラインのボールを入れ、下の図のようになります。

img_05

イタリア代表としては、うまく追い込み、あわやカウンターというところまで行きましたが、ファウルを取られてしまいました。この試合は結局、PK戦の末にドイツ代表が勝ちました。試合後、解説者のショルが「ドイツ代表は消極的な戦術を採用した」と言ってドイツ国内で論争を起こしましたが、個人的にはドイツ代表は正しい判断をしていたと思います。

この試合、僕は練習後にクラブハウスでイタリア人の友人たちと、ドイツ人に囲まれながら完全アウェーな状況のなかイタリア代表を応援していたのですが、「ポグバとモラタがいれば…」と悔やんでいた友人たちを見ると、イタリア人選手の層が相対的に薄くなっているんだな、と感じざるを得ませんでした。

個人的には失望と歓喜を体験したアップダウンの激しい大会でした。こうして振り返って見ると、A代表が参加するビックトーナメントは勝利しか求められていないんだな、ということをつくづく思い知らされた大会になりました。普段サッカーとは無関係な知人たちと話していると、日頃サッカーへの関心が薄い層を含めて、あらゆる人々が一喜一憂するような大会では、ディティールの分析には日頃から現場でサッカーに関わっている人を除くと、誰も興味が無い、ということも思い知らされた大会でした。

それでは、チャオチャオ!

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク