最近のコラム

2016年9月12日
境界線を越えて(後編)


2016年9月5日
境界線を越えて(前編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(後編)


2016年8月3日
ユーロ2016終了(前編)


2016年3月8日
インタビュー:マーロン・ベントさん 後編


2016年2月25日
インタビュー:マーロン・ベントさん 前編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 後編


2015年9月15日
インタビュー:ユリア・ハースさん 前編


2015年7月29日
テクニックとは何を指すのか?


2015年5月29日
パウル・セグイン選手インタビュー(後編)


2015年5月27日
パウル・セグイン選手インタビュー(中編)


2015年5月25日
パウル・セグイン選手インタビュー(前編)


2015年4月22日
フォーメーションの組み立て方(後編)


2015年3月23日
フォーメーションの組み立て方(中編)


2015年3月10日
フォーメーションの組み立て方(前編)


2015年2月17日
システムの歴史


2015年1月9日
サッカーコートとフットサルの関係


2014年12月8日
トレーニングにおけるグリッドの作り方


トップコラムワールドサッカー通信局>ドイツ通信  ~Probieren wir mal!(とりあえず、一緒にやってみよう!)~ フォーメーションの組み立て方(中編)

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
鈴木 達朗
ドイツ

ドイツ通信
~Probieren wir mal!~
(とりあえず、一緒にやってみよう!)

鈴木 達朗
宮城県出身。中学生からサッカーを始め、大学1年まで競技を続ける。サッカークラブも無い町で、一人でストライカーなどの雑誌を読んでは友人に薦め、「サッカーマニア」と呼ばれる少年時代を過ごす。中学では、クラブチームに所属。小学校で全国大会に出た選手たちを目の当たりにして、早々に挫折。頭を切り替えて、選手時代からコーチの目線で過ごす。学者になるつもりで渡った先のベルリンで、たまたま試合に誘われたクラブから、コーチになることを頼まれて、指導者になる。二足のわらじで大学も卒業し、現在に至る。タイトルは練習中に発する自分の口癖から取ったもの。
Webサイト:http://www.tatsurosuzuki.com/

ドイツ

■フォーメーションの組み立て方(中編)

2015.03.23

皆さん、モイン! 前回はいかにサッカーコートを分割するか、そして、ドイツサッカーのキーワード「ハルべ・ロイメ(halbe Räume)」について話をしましたね。

今回は、1930年のワールドカップ決勝でも用いられていた、今でいえばバルサ型およびポルト型の4-3-3を例にとりながら、なぜ「このフォーメーションは最も機能させやすいベーシック」といわれるのかを考えていきましょう。

個人的に、第1回ワールドカップの決勝で両チームがこのフォーメーションを使ったことは必然でもあると思っています。それ故に、サッカーのフォーメーションのベースは4-4-2のスリーラインではなく、4-3-3なのです。その理由を見て行きましょう。まず、下の図を見てください。

img_01
(図1)

前回に書いた20分割に、6カ所、色がついています。この赤いエリアは自分たちが使いたいエリア、使わせたくないエリアです。ペナルティーエリアの手前の両角前のスペースは、比較的サイドから中央に横に流れるように侵入するので比較的入りやすく、しかもシュートもクロスもスルーパスも狙えるという、使い勝手のいいスペースです。ペナルティーエリア内の中央はシュートをもっとも決めやすい位置という意味で、重要なエリアになります。これらのエリアをいかに使うか、使わせないか、ということを考えたときに、4-3-3というのは非常に効率がいい並びです。いかにシンプルに、かつ確実にボールを敵陣内深くに運ぶか、ということを考えたとき、もっとも簡単な答えはサイドだからです。

なぜなら、ゴールが中央にあるかぎり、相手は中央に人数を割かざるをえないからです。図の青色の四角形は、相手ディフェンスが警戒してしっかりつぶしてくるスペースです。この青色のスペースを回避しながら、いかに赤いエリアに入り込んでいくか、というところから考えていくと、4-3-3は一度サイドからロングライン(緑の点線)を使ってボールを相手陣内深くに運ぶことができるので、バランスを崩すことなく相手を撤退させることができます。ゲームメークのときは、この両サイドにいるウイングへのパスのタイミングがペースを調節することになります。

img_02
(図2:4-3-3。青いゾーンは相手が固めるエリア。緑はロングラインのパス。)

相手を撤退させてからボールを動かして、色のついた3カ所のスペースが開くのを待つポゼッション志向のチームは、下の図のように2-5-3に近い形になります。つまり、いかにこの赤い「エリアに入り込むか」という発想です。ゲームメークではなく、いわゆるファイナルサードでのチャンスメークの段階に入ったときは、相手の固めた部分をスペースではなく、ラインで見ます。つまり、いかにスペースを使うかではなく、いかに相手DFが構築するライン(青い点線)を突破するか、という考え方に変わります。「リスクを冒す」という言葉は、このような状態になった後で使う言葉です。

両サイドから縦への突破、あるいは相手のディフェンスラインと中盤のラインの間にドリブルで入っていってシュート、クロス、パス(黒の波線)。バイエルンではロッベンやリベリあるいはゲッツェ、バルサではメッシやネイマール、イニエスタがこのような役割を担います。そして、シャビやシュバインシュタイガーのように2列目からの飛び出し(黒の二重線)など、相手が構築する守備のラインを突破するための工夫を、何でもできる状態を作るのがボールを動かす(ゲームメークする)目的です。

img_03
(図3:相手陣内に攻め込んだときの図。前々回紹介した1930年のアルゼンチン対ウルグアイのフォーメーションと比べてみましょう)

今回は、「ボール保持・スペースをいかに使うか」ということを基点にフォーメーションを論じてみました。相手の構築する守備ブロックのラインを突破するチャンスメークとそれをできる状態にするようにボールを動かすゲームメークの違いに気をつけながら、1930年のアルゼンチンやウルグアイのフォーメーションと比較して読んでほしいな、と思います。

次回は「ボールの不保持・スペースをいかに使わせないか」を基点にフォーメーションを見ていきましょう。チャオチャオ!

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク