最近のコラム

2016年08月18日
世界のトップを目指す リカルド・モニズ


2016年07月20日
出会いと別れ、そして新たな挑戦


2016年01月08日
天国と地獄 : スペインからの若武者


2015年12月04日
FC Den Bosch 50周年!!


2015年09月01日
ベテラン選手の重要性


2015年06月29日
オランダでプロデビュー 際・ファン・ウェルメスケルケン


2015年05月25日
2014‐2015シーズン FC Den Bosch(FCデン・ボッシュ)


2015年03月18日
法改正、オランダ挑戦へのチャンス!!


2015年02月12日
シーズン途中の監督交代


2015年01月14日
チームトレーニングへの復帰


2014年12月15日
手術適応


2014年10月28日
1点


2014年10月8日
フィジオセラピスト(理学療法士)


2014年8月18日
新天地 FC Den Bosch


2014年7月14日
ブラジルワールドカップ 3位決定戦


2014年6月16日
ブラジルワールドカップ オランダ‐スペイン


2014年6月9日
日本からオランダ理学療法資格の書き換え


2014年5月22日
リーグ戦優勝!!


トップコラムワールドサッカー通信局>オランダ通信 ~De weg naar voetbal specifiek fysiotherapeut (サッカーに特化したフィジオセラピストへの道)~ 法改正、オランダ挑戦へのチャンス!!

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
中田 貴央
オランダ

オランダ通信
~De weg naar voetbal
specifiek fysiotherapeut~
(サッカーに特化したフィジオセラピストへの道)

中田 貴央
1989年10月5日生まれ。東京都出身。
2012年3月に昭和大学保健医療学部理学療法学科を卒業後、「サッカーに特化したフィジオセラピスト(理学療法士)」になるためにすぐに渡蘭。オランダのフィジオセラピストへの資格の書き換えに向けてThim Hogeschool voor Fysiotherapieで勉強中。2013/14シーズンより、オランダアマチュアリーグ2部のVSV Vreeswijk U-18にフィジオセラピストとして帯同しています。オランダのトップコーチとしても知られているレイモンド・フェルハイエン氏が提唱した「サッカーのピリオダイゼーション理論」にも興味を持って勉強しています。
NSCA-CPT(National strength and conditioning association公認 パーソナルトレーナー)

オランダ

■法改正、オランダ挑戦へのチャンス!!

2015.03.18

オランダサッカーのシーズンも第3ピリオドが終了し、残すところ10試合となりました。最新のFIFAランキングも発表され、1位のドイツに始まり、2位にアルゼンチン、そしてオランダは5位につけています。日本は53位と2つ順位を上げたということでした。
FIFAランキングの結果ですべてが語れるというものではありませんが、ヨーロッパ・南米のサッカー大国と比べるとまだまだ差があるのかもしれません。
今回はオランダでサッカーの指導者・メディカルスタッフとして勉強したい、挑戦したいと考えられている方によい情報が入ってきましたので、ご紹介させていただければと思います。

従来のオランダのシステムでは、日本国籍を有する人がオランダで働くためには滞在許可と労働許可が必要とされていました。しかし、2015年2月19日に労働局の正式な文書の発表があり、以下のような報告がされていました。「日本国籍を有する者は、オランダで就労するために労働許可を必要としない。」つまり、滞在許可を取得できれば自由な労働が許可されるということです。

今回の法改正にともなう滞在許可取得のための変更点を以下の表にまとめてみました。

  現在 従来
企業に労働者として雇われて、滞在許可を取得する場合。 通常の就労ビザの申請が可能、滞在許可取得のための最低賃金:1136ユーロ。 知的労働者として滞在許可の申請が必要。
最低賃金:30歳より若い場合3071ユーロ、30歳以上4189ユーロ、オランダの学校の卒業後であり30歳より若い場合2201ユーロ
フリーランスとして事業を立ち上げてビザを取得する場合。 最低賃金なし。
最低2-3の顧客から収入を得なければならない、社員として企業に雇用されることも可能。
最低賃金なし。
最低2-3の顧客から収入を得なければならない。企業に6ヶ月以上の連続雇用される場合には、労働許可を必要とするため難しい。

従来、日本人として労働許可を取得する場合には、特殊能力を生かした仕事に就くということが大きなキーポイントとなっており、寿司職人など日本人にしかできないとされている職業以外での取得はほぼ不可能とされていました。例えばフィジオセラピスト(理学療法士)に場合にも、EU圏内の国の国籍を持つフィジオセラピストの数が多く、職に就けないという状況の中で雇用環境を守るために、EU圏外の国籍を持つフィジオセラピストの労働許可の基準を厳しくするという方針になっていました。唯一の労働許可なしで就労が可能となっていた、知的労働者として滞在許可を取得する方法もオランダの学校を卒業していない場合には最低賃金が跳ね上がるために、取得するのは簡単なものではありませんでした。しかし、今回の法改正によって「日本人は労働許可を必要としない」ということになり、限りなくオランダ国籍を持つフィジオセラピストと同じ条件で働くことが可能となりました。

このような法改正によって、オランダで働きながらサッカーの指導者/メディカルスタッフとして勉強していくということへのハードルが確実に低くなりました。特にメディカルスタッフの場合には、週3-4日スポーツクリニック、週2-3日サッカーチームに帯同など制限なく行えるようになったことはとても素晴らしいことだと思います。こちらでも紹介させていただきましたが、理学療法士資格の書き換えをクリアして、オランダ語でのコミュニケーションがうまく取れるようになれば、メディカルスタッフとしてオランダで働きながら経験を積んでいくという選択も現実的に考えられるような環境となりました。

今回の法改正を機会にオランダのサッカー環境の中で勉強をしたい、成長したいと考えている方に役立つ情報となればと思います。

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク