最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革

2015.06.23

みなさんこんにちは。

前回に引き続き、約半年ぶりの更新となってしまいました。毎度更新が滞ってしまい申し訳ありません。前回の更新でもお話しさせていただいたように、今シーズン(2014-15)は移籍をしました。前回の更新は前期リーグ終了時でしたが、今回は後期リーグの終了時となってしまいました(苦笑)。
新シーズン(2015-16)はより定期的に更新していけるように心がけます。

今回のメキシコ通信では、シーズンの移行時期ということでもあり、2015-16シーズンからメキシコサッカー協会(FMF)が行う改革についてお話しさせていただきたいと思います。

新シーズンから採用される大きな改革は、

1).1部リーグ所属チームのU15カテゴリーにおける全国リーグ化
2).1部所属チームのSegunda Division Premier(3部に値する)参加チーム保有の義務化

の2つです。

img_01
改革の公式発表会見の様子

まず1).「1部リーグ所属チームのU15カテゴリーにおける全国リーグ化」ですが、昨シーズンまではU15カテゴリーはシーズンに2回、夏と冬にFMF主催の全国大会が行われる以外は、レベルの拮抗した真剣勝負の場が限られていました。
それを問題視したFMFは、『U15カテゴリーにおけるレベルの拮抗した公式戦の試合数の確保と、それによって次のカテゴリーであるU17へ向けての成長とその準備をより有意義なものにするため』という目的のもと、1部リーグと同じように前期と後期の二期制で、メキシコ全土を北部と南部の2グループ9チームに分け、ホーム&アウェーの全16試合を行った後に、各グループの上位2チームによる計4チームで準決勝、決勝が行われ、優勝チームが決定するという仕組みになっています。

次に2).「1部所属チームのSegunda Division Premier(3部に値する)参加チーム保有の義務化」です。
メキシコの1部リーグ所属チームのカテゴリー構造は、U17、 U20そしてトップとなっていました。以前よりメキシコサッカーでは、U20に所属する選手で能力はあるがU20から1部に直接上がるのは難しい状況の中、U20の後にプレーする場所がなくその才能を開花しきらずに消えていくという状況が問題視されていました。

その解決策としてFMFが打ち出したのが、「1部所属チームのSegunda Division Premier(3部に値する)参加チーム保有の義務化」です。このSegunda Premierは25歳までの選手がプレーできるリーグで、外国人も各チーム2人登録できます。この3部に値するリーグは、1部保有のチーム以外の参加チームは2部に昇格するために25歳の選手や外国人をフル活用して、全力で勝ちにきます。そのため、この3部リーグは『U20のほうがタレントも含め“華やか”だが、3部のほうが“厳しい”リーグだ』とメキシコサッカー界では言われています。
これにより1部所属チームは、U20に収まらなくなった後も厳しい環境の下、引き続き経験を積ませ才能を開花させるため、25歳までの長期プランで選手育成に取り組むことができます。その上、トップに5人、U20に2人、Segunda Premierに2人と外国人を獲得し、経営的、スポーツ的観点から“投資”することもできます。

2015-16シーズンより行われるこの2つの改革は、理論上、メキシコサッカーの選手育成をより加速させ、実りあるものにします。しかし、各クラブの金銭的負担は増加し、経済的に厳しいクラブはどのようにやりくりするのかという問題もあります。FMFが補助するという話ですが、どの程度なのかもわかりません。

このメキシコサッカーの大きな変化がどのような影響を引き起こすのか、自分の目で確かめてみなさんに有益な情報を届けられればと思います。

今後ともメキシコ通信をよろしくお願い致します!

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク