最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)移籍

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■移籍

2015.01.07

みなさんこんにちは。あけましておめでとうございます。

約半年ぶりのメキシコ通信の更新となります。

半年間も更新できなかったのは、表題にあるとおりクラブの移籍をし、新しい環境や仕事に順応するのに必死で、移籍して初めての前期リーグが終わるまで全力疾走、周りを振り返る余裕がなかったからです。2014年6月に移籍し、12月に前期リーグを終え、ようやく更新を再開する準備が整ったという感じです。

移籍先は、同じメキシコ国内で、前所属のクルス・アスルと同じくメキシコ1部リーグに属するSantos Laguna(サントス・ラグーナ)というチームです。

img_01
ホームスタジアム外観。

簡単にチームを紹介させていただくと、サントスは『Poco tiempo, mucha histria』(少しの時間で、多くの歴史)というキャッチフレーズがつくように、今年で創立32年と非常に若いクラブですが、リーグ優勝4回、準優勝5回と、短い時間の中で急成長を遂げているクラブとして国内で注目されています。今シーズンも前期カップ戦にて優勝しています。トップチームから育成組織といったサッカー部門を筆頭に、クラブマーケティングや地域貢献などにも力を入れており、今後さらに発展していくであろうという評価を受けています。

img_02
スタジアムに隣接した練習場。人工芝2面と天然芝3.5面を備える。

クルス・アスルに所属しているときに、一度このクラブを知る機会があり、そのときに「すごい。ここで働けたら自分自身成長するチャンスが大いにありそうだ」と強く感じました。それ以来、移籍の可能性を探りながらサントスとコンタクトを取り続け、思いつく限りの方法で自分を売り込んだ結果、声をかけていただきました。

僕が現在所属しているのは、同クラブの『Inteligencia Deportiva』(インテリヘンシア・デポルティーバ)という、サッカーの分析を中心とした部署になります。ここではU17からトップのカテゴリーまで、自チーム、対戦相手の分析や、国内、国外問わず才能のある若手選手(U12からトップまで)を発掘するためのスカウティングが日々行われています。僕の現在の担当は、U17とU20のアシスタントコーチ兼分析担当となっており、毎日の練習ではグランドでサポートし、試合時には自チーム、相手チームの分析を行います。試合終了後は自チームの分析を中心としたゲームレポートを作成し、週明けのミーティングでU17,20の両チームの監督と育成部長にプレゼンを行うというサイクルです。

img_03
Inteligencia deportivaのオフイス。

これから先のメキシコ通信では、このサントスでの活動や、その中で気づいたことなどを中心に紹介していければと思っています。

最後になりましたが、2015年が皆様にとって実りが多い年になることをメキシコから強く願っています。これからもメキシコ通信をよろしくお願い致します。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク