最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④

2014.3.21

みなさんこんにちは。

前回のコラムでは日本チームの課題を『判断』と『決断』という観点から考察しました。今回はこれらを試合中に起きていた現象と照らし合わせていきたいと思います。

img_01

まず、攻撃の際にチームとしての共通の『判断』が曖昧で、それに連鎖するように『決断』も迷いのあるものになっていたと思います。攻撃に意図のある再現性は見えず、ゆえに「変化」や「驚き」もありませんでした。“チーム”としての『判断』が曖昧だったので、それに伴って個々のプレー(ポジショニング、コントロール、パス、ドリブルなど)にも意図が見えるものが非常に少なかったです。

例えば、サイドに開いた選手がフリーで受けた際に、仕掛けてクロスをあげるのか、中に切り込んでシュートを狙うのか、それともサポートを待ってコンビネーションで崩すのか、などといった、『判断』が見られませんでした。ボールを受けた選手のコントロールやポジショニングにも『判断』は見えず、なんとなくポジションを取って、なんとなく受けていました。

後ろへのパスにしても、選手間で「何のために後ろにパスするのか」という点で共通の『判断』が見えなかったので、それに続くプレーは苦し紛れのものが多かったです。後ろへのパスがまるで“責任”を取り除きたいがゆえの選択かのようでした。

攻撃から守備への切り替えの局面に関しては、ボールを失ったらまず「4-4-1-1」を形成するという共通の『判断』が見えましたが、それぞれがその「決まり」を“いわれるがまま”守っているという印象を受けました。「ここで奪い返せばチャンス」や「ここはスピードに乗られるとまずいからプレーを止める」などといった状況や流れを尊重し、自分の意志にて「決まり」を覆すような『決断』は、個人としてもグループとしてもほぼ見られませんでした。

img_02

守備の局面においても、目の前で起こっている現象を尊重することなく「決まり」の『判断』を変えられないシーンが多く見られました。最も顕著だったのは、セットした守備の際に「4-4」の並びを守ることが“目的”になっていたことです。

頻繁に起こっていたのは次の状況です。

相手DFがロングパスを蹴る際に、マリノスのDFラインの4人が非常に“明確”な『判断』に基づき背後を取られないようそろってラインを下げるのですが、DFラインの前に落ちるパスに対して誰も各自の場所を離れてプレッシャーに行くことなく、相手FWがそのロングボールを簡単に収めることができており、一気にボールを前に運ばれていました。

相手のロングパスはDFラインの背後を1回で狙うものではなく、DFラインの前でFWがキープし、それに対して中盤の選手が前向きでサポートに入るというものでした。これが何度も繰り返されていました。非常に整ったDFラインが形成されてはいたのですが、それは事前の『判断』のみによって形成されたものであり、目の前で起こっている問題を解決するために『決断』を試みる選手は僕の目にはいませんでした。時折CBの選手がFWに対してアタックに行っていましたが、そこには本当の『決断』はなく、「これは行くべきなのかな……」というような声が聞こえてきそうなものでした。

ボール保持者に対する守備も『判断』を変えられないシーンが目につきました。ボールを保持している選手にアプローチに行くのですが、その『判断』は「ボールを保持している選手との距離を詰める」というものであって、例え味方のサポートがなくても「相手が少しでもスキを見せたらボールを奪ってやる」といったものではありませんでした。なぜ味方のサポートがなくてもという部分を強調するかというと、数的有利を作れたときには奪いに行っていたからです。しかし、数的有利という「決まり」を“必要条件”と捉えることなく“絶対条件”と守るばかりで、目の前の相手の状態や試合の状況を考慮した『決断』はほとんど見られませんでした。

守備から攻撃への切り替えにおいては統一された『判断』が見えませんでした。その場その場で各自が“思いついたまま”にプレーしているように見えました。早く攻めるための周りと関係を持った飛び出しや厚みのあるカウンターを仕掛けるわけでもなく、ボールを保持するための幅と深みを素早く作るわけでもなく、それぞれのプレーに連動性が見られませんでした。何がしたいのかがはっきりと見えない守から攻への切り替えが行われていました。さらに、例えチームとして共通した『判断』がそこにはなくても、そこで個人やグループとして試合の流れを感じた『決断』を感じさせるようなシーンもほぼ見えませんでした。

次回のコラムでは、他国のチームを『判断』と『決断』の観点から考察しつつ、この『判断』と『決断』についてまとめたいと思います。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク