最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②

2014.2.21

みなさんこんにちは。
今回も前回に引き続き、コパチーバスで感じたことについて書きたいと思います。

前回のコラムを通じて「“戦う”といった部分の具体的なプレーには、どのようなものがあるのか」といった質問を受けたので、まずはそれについて僕が今回のコパチーバスで感じたことを書きたいと思います。

img_01
チーバス(メキシコ)vs.横浜FM(日本)

最も顕著だったのは、どちらのチームの誰にもコントロールされていない状態のボール、ルーズボールへの入り方です。『このボールを絶対にマイボールにしてやる!』といったような執着心が横浜FMの選手からは感じられませんでした。接触を怖がっていたのか、外から見ていて完全にひるんでいた印象を受けました。その様子が最も表れていたのは、相手がスライディングをしてきたときです。

相手がスライディングで入ってくるということは、五分五分のボール、または横浜FMの選手のほうがボールへの距離や角度、体の向きなど、ルーズボールに対して有利な状態にあるということですが、それにもかかわらず相手のスライディングを感じるとスピードを落とす、またはジャンプして接触を避けるというシーンが試合を通して何回もありました。その結果、相手のスライディングが非常にきれいに決まった“ように見える”回数が非常に多く、普段感じないような違和感を覚えたので鮮明に覚えています。

例えばこのケースを僕が同大会で見た他のチームに置き換えてみると、有利な状態にある選手は、相手がスライディングしてくるのを感じた瞬間に体をうまく預けてファールを獲得してマイボールに、五分五分であるならば相手と同じように全力で相手に当たりマイボールにできないとしても相手にもコントロールさせない、というようなプレーになります。

日常から接触プレーに慣れていない。慣れていないからどのようにすればいいのか分からないということはあると思います。しかし慣れていないのはコンタクトプレーの際の“巧さ”と“強さ”の部分であって、この“巧さ”と“強さ”の土台となる“気迫”の部分が感じられなかったことに僕は言及したいのです。

img_02
ビトーリア(ブラジル)vs.コロンビア代表

次に気になったのは、守備の際に相手がクロスをあげる、またはシュートを打つときに、DFの間合いが遠いということです。遠いだけでなく、あげられる、打たれる瞬間に『少しでも間合いを詰める!』といったアクションも見られませんでした。

これは事前の予測を基にしたポジショニングやステップワーク、マークの仕方などといった技術や戦術も大きく関与してきますが、どうしようもない状況というものが試合を通してあると思います。その『やられる!!』となった瞬間に体が反応しない、体を投げ出すというアクションを“決断”できない、といった部分に普段どのような環境に置かれているのかということと、「絶対に負けたくない」という強い気持ちを本当に持っているのか? といったことが感じられました。

実際にハイライト動画を見ると、1点目は1対1で簡単にボールを奪われ、クロスをあげられてヘディングで合わせられる、2点目は相手のトラップが大きくなったにもかかわらず寄せきれずにプレッシャーなく打たれてしまう、3点目も相手がシュートを打つまでに時間があったにもかかわらずに、間合いを詰めずに相手はプレッシャーを感じることなくシュートを打っています。

これが他のチームの試合になると、DFはなりふり構わずに体を投げ出してきます。少しでも間合いを詰めて相手にプレッシャーを与える、コースを限定する、『絶対に防ぐ!』といったプレーや気迫が見て取れます。
相手のクロスやシュートに対して寄せきれない、体を投げ出せない横浜FMの守備に対してものすごく“もろさ”を感じました。

img_03
チーバス(メキシコ)vs横浜F・マリノス

この写真はビトーリアとコロンビア代表の試合後の1枚です。この試合はすさまじい試合でした。

ブラジル人の、個人として、チームとして置かれている状況にて最善の対応ができる戦術的能力の高さと、コロンビア代表の南米のユース年代の代表チームらしからぬ、とてもオーガナイズされた、特に攻撃から守備への切り替えの速さと強さ、整理された守備のオーガナイズと個人の球際の激しさ、そして何よりも両チームともに“絶対に勝ちたい”という気持ちが見ている者を試合に巻き込んでいくような、見ている者にもっとこの試合を見ていたいと思わせるような非常に素晴らしい試合でした。

そんな素晴らしい試合の後、誰に促されるでもなく選手たちは自然とお互いの健闘をたたえ合っていました。感じるモノがあったのでしょう。会場もメキシコのチームでないにもかかわらず、自然と両チームの健闘をたたえる観客の拍手に包まれていました。

これと同じような光景を横浜FMの試合後には見ることができませんでした。
僕はそれがすべてを物語っているような気がして仕方ありません。

次回は同大会で感じた、攻守におけるプレー面にフォーカスして書きたいと思います。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク