最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)プレーオフへの考え方①

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■プレーオフへの考え方①

2014.1.6

みなさんこんにちは。

日本ではついに2015シーズンより2ステージ制とプレーオフ、チャンピオンシップの導入が正式にリリースされました。日本国内では関係者やサポーターの反応は否定的なものが多いようですが、若干の違いこそあるものの、1996年からその制度を導入しているメキシコはどうなのでしょうか。

そこで今回は前回のコラムを踏まえ、メキシコ国内での2ステージ制やプレーオフへの反応について書きたいと思います。

img_01

メキシコ国内では2ステージ制、プレーオフによる優勝決定に対する反対意見というものは、ほぼ耳にしません。

そこで、日本国内では2ステージ制、プレーオフに対してどのような理由から反対意見が多いのかということを調べてみました。それらの反対意見をメキシコのケースに当てはめて考えるためです。

まず『“本当に強い”チームが年間優勝するとは限らない』というものが、大多数の反対意見の理由としてありました。ここでいう『本当に強いチーム』とは、『年間を通して最も勝ち点の多いチーム』というふうに考えられます。確かにJリーグ2015シーズンから始まる制度では、前期リーグで優勝したチームAが後期リーグで下位に低迷しても、その後行われるスーパーステージを勝ち抜き、チャンピオンシップにて年間勝ち点1位に勝って年間チャンピオンの名称を得ることが起こり得ます。

これをメキシコリーグのケースに当てはめて考えてみましょう。

まず、メキシコリーグにはチャンピオンシップがなく、前期リーグ≒1シーズン、後期リーグ≒1シーズンのように考えられており、年間チャンピオンという考えがありません。前後期の各リーグの優勝が、それぞれ年間チャンピオンと同じような意味合いを持っています。なので、前期に優勝したチームが後期に気を抜くといった事態は起こりません。前期に勝ったとしても、後期は全く別モノなのでもちろん勝ちに行きます。

ではプレーオフ前の通常リーグ戦での勝ち点は全く意味を持たないのかというとそうではありません。
通常リーグでの勝ち点は降格チームを決定するために利用されます。メキシコ1部では、各シーズン終了時に過去3シーズン(6回のリーグ戦)の平均勝ち点(獲得勝ち点を試合数で割る)の最も低いチームが降格します。1部での期間が3シーズンに満たないチームは、昇格してから現在までの平均勝ち点が採用されます。

つまり、年間勝ち点は優勝するためではなく、降格を防ぐために使われます。1部に所属し続けるということは、長いスパンで考えると1度の優勝と同じ、もしくはそれ以上の恩恵をハード、ソフト両面からクラブに与えるものになり得るかも知れません。

img_02

僕が所属するCruz Azulというチームが、リーグ戦では上位に位置するがプレーオフでは勝てないというジンクスがメキシコには存在し、それを揶揄(やゆ)する風潮がメキシコサッカー界にはあります。それに対し、過去に僕が「年間勝ち点では断トツの1位だ(当時)」というと、「年間勝ち点がトロフィーをくれるのか? ワールドカップのトロフィーはグループリーグで最もいい成績を残したチームじゃなくて、“決勝トーナメント”を制したチームのものだろ」といった反応が返ってきました。その時の彼らの様子は、強がりなどではなく『本気でそう考えている』というものだったので強く印象に残っています。

さらに、メキシコリーグのプレーオフは波乱が起こりにくくなっています。

その理由は、一発勝負ではなくホーム&アウェイの2試合で勝負が決まり、優先順位は合計スコア→アウェイゴール→リーグ戦の順位表、というものとなっているからです。そして近年のプレーオフを見る限り、やはりリーグ戦上位のチームが勝ち残る傾向があります。準決勝にはリーグ戦の上位4チームが順当に残ることがほとんどです。それはやはり通常リーグ戦で上位にいるということは、プレーオフにおいても重要な一戦をしっかりと勝ち切る力を持っているということだと思います。

そもそも“本当に強い”チームとはどんなチームなのでしょうか?

『通年リーグ戦で最も勝ち点の多い』チームなのか、それとも『絶対に勝たないといけない一戦をしっかり勝ち切る』チーム、または『優勝するために10回連続で勝たないといけないトーナメント戦を勝ち抜く』チームなのか。どれかが正しくてそれ以外が間違っていると一概に言えるモノではないと思います。なぜなら“本当に強く”ないと、どれも達成できないと思うからです。“本当に強い”チームは、それらすべてを達成できるチームのことだと個人的には思います。

皆さんは、どのように考えますか?

次回は『ヨーロッパの主要リーグとシステムが異なる』という反対理由を、メキシコリーグに当てはめて考えてみたいと思います。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク