最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)Simulador シミュレーター③

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■Simulador シミュレーター③

2013.12.6

みなさんこんにちは。

このSimuladorテーマ最終回の今回は、試合後の関係者全員によるフィードバックでの出来事について書きたいと思います。そのフィードバックの中で、そのときは自分と選手は違う考えを持っていた、もしくは自分は全く気づいていなかったといった点が指摘され、それらが興味深かったので紹介したいと思います。

img_01

1) 試合前のミーティングで選手に一切の疑問(余地)を残さない

これはメキシコ代表経験のある元選手にいわれました。僕は試合前のミーティングにて、セットプレーの守備で相手が直接狙える位置のFKに対して壁に誰が入るのかを指示しませんでした。それはミーティングの時間を考慮しつつ、他のセットプレーに対してより時間を割きたかったというのと、対象が大人だったのでそれは選手自身が各自の特徴を踏まえ、すでに“分かっていると思った”からです。

しかし、彼いわく、彼の経験ではそういう試合に直接大きな影響を及ぼさないとも考えられる細部でも、約束事に対して選手に“自由”を与えてしまうと、そんなことから選手が監督を「…コイツ甘いぞ」と見る目が変わり、チームの崩壊が始まる可能性が大いにあるとのことです。これは僕が一切考えたことのなかった発想だったので、彼が実際に生きてきた数々の経験もあり、メキシコ人(外国人)を相手にチームを率いることに関して非常に参考になる反省でした。

img_02

2) 勝ち越した“直後”にシステムを変えるべきだった

今回の試合は1-3-4-2-1でプレーしており、リトリートするときには1-5-4-1になるという約束でした。残り15分での2点目だったので、僕はカウンターでの3点目の可能性も含めてそのままのシステムでプレーする決断をしました。カウンターを狙うにあたって自陣で構えるときに、僕は5-4の2ラインのほうが選手間、ライン間のスペースを効率よく埋めることができると考えたからです。

しかし何かがうまく機能していない“感じ”がしたので、1‐4‐4‐1‐1に変更しました。そうすると選手から“安心感”のような雰囲気が感じられ、カウンターこそなかったものの守備が安定して見事に逃げ切ることができました。

この意見を出してくれた人は「直後にシステム変更を行うことで、2点目以降のプレーに対する『明確な』メッセージを発したほうがよかった」という意図で述べてくれたのですが、よくよく考えてみると、全4回のSimuladorのうち第1回から第3回までは1-4-4-2でプレーしていました。そして3試合とも無失点でしたので、選手には4‐4のラインでのスライドやカバーの感覚が体に染みついていて、これなら守り切れるといったような自信や仲間への信頼のようなものが知らぬうちに築かれていたのかもしれません。

img_03

3) 自分が当たり前と思えることも、選手からすれば当たり前ではない

これは上記の2).と少し重なる部分があるのですが、選手が“分かっているだろう”と自分が考えることでも、分かっていないことがあるというのを強烈に経験しました。

僕がウオーミングアップ後にロッカールームに戻りたかった理由は、祈りと円陣を自分たちの空間で行いたかったのが一つですが、主な理由は試合前のミーティングで確認したこと(コンセプト、セットプレー)を、瞬間的に視覚を使って選手たちが思い出せるようにしたかったからです。そのために僕は以下の写真のように大きな画用紙を用意しました。

img_04
中央の立っている選手の後ろに貼ってある画用紙

意図としては選手がグランドに出るまでの間に各自で確認できる環境を作る、またはあるコンセプトに対してカギとなる選手と改めて素早く視覚を使って確認するというものでした。これだけ大きく、誰もが目をやるであろう場所に貼ってあるのだからもちろん選手は見ているだろうと僕は“思っていました”。もちろん「ここに大事なことを確認する用紙が貼ってあるから確認しとけよ!」ということはロッカールームに戻ってきた時点でいっていました。

しかし、試合直前の選手たちは集中力が高まるあまり、聴覚が鈍り視野が狭まるようです。試合終了後の振り返りの時に「そんな紙貼ってあったん? 今気づいたけど、とてもいいこと書いているじゃないか! どうして試合前にいわなかったんだ!?』とのコメントが(涙)。試合にて、開始直後にプレスの開始位置、ボールをチームとして運ぶ方法に関して忘れていた選手が2名いて、意思統一されるまでに開始から10分ほど時間がかかりました。「試合前にその紙のことをもう少し強調していれば、その事態は避けられたかもしれないねぇ」と……。僕自身、「相手がこれは絶対分かっているだろう」ということはないということを改めて学びました。

今回、最終試験にて監督役をするにあたって、とても大変でしたがうまくいったことや改善点、すべてにおいて個人的に非常に有意義な経験をすることができました。僕を信用してこのようなチャンスをくれた講師やクラスメートをはじめ、関係者の皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、シミュレーターではなく学校の外で待っている「現実」と直面するそのときのために、今回の経験を生かせるようにこれからも準備あるのみです。

img_05
試合後の集合写真(筆者は後列の右端)
次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク