最近のコラム

2015年8月24日
“期間限定”監督


2015年7月6日
2015-16シーズンの展望


2015年6月23日
メキシコサッカー協会(FMF)が行う改革


2015年1月7日
移籍


2014年5月7日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』⑤


2014年3月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』④


2014年3月12日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』③


2014年2月21日
Copa Chivas(コパチーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』②


2014年2月11日
Copa Chivas(コパ・チーバス)から見る“日本”と世界の『差』と『違い』


2014年1月30日
10分=5分×2?


2014年1月7日
プレーオフへの考え方①


2014年1月6日
プレーオフへの考え方①


2013年12月19日
プレーオフ


2013年12月6日
Simulador シミュレーター③


2013年11月28日
Simulador シミュレーター②


2013年11月19日
Simulador シミュレーター①


2013年11月2日
色②


2013年10月11日



トップコラムワールドサッカー通信局>メキシコ通信 ~Querer es Poder~(意志あるところに道は拓ける)色②

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
西村 亮太
メキシコ

メキシコ通信
~Querer es Poder~
(意志あるところに道は拓ける)

西村 亮太
大阪府出身。筑波大学大学院にてコーチング学を修了し、2010年8月にメキシコへ。
Cruz Azulでの研修後、CFPachucaの支部にてU-16監督を務める。その後Cruz Azulに選抜スクールのU-12監督、U17,U20にキーパーコーチ兼アシスタントコーチとして在籍。2014-15シーズンより同国のSantos LagunaにU17,20アシスタントコーチ兼分析担当として移籍し、15-16シーズンより同クラブ保有のメキシコ3部所属チームSantos Laguna Premierの第2監督となる。メキシコサッカー協会公認ライセンス-レベル4(日本でいうS級)を2013年12月に取得。

メキシコ

■色②

2013.11.2

みなさんこんにちは。
今回は前回のコラムで述べたように、メキシコサッカー界を地理的条件の観点から考察していきたいと思います。

メキシコはFIFAの分割でいうと、北中米カリブ海地域(CONCACAF)に属します。メキシコのほかにはアメリカ、ホンジュラス、コスタリカなどがこの地域に該当します。日本からすると馴染みの薄い地域だと思います。

CONCACAFの国々のワールドカップでの戦績を振り返ってみると、メキシコが94年大会から5大会連続ベスト16入りしていることと、02年大会でアメリカがベスト8に入ったのが目立った戦績です。

以上のデータから分かるように、この北中米カリブ海には本当の意味でのサッカー強豪国は今のところありません。つまり、CONCACAFの中にはヨーロッパや南米にあるような“厳しい競争”がありません。

そんな地理的条件も影響してか、ここメキシコでは周りの変化(世界のサッカーの流行のようなもの)に鈍感な印象を受けることがよくあります。例えばここメキシコではグラスルーツレベルなら子供から大人の草サッカー全カテゴリーにて、国内トップレベルならU15あたりまで、スイーパーシステムを用いているチームを頻繁に見かけます。スイーパーシステムの良し悪しは置いておいて、そのシステムを用いるチームは世界では減少傾向にあると思います。さらに、それらのチームの指導者に質問しても具体的な意図が返ってくることはほぼありません。

指導者学校のマニュアルは2006年から『サッカーの本質は普遍的なものだから』という理由から改定が加えられていません。

メキシコサッカーのトップレベルのすぐそばに身を置いていても、『○○の国は、××クラブはこんなことをしているぞ。我々も取り入れてみてはどうか』などといったような、常に他国のサッカー事情に関心を向けているといった印象も受けません。前回のコラムでも触れたような外国人監督、特にヨーロッパからの指導者が少ないことからも見て取れるのではないでしょうか。

これらのことは、ポジティブに受け取れば独自の文化を保護してメキシコスタイルを形成するということにつながるのかもしれません。しかし、逆から考えると、井の中の蛙となってしまい、世界から取り残されるという危機感の薄さを生み出しかねないでしょうか。

しかし、独自のスタイルや“武器”に気づくのは、自分たちを内側から見るだけではなく、外側から見たときであったり、内部だけではなく、外部との比較や競争においてどのように勝ち残るかを考えたときではないでしょうか。

近隣のホンジュラスやコスタリカは常にメキシコに目を向け、追いつき、追い越せと日々何かを探しています。メキシコは周りに危機感をあおるような存在がないがゆえに、外に目を向け自分たちの在り方を見直す機会が少ない状況にあるように思えます。それが積み重なった結果が、2014年大会予選における苦戦を生み出している気がして仕方ありません。

ヨーロッパならドイツやベルギー、南米ならウルグアイやコロンビアのように、その地域で生き残るために、地域を勝ち抜くだけではなく世界で結果を残すために当時の体制を見直し、長期的な計画に基づいて改革を行った国々では成果が現れ始めています。

「脱皮できない蛇は滅びる。その意見をとりかえていくことを妨げられた精神も同様だ」
                                  ニーチェ

変化に対応できない種は滅びるということが自然の理です。これはメキシコサッカー協会の仕組みや操っている人間、またはクラブのオーナーにいえることではないかとメ、キシコサッカーに身を置いていて感じることです。

次回はそのメキシコサッカーにおけるクラブや協会の運営に関して書きたいと思います。

img_01
現在U17ワールドカップUAE大会にて健闘しているU17メキシコ代表
次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク