最近のコラム

2013年9月3日
ポルトガル留学


2013年8月27日
ボールを奪う


2013年8月7日
日本の個性を伸ばす


2013年7月29日
クロスの技術


2013年7月22日
未来のフットボール


2013年7月16日
目的と手段


2013年7月4日
ボランチからの攻撃


2013年6月18日
いなせる術


2013年6月5日
8種類のボールタッチ


2013年5月28日
リーグ戦とトーナメント


2013年5月20日
個人パフォーマンスコーチ


2013年5月7日
世界を驚かすプレーヤー②


2013年4月24日
世界を驚かすプレーヤー①


2013年4月9日
トレーニングメソッド


2013年3月26日
ゲームモデル


2013年3月19日
武器と時代の流れ


2013年3月4日
哲学


2013年2月14日
感情で指導


2013年1月31日
ポルトガル指導者資格


トップコラムワールドサッカー通信局>ポルトガル通信  ~Vai evoluir um individual(個人を育てる)~ 目的と手段

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
松本 量平
ポルトガル

ポルトガル通信
~Vai evoluir um individual(個人を育てる)~

松本 量平
1983年4月4日生まれ。近大附属高校・関西学院大学卒業。
大阪のスポーツネットサッカークラブでキッズ・ジュニアの指導にあたり、ASラランジャ京都(関西リーグ1部)のTOPチームのコーチを経て、2009年8月にポルトガルに渡る。
ベンフィカU-17・ベンフィカスクールでコーチ経験を積み、現在はポルトガル1部リーグに所属するリオ・アベのTOPチームで研修中。日本サッカー協会公認B級コーチ。

アイルランド

■目的と手段

2013.7.16

練習の構成として、私はウオーミングアップ、個人トレーニング、ゲームモデルトレーニング、コンプレクストレーニングの4つに分けて考えるということを以前のコラムで紹介しました。

今回はその中の1つである「ゲームモデルトレーニング」について。

これは、年間を通して、もしくは次の試合で、選手たちにこういうプレーをしてほしいということを落とし込んでいくトレーニング。

img_01

例えば、後ろからのビルドアップで、DFからMF、MFからFWへとしっかりパスを経由して、1枚ずつ相手をはがしていってゴールまで近づいてほしいという、目標を立ててトレーニングを展開するとします。

img_02

ちなみに自分たちのチームのシステムは4-4-2のボックスだと仮定(上図)。

いろいろなトレーニングが考えられると思いますが、まずはDFからMFのビルドアップを切り取って以下のようにオーガナイズします。

「3ゾーンゲーム(GK+4対2+2対2+2対4+GK)」

img_03

3ゾーンに分けたグリッドの中で、DFライン4人に対して相手FWが2人(レベルに応じてFWは1人や3人でもいいと思います)、中央のエリアは2対2(これもレベルに応じて1対1や3対3もしくは数的有利・不利などでもいいと思います)、そして反対のエリアも同じようにFW2人に対してDFラインが4人というオーガナイズ。

ルールとしてはGKからボールをスタートさせ、ディフェンスゾーンから中央ゾーンそしてアタッキングゾーンにボールを運び、フィニッシュを決めるというもの。

img_04

これはチームのゲームモデルにもよりますが、私はサイドバックが高い位置をとってほしいと考えているために、サイドバックは中央ゾーンへの侵入OK、またボランチが状況に応じてDFラインに入り、ビルドアップに参加してほしいと考えているため、どちらかの中央の選手はDFゾーンに入ってビルドアップに参加してもOKという設定を付け加えます。

img_05

ここで大事なことは、ビルドアップの目的を忘れないこと。

ビルドアップの目的については「相手を揺さぶること」。「自分たちの武器(SBの攻撃力、ボランチの展開力など)を生かすこと」。そして「ゴールまで近づくこと」。

陥ってしまいやすい失敗が、このボランチが下がってサイドバックが押し上がるということ自体が目的になってしまうということで、そのプレーはビルドアップの目的を達成するためのあくまで手段であり、それ自体が目的となってはいけないのです。

img_06

練習を切り取れば切り取るほど、どうしても手段のほうに目が行ってしまい、どうしても大きな目標を忘れてしまいがちになりがちなので、このあたりは留意しなければいけません。

よく起こりがちなのは、練習を切り取れば切り取るほど、サッカーの原則から外れてしまい、実際の試合とはあまりにもかけ離れたシチュエーションになってしまうということ。

そう考えるとゲームが最大の練習といわれるのは、よく分かりますが、ただゲームだけをしておけば改善されるというとなかなかそうもいかないのが現実。指導者がそのシチュエーションを上手に切り取って目的、サッカーの原則から離れてしまわないようにトレーニングをオーガナイズしていくことが求められます。

img_07

「木を見て森を見ず」、または「森を見て木を見ず」になってはいけません。

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク