最近のコラム

2018年10月10日
ロシアワールドカップ、ブラジル国内の反応


2018年06月15日
正解は1つではない!? ブラジルとドイツの育成制度の違いが面白い!


2018年05月02日
ブラジルの指導者育成&ライセンス事情とは?


2018年03月29日
戦術分析に大事なのはメンタル!? 南米のアナリストの精神性を育む環境


2018年03月12日
ブラジル1部TOPチームってどんな分析方法をしているの!? 試合分析とスカウト


2018年02月06日
ブラジル1部クラブのデータ分析部門に潜入! その手法とは⁉


2017年12月28日
ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部


2017年11月28日
ブラジル1部・ECバイーアの食育


2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ロシアワールドカップ、ブラジル国内の反応

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■ロシアワールドカップ、ブラジル国内の反応

2018.10.10

Quanto tempo !!「お久しぶりです!」

前回の更新から少し時間が経ってしまいました。
じつは日本、Jリーグに復帰しています。

日々たくさんの刺激をいただきながら、自分を高め、チームを高め、サポーターと喜びを分かち合えるように、日々精進の毎日です。
まだまださらに頑張りたいと思います。

さて、この間、ロシアワールドカップが行われました。

我らが日本代表の結果は、みなさまの知るとおりベスト16。
苦しくも勝ち上がったグループリーグ、2点先行から惜しくも逆転されてしまった1回戦。

何かと話題の多い大会となりました。

ブラジル代表のブラジル国内での反応はどうでしょうか。

やはりブラジル代表は国の誇りであると共に、優勝を義務づけられるチーム。
負けてしまったので批判も当然ありました。

CFのガブリエル・ジェズス選手は1ゴールも決められず、そこまで存在感も示さなかったことで、どうしても批判の対象になりました。

逆に控えのフィルミーノ選手は所属のリバプールでも調子が良く、出場時間が短い中でゴールと存在感を発揮したので、チッチ監督もCFのチョイスを間違えたのではないか、との批判はありました。

ただ、ブラジルはチッチ監督就任後に破竹の勢いで勝ち続け、これはまだ2敗目。
1敗目は親善試合のアルゼンチン戦で、控えメンバーのテストだったことなどもあり、ブラジル国内では多くの人々が、ロシアワールドカップ後もチッチ監督の続投を望みました。

その望みどおり、チッチ監督は現在もブラジル代表を率いており、ワールドカップ後の親善試合もアメリカに2-0、エルサルバドルに5-0という結果です。

ロシアワールドカップ後からは、グレミオ→バルセロナのアルトゥール選手や、フラメンゴのパケッタ選手、エバートンのリシャリソン選手など若手も選出され、少し若返りを図っている印象です。

17歳でレアル・マドリードに引き抜かれたビニシウスJrや、同じく来夏レアルに行くサントスの17歳ホドリゴ選手、コリンチャンスで活躍を続ける20歳ペドリーニョ選手、コリンチャンスからボルドーを経てバルセロナに加入したマウコン選手など、これからも若手が注目されています。

既存メンバーも評価は悪くないですが、若手、そしてリオオリンピック優勝メンバーも中堅に差し掛かり、さらに成熟度を増してくるでしょう。

ただしそこは他国も努力して競い合う世界。

ハイレベルで面白いサッカーを4年後も観たいですね。

私もブラジルサッカー、そして日本サッカーに関わる身として、4年後のワールドカップに間接的や広義の意味でも貢献できるように頑張りたいと思います。

現所属クラブでは通訳兼強化部ではありますが、語学や南米クラブでの経験を生かして、多岐に渡って日本サッカーに還元したいと思います。

現在Jクラブはフットパスの影響でプレーモデルを作ろうとしているクラブが出てきています。

南米クラブや欧州クラブのプレーモデルはどう構築しているかの参考資料を作成したり、南米クラブがどう選手や指導者を育てているか? プレーモデルの弊害はあるのか? などを、見た経験から伝え、議論し、切磋琢磨したいですね。

img
サントスFC 年代別選手育成計画表 技術面

筆者・平安山(へんざん)の強みとして、南米クラブに指導者として、外からではなくスタッフとして加えていただいた経験があります。

それらを踏まえて1人の通訳以上に日本サッカーに貢献したいと考えています。

日々の活動はツイッターなどで見て頂けたら幸いです。

ツイッター
https://mobile.twitter.com/henzanryota

インスタグラム
https://www.instagram.com/ryotahenzan/?hl=ja

これからも応援よろしくお願いします。

img
ニューウェルスプレーモデル表

 

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク