最近のコラム

2017年12月28日
ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部


2017年11月28日
ブラジル1部・ECバイーアの食育


2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


2016年12月05日
ブラジルのサッカー講習会に参加して来ました


2016年10月26日
まずは遊ぼう! ゴール前の創造性は本質から始まる


2016年10月06日
なぜ日本のサッカー選手たちは遊べないのか? 創造的サッカーの本質


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部

2017.12.28

Oi tudo bem pessoal ??(みなさん、調子はいかがですか?)

2017年最後のブラジル通信は、ブラジルの分析部門について執筆したいと思います。
今回はその中でも育成部の戦術分析について。また、違う回で育成部の数的分析部門や、TOPチームについても書いていきます。

私の所属するブラジル1部・ECバイーアには、5人の分析担当がいます。3人がTOPチーム、2人が育成部です。育成部の2人は戦術分析担当が1人、数的分析担当が1人です。そこに僕もアシスタントで入ったりします。

コリンチャンスなどのBIGクラブだと、分析部門で12人いたりします。内訳はTOPチーム9人、育成3人です。これは少し前の話なので、今はまた人数が増えているかもしれません。

さて、ECバイーアの育成部戦術担当者はグスタボ氏。まだ23歳と若いものの、その姿勢や会話からはインテリジェンスを感じさせてくれます。ECバイーアの通常練習でも監督は戦術的指示をよくしますし、戦術的インテリジェンスを鍛えるようなトレーニングも多いです。それなので分析担当は監督と違って、グラウンドの中でというよりも分析室に選手を呼んで指導します。

img

例えば上の写真は戦術分析担当が行った指導の報告書です。いつ、何時から何時までのどのくらいの時間、誰に、どんな戦術を伝え、反応や理解度はどうだったかを記録しています。これを育成部長に提出し、さらにまた来シーズンの課題や反省をします。

日本で少し話題になっているポジショナルプレーなども指導しています。もちろん攻撃の優先順位、プレッシャーのかけ方、マークの外し方、ボールの追い込み方、切り替えの場面など多岐に渡る戦術を教えています。

そのときには自分たちの試合のよかった場面や改善点の映像と、ブラジルリーグや欧州のリーグなどの世界最先端の映像も使います。

img

これは実際にECバイーア育成部の戦術指導で使われた映像の写真です。

ボールを奪われた後、攻撃から守備への切り替えが遅れてしまったこと、そして何がこうさせてしまったのかを指摘しています。これは映像としても流しますが、すぐ隣に戦術分析担当のグスタボ氏がいて、彼が説明しながら進んでいきます。

こういった取り組みのおかげもあって、ECバイーアではU14が州選手権で優勝。U15とU17、U20は州選手権準優勝。TOPチームは欧州でいうヨーロッパリーグに当たるスダメリカーナ出場を決めました。

ただ、こういう取り組みはもはや南米でも当たり前であり、誰しもが努力していて当然なので、その中でも勝っていけるかは本当に難しいところです。プロというのは努力したら勝てる世界ではなく、努力したからここにいて、努力するのは当たり前の世界。その中で勝とうとすると運や才能も作用しますし、努力の仕方も考える必要があります。

冒頭でも説明したように、2018年もブラジル通信では育成部門の数的分析担当者の話や、TOPチームの分析担当者の話も継続してやっていきますので、ご興味ある方は今後とも読んでいただけると幸いです。

また、詳しく話が聞きたいという方は、1月5日に日本で私の講演会がありますので、是非参加してみて下さい。

ECバイーアはもちろん、2012年世界一のコリンチャンスや、メッシを育てたニューウェルスでの経験の話もします。

img

【日程】
2018年1月5日(金) 19:00〜21:00
【場所】
沖縄県那覇市前島3-25-2 (泊ポートビル1階)
カサブランカ会議室

【料金】
一般3000円
学生1500円

【定員】
20名様

【詳細・予約】
https://www.facebook.com/events/134253300578988/?ti=icl

 

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク