最近のコラム

2018年03月29日
戦術分析に大事なのはメンタル!? 南米のアナリストの精神性を育む環境


2018年03月12日
ブラジル1部TOPチームってどんな分析方法をしているの!? 試合分析とスカウト


2018年02月06日
ブラジル1部クラブのデータ分析部門に潜入! その手法とは⁉


2017年12月28日
ブラジル1部プロクラブの分析部門育成部


2017年11月28日
ブラジル1部・ECバイーアの食育


2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ブラジル1部・ECバイーアの食育

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■ブラジル1部・ECバイーアの食育

2017.11.28

Oi tudo bem??(お元気ですか?)

今日は僕がお世話になっている、ブラジル1部・ECバイーアの食育についてレポートします。

お陰様で、2週間のインターンからスタートしたECバイーアでの指導ですが、無事に今シーズンはチームに残れることとなりました。継続して日本のサッカー界に貢献できるように努力しますね。

さて、ECバイーアの食育の話。
ECバイーアにはクラブ所有のレストランが2つあり、それぞれ育成部用とTOPチーム用とで分かれています。

筆者は毎回育成部のレストランにお世話になっています。

正直ECバイーアは、ブラジル1部のクラブにしては食堂は小さいほうなのですが、それでも生野菜、パスタ、フェジョン(豆煮込みご飯)、肉と、栄養士によりバランスを考えられた食事が提供されています。


img

肉とひと言には言っても、もちろん毎食牛肉、鶏肉、豚肉などを中心に部位や調理方法も変えたりしながら飽きさせないバリエーションがあります。

それからTOPチームの食堂。

img

これは朝昼晩の3食のものではなく、あくまで常備されている間食となります。

疲れをとるフルーツ

img

炭水化物

img

ハム、チーズ、ヨーグルト、100%ジュース

img

育成部には、推奨される食品なども壁に貼って紹介さています。

img

こちらは育成部の試合時に持って行っている食品群。

バナナ、リンゴ、肉入りサンドイッチ、水、エネルゲン、コーヒーなど。

img

また、アミノ酸カプセルもあります。

img

コリンチャンスやバイーアFC、アトレチコ・パラナエンセなど、ブラジルのクラブの育成部ではクラブ用意の食事をとるのが普通です。

自前の食堂を持っているクラブは、正確に数えることはできませんが、1000ほどあるのではないかと思います。ブラジルにプロクラブは約800近くありますが、そのほとんどが自前食堂を所有しています。

中にはプロカテゴリーを持っていないクラブでも、育成型クラブとしてプロクラブに選手を売り出したり、総合型スポーツクラブとして多競技の部門を持ち、自前食堂も所有しているアマチュアクラブもあります。

お金もかかることなので簡単ではないですが、日本人がフィジカルが弱いというのなら、本当は日本人も取り入れたいシステムですね。

P.S.
ブラジル全国リーグセリエAは、SCコリンチャンスが優勝しました!

筆者自身2014年と2016年にお世話になっているので、本当にうれしい出来事です。

現時点で2位に勝点10差をキープしての圧倒的優勝。またどこかで戦術分析などして還元していきたいと思います。

img

日本では浦和レッズのACL優勝も本当にうれしいニュース。
決めたのはブラジル人、ラファエル・シウバ選手でした。

相手サポーターからの人種差別コメントも多く付いてしまったみたいですが、それを乗り越えてのゴールは見事でした。
おめでとうございます。

あとは名古屋グランパスのJ1昇格を祈っています。

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク