最近のコラム

2017年10月24日
ダニエウ・アウベスを育てたECバイーアの育成


2017年10月10日
初代レジェンド・オブ・ベルマーレ! 平塚の闘将ベッチーニョ監督に教わるサッカー


2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


2016年12月05日
ブラジルのサッカー講習会に参加して来ました


2016年10月26日
まずは遊ぼう! ゴール前の創造性は本質から始まる


2016年10月06日
なぜ日本のサッカー選手たちは遊べないのか? 創造的サッカーの本質


2016年09月20日
オリンピックだけじゃない! Jリーグ選抜や鹿島も参加したリオのジーコ杯は、意外な結果に!?


2016年08月30日
リオオリンピックに通訳として参加しました


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■日本-ブラジル国際大会!
 元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?

2017.08.16

Bom dia !!(おはようございます‼)

先月は国際サッカートーナメント/ITU CUP2017に通訳として参加してきました。私は練習や試合の通訳、現地アテンド、試合のビデオ撮影係などを務めさせていただきました。

イトゥーといえば2014年ブラジルワールドカップで日本代表が合宿地に選んだことでも有名で、今でもこちらのレストランにはサイン入りの日本代表ユニホームが飾ってあったり、親近感を覚える街です。

合宿地決定と同時期から、発音の近い静岡県・伊東(イトウ)市との交流も行われるようになり、両都市側での姉妹都市提携に向けた交渉も行われているみたいです。

さて大会ですが、日本側6チーム、ブラジル側6チームの計12チームで争われました。

img

決勝戦はイトゥー市に本拠を置き、育成に定評のあるイトゥアーノFCと、新潟県の強豪帝京長岡高校の対決。

日本からはるばるやってきた疲れや時差ボケもあるのか、優勝はイトゥアーノFCに譲ってしまいました。悔しい!

しかしそれがまた良い経験でもあり、日本に何か持ち帰ってくれたらなと思います。

img

さて、今回は大会だけをしたわけではなく、ブラジルの指導者が日本の高校生たちの練習を指揮する機会もありました。

私は大阪の清明学院高校に付いて通訳。指導者は2000年の第1回クラブワールドカップで世界一に輝いたときのコリンチャンスのメンバーだった、バタタ氏です。

こんな人に指導してもらえる機会は日本ではなかなか味わえません。貴重な経験として子どもたちにも残ったのではないかと思います。なぜなら通訳である私にも貴重な経験になったからです(笑)。

バタタ氏が主に指導していたキーファクターは、
・常にゴールを意識する
・対角線のロングボールを狙う
・素早いカウンター
・守備時のスライドを速く
・ディフェンスに1人リベロを置く
などでした。

バタタ氏だけでなく、いろいろな優秀な指導者の練習に参加し、言葉を聞いて訳して発言もする通訳にとっては、その内容が深く頭に残りますし、改めて指導者の勉強にいいなと感じました。

今回のキーファクターの中で私がいちばん印象に残ったのは、「常にゴールを意識する」ことでしょうか。

この言葉自体はすでに日本にも伝わっていることですし、ストライカーの読者になるほどの勉強熱心な方々なら特に珍しいとか、真新しいと感じることではないと思います。私も日本にいたときから聞いてきた言葉でした。

しかし、これは言葉で伝えるのも難しいというジレンマもあるのですが、その言葉を知っていた上でも、まだまだブラジル人からすると日本人プレーヤーはゴールへ向かえるのに向かっていない場面が数多くあります。

それは私がJリーグで通訳をしていたときにも聞いたことでした。

このゴール前での迫力がどう違うのかという部分は、言葉では聞いたことがあっても、肌で感じないと伝わらない部分というのが、ライターでもある私を悩ませています。

それを今回体験できた日本の各チームは、普段得られない良い刺激を持ち帰ることができたのではないでしょうか。

日本人はシュート力がブラジル人に比べて弱く、シュートレンジも狭いので、そのためにゴールへの迫力不足になっている側面もあるので、ゴールへの意識と共にシュート力強化も課題なのかなと思います。

そのためには筋力強化はもちろんですが、骨盤の使い方にヒントがある気もしています。ブラジル人の骨盤は日本人より前傾していて、日本人はいわゆる猫背体型が多いです。その骨盤の角度の差が、シュート時の最後のワンプッシュに差を付けていると私は分析しています。

ボールを奪われる可能性があるのなら無理せず回し続ければいいとか、シュートが弱い分ゴール前まで運べるだけのドリブルを鍛えるなどの考えも世界にはあるので、どういうサッカーをするかはみなさん次第なのかなとも思います。

いろいろなサッカーのやり方があることもサッカーの楽しさだと思います。

イトゥーでの国際大会に興味のある中学生や高校生のチームの方は、株式会社フッチボーラにお問い合わせしてみて下さいませ。

http://www.futbola.biz/company.html

参加してくださいましたみなさま、ありがとうございました。

img

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク