最近のコラム

2017年09月15日
日本-ブラジル国際交流! 合わせるだけじゃない交渉力というコミュニケーション


2017年08月16日
日本-ブラジル国際大会!元クラブワールドカップ優勝選手が日本の高校生に伝えたこととは?


2017年07月24日
メッシを育てたニューウェルスで研修中。ブラジルや日本との違いとは?


2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


2016年12月05日
ブラジルのサッカー講習会に参加して来ました


2016年10月26日
まずは遊ぼう! ゴール前の創造性は本質から始まる


2016年10月06日
なぜ日本のサッカー選手たちは遊べないのか? 創造的サッカーの本質


2016年09月20日
オリンピックだけじゃない! Jリーグ選抜や鹿島も参加したリオのジーコ杯は、意外な結果に!?


2016年08月30日
リオオリンピックに通訳として参加しました


2016年08月05日
サッカー通訳という仕事


2016年07月04日
リオオリンピック渡航お役立ち情報! 治安は大丈夫? 渡航費は安くならないの?


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ ブラジル1部リーグに日本人選手!Avai FC・元川崎Y、東城利哉選手の挑戦

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■ブラジル1部リーグに日本人選手!Avai FC・元川崎Y、東城利哉選手の挑戦

2015.11.25

「Avai FC」
日本ではまだなじみのないチーム名かも知れませんが、ブラジル全国1部リーグを戦い、サンタカタリーナ州では最大級の、ブラジル人ならまず誰もが知っているクラブです。

本拠を構えるフロリアーノポリス市は、ブラジルでの人気観光リゾート地であり、また美女だらけで有名な町でもあることから、Avai FCと対戦する相手チームのアウェイ遠征は、ブラジル人サッカーファンの楽しみだったりもしたりします。

Avai FCを応援する女性サポーターはAvaianaといいます。興味ある方は調べてみてはいかがでしょうか?(笑)

そんなAvai FCに、実は日本人プロ選手がいることはご存知でしょうか?

img_01
東城利哉選手AvaiFC加入会見の様子

東城利哉選手。
23歳、ポジションはFW。
川崎フロンターレの下部組織で育った彼は、高校卒業と同時に単身ブラジルへ。

サンパウロ州4部 パウリーニャ
↓↓↓
リオ州1部 全国4部 フリブルゲンセ
↓↓↓
サンタカタリーナ州1部 全国1部 アヴァイFC

と、確実に階段を登ってきたサムライです。

日本のJリーグでプロ選手を経験せずにブラジルへ武者修業に渡り、全国1部のチームに加入するまでに至ったストーリーは、あのキングカズ選手を思い出させてくれます。

img_01

9月にケガをする前にはベンチ入りしていただけに、練習参加はしているものの、早期完全復活を楽しみにしています。

彼の魅力は、その人間性にも表れます。

普段の私生活では、しっかり礼儀正しくあいさつをしてくるし、おごりを感じさせません。

また、新しくAvai FCの育成部に来たばかりで右も左も分からない筆者のために、アパート探しや情報交換などのお手伝いをしてくれたり、私より歳下ながら非常にお世話になっています。

「恩返ししたい」
そう思わせてくれる彼の親切さは、今後サッカーに限らず彼の人生にきっとプラスに働くでしょう。

そんなピッチ外の人間性とはまた少し変わって、ピッチ内の東城選手はまた良い意味で別人。
ひと言でいうならまさに"闘う戦士"。

チーム内で唯一の南米外出身の外国人ながら、他のブラジル人選手に気後れすることなくプレーする様子が練習から見られます。

サッカー強豪国へ海外挑戦した日本人が最初に"日本人だから"という理由で下に見られたり、馬鹿にされる経験をするというのはよくあることなのですが、東城選手はブラジル人達とも対等な関係でプレーの要求をしあいます。

そんな東城選手を、私は選手としても人間としても応援していきたいなと思っています。

一つだけ、東城選手に不満があるとすれば、同じ日本人の私がよく彼に間違われること(笑)。

チーム内や街中でも、いわゆる、「東城じゃないほうの日本人」として認識されている自分がいます……(泣)。

「じゃないほうの日本人」ではなく、「平安山 良太」として認識してもらえるよう、更に努力していきたいと思わせてくれました。

良いモチベーションをありがとう東城選手(笑)!

元ジュビロ磐田のチンガ選手、元川崎フロンターレのジェシ選手も現在Avai FCで頑張っていますので、日本の皆様も是非とも応援よろしくお願いします。

PS,
ブラジル全国1部リーグは、コリンチャンスが、2位アトレチコ・ミネイロに残り7試合で8ポイント差をつけて首位を快走中です。

アトレチコ・ミネイロを率いるレヴィー・クルピ監督は元セレッソ大阪の監督。
コリンチャンスとの直接対決を含め、残り試合でどんな采配を見せてくれるのか、非常に楽しみですね。

そして我らがAvai FCは現在16位。
残留圏内には踏ん張っているものの、まだまだ一瞬も気が抜けません。
バモス!

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク