最近のコラム

2017年05月24日
「ボールが来る前に考える」は本当?ボールが来た後に考えることを放棄していませんか?


2017年05月09日
王国ブラジルを、世界最速ワールドカップ出場と、FIFAランク1位に復活させたチッチ監督の手法とは!?


2017年03月23日
初観戦! ブラインドサッカーから学ぶサッカー


2017年03月10日
街にサッカー文化を!選手にモチベーションを!クラブ公式ソングの大切さ


2017年01月31日
練習用具


2016年12月28日
鹿島のジーコスピリッツにルーツ。元鹿島・元フットサル日本代表通訳の土井エジソン氏


2016年12月05日
ブラジルのサッカー講習会に参加して来ました


2016年10月26日
まずは遊ぼう! ゴール前の創造性は本質から始まる


2016年10月06日
なぜ日本のサッカー選手たちは遊べないのか? 創造的サッカーの本質


2016年09月20日
オリンピックだけじゃない! Jリーグ選抜や鹿島も参加したリオのジーコ杯は、意外な結果に!?


2016年08月30日
リオオリンピックに通訳として参加しました


2016年08月05日
サッカー通訳という仕事


2016年07月04日
リオオリンピック渡航お役立ち情報! 治安は大丈夫? 渡航費は安くならないの?


2016年06月13日
FC琉球通訳からSCコリンチャンスに復帰


2016年05月10日
根性がない⁉ 日本に足りないのは論理的精神論


2016年03月28日
元川崎ユース・東城利哉がブラジルの州リーグデビュー!


トップコラムワールドサッカー通信局>ブラジル通信  ~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~ オブリガードコリンチャンス。Avai FCでの新たな挑戦

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
平安山 良太
ブラジル

ブラジル通信
~Futebol arte“王国にGingaを探す旅”~

平安山 良太小学生よりサッカーを初めるが、ケガにより早期挫折。若くして指導者の道へ。日本で町クラブ、部活、Jクラブで幼稚園~大学生まで幅広く指導者として関わり学んだ後、海外へ。東南アジアのプロクラブや代表チームで研修の後、ブラジル1部リーグのAtlético Paranaenseでアシスタントコーチを務めた。2014年5月からはクラブワールドカップでも優勝したSC Corinthiansでアシスタントコーチを務めるかたわら、日本に向けて情報発信を始める。2015年10月からはAvai FC、2016年前半はJ3のFC琉球通訳、後半からはコリンチャンス育成部に復帰。ペルーやアルゼンチンなどにも顔を出す。
twitter:@HenzanRyota
mail:ryota_henzan@yahoo.co.jp

ブラジル

■オブリガードコリンチャンス。Avai FCでの新たな挑戦

2015.10.05

いつもブラジル通信をご愛読いただきまして、ありがとうございます。

皆様にご報告があります。
この度、活動の場をサンパウロ州のSCコリンチャンス・パウリスタから、サンタカタリーナ州のAvai FC(アヴァイFC)へと移す事となりました。

お世話になるチームが変わることで、寂しさも期待も入り混じった不思議な感情ではありますが、これを機に、また新しい情報や視点を加えて、パワーUPしたブラジル通信にしていけたらと思います。

コリンチャンスでは、一緒に戦ってきたコーチ陣とも本当に仲が良く、外国人の僕の事を「仲間」と呼び、本当にそう感じさせてくれました。

img_01
(写真①コリンチャンスコーチ陣)

みんなには本当に感謝しています。

コリンチャンスにいたころ、就労ビザ取得のために奔走したり、部長が変わって体制が変わったり、ライバルのパウメイラスファンに囲まれたり(笑)と、苦労することも多かったです。

就労ビザ取得のためにサンパウロ中を駆け回ったり、ビザの切り替えのために一度ブラジルを出たりしたときも、ずっと連絡を取り続け、サポートしてくれました。

今回も、既存のコーチ陣や選手とは打ち解けていたのですが、ブラジルを出ている間に面識のない育成部長に変わってしまい、コーチ陣の入れ替えがありました。少し不運でもありますが、これがサッカーコーチという職業ですね。

面識がなくても、「彼は必要だ」と思わせるほどの結果が出せなかった私の実力不足でもあります。これからも精進していきたいと思います。

9月下旬、コリンチャンスを離れるときには、チームメイトから温かい言葉とメール、そして抱擁をいただきました。

また、新しく来たAvai FCのみんなも、一緒にいる時間はまだまだ少ないものの、快く受け入れてくれています。

サンパウロには日本人が多いこともあり、コリンチャンスの練習見学に通う日本人大学生の方や、夏休みを利用して練習試合にやってくる子どもたち、ビジネスでいらっしゃる方など、コリンチャンスの施設内にいても色んな日本人の方とお会いする機会がありました。

最近だとU-17に、まだテスト生ですが日本人の少年が練習参加していました。

サンパウロは世界最大の日系社会がありますから、選手やスタッフにも日系人が数人いました。

最近コリンチャンスTOPチームと契約したFabricio OyaはTOPとユースの練習を行き来しています。TOPデビューが待ち遠しいですね。

img_01
(写真②ファブリシオ・オオヤ(右)と私(左))

U-12のエースで期待の選手だったJoao Netoは、コリンチャンスからポルトガルのチームに引き抜かれました。幼くして海外にも彼の才能は届いたのですね。

医療スタッフにも、坂口フラビオという日系3世がいます。

img_01
(写真③坂口フラビオ(左)と私(右))

日系人にはブラジル代表だけでなく、日本代表も選択肢として持ってくれたらと願っています。

練習見学には、日本人大学生だけでなく、現地ブラジル人も来ていました。

もちろん日本人に限らず現地人でも、見学だけですから、ボールに触れることも、ユニホームを着ることも、選手との会話もほとんどできませんが、毎日勉強にやってくる彼らの努力には刺激を受けました。

勤勉な現地人・日本人が見学だけでも毎日通っているのですから、グラウンド内でクラブのエンブレムが付いたユニホームを着て指導している僕が負ける訳にはいかないと、秘かにやる気をもらったものです。

中には今すぐでも僕と取って代わってやろうという方もいたでしょうし、中には軽く口で攻撃してくる方もいましたが、それをまた力に変えて頑張りました。

コリンチャンスのTOPは現在ブラジル1部リーグ首位。
残り11試合を残し、2位には勝点5ポイント差です。

当然、これからもコリンチャンスを応援し続けます。
是非優勝して欲しいですね!
バイ コリンチャンス!!(行け コリンチャンス)

img_01
img_01
img_01
(写真④⑤⑥コリンチャンス練習中の私)

新しくお世話になるAvai FCには、川崎フロンターレユース出身の東城 利哉選手がプロ契約選手として在籍しています。まだリーグ戦のデビューはしていませんが、ベンチ入りの機会は時折あるので、デビューのその時に立ち会えるかも知れないのは、同じ日本人としてうれしいですね。

サンタカタリーナ州には日本人や日系人が少なく、日本メディアもないので、必然的に東城選手のAvai FC入団のニュースは、そのすごさに反して、日本での反響はまだあまり多くありませんが、これからデビューして活躍していけたらさらに注目が集まることでしょう。

もう一人、元川崎フロンターレといえばジェシ選手もAvai FCに在籍しています。
元川崎コンビに頑張って欲しいですね。

元ジュビロ磐田のチンガ選手もAvai FCです。

日本人・日系人が少ない地域とは先程書きましたが、日本との意外なつながりは多いチームですね。面白いです。

Avai FCもブラジル1部のチーム。
コリンチャンスやアトレチコ・パラナエンセとの古巣対決もあるかも知れません。
個人的にはちょっと不思議な気持ちもありますが、非常に楽しみです。

是非これからはAvai FC(アヴァイ FC)も応援宜しくお願いします!!

次のコラム←

ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク