最近のコラム

2015年11月5日
イングランドサッカー界でのKPI(Key Performance Indicators)


2015年7月9日
育成を監察する制度


2015年6月5日
リバプール生活近況


2015年3月11日
EPPPについて 2


2014年12月16日
Elite Player Performance Plan (EPPP)について



トップコラムワールドサッカー通信局>イングランド通信~~イングランドサッカーの育成状況とEPPP~ EPPPについて 2

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
宇治 誠
イングランド

イングランド通信
~イングランドサッカーの育成状況とEPPP~
(現状と変化と今後)

宇治 誠
1984年12月13日生まれ。大阪府出身。
富山大学教育学部生涯スポーツ科卒業後、2008年に渡英。Liverpool John Moores UniversityにてScience & Footballを学び、現在同大学でスポーツ科学の博士課程を専攻している。コーチとしてLeague Two(イングランド4部リーグ)のTranmere FCアカデミーコーチとユースチームのマッチアナリストとして働き、同時にLiverpool FCサッカースクールコーチもこなしている。UEFA Bコーチングライセンス所持。

イングランド

■EPPPについて 2

2015.03.11

みなさん、ご無沙汰しております。

新年が明けて以降、忙しくなってしまいイングランド通信の更新が滞っていました。申し訳ありません。

つい最近、イングランドプレミアリーグのWest Ham Unitedのトップチームとアカデミーを訪れる機会がありました。この訪問はWest Hamのトップチームでフィジオをされている山本孝浩さんとコンサドーレ札幌のU18監督の四方田修平さんとの帯同によって実現したものでした。一週間ほどWest Hamに滞在し、トップチームからアカデミーまでの仕事やクラブの仕組みを見学させてもらいました。この訪問に関するお話の詳細は、またの機会にさせてもらいたいと思います。

img01
Big SamことSam Allardyce監督
img01
West Hamトップチームフィジオ山本さん(中央)とコンサドーレ札幌のU18監督四方田さん(右)

では、前回に引き続きEPPPの仕組み、今回は特にアカデミーのカテゴリー分けについて書いていこうと思います。前回でも少し触れたとおりEPPPの要綱に沿って、アカデミーを4つのカテゴリー(カテゴリー1からカテゴリー4まで)に分けます。主に分ける要綱は施設、スタッフ数、選手のトレーニングにかける時間数、また育成にかけるクラブ資金によります。

例を挙げますと、カテゴリー1には当然のごとくプレミアリーグのクラブ(マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティー、リバプール、アーセナル、ウエストハムなど)と複数のチャンピオンシップクラブが入っています。また、カテゴリー2には多くのチャンピオンシップクラブと複数のリーグ1クラブ、そしてカテゴリー3と4には、残りのフットボールリーグ所属のクラブが主に属します。また、EPPP施行後、育成にかける金銭面の関係上アカデミー自体を閉じてしまったプロクラブも少なくありません。

EPPの要綱によるアカデミーのクラス分けの定義

カテゴリー1:プレミアリーグで活躍できる選手を育成することを目的とするイングランド国内最高クラスのアカデミー。主にU9(チームの資金によってはそれ以下も可)からU16まで各年代ごとのチームを持ち、その上にU18 とU21を持つ。

カテゴリー2:フットボールリーグ(チャンピオンシップ、リーグ1、リーグ2)で活躍できる選手を育成することを主な目的とし、かつたまにプレミアリーグで活躍する選手を育成することを要求されるイングランド国内2番手クラスのアカデミー。主にU9からU16まで各年代ごとのチームを持ち、その上にU18 とU21を持つ。

カテゴリー3:フットボールリーグに所属する選手を育成することを目的とし、U9からのプロ育成組織としての義務や責任を全うできるアカデミー。主にU9からU16まで各年代ごとのチームを持ち、その上にU18 とU21を持つ。

カテゴリー4:フットボールリーグに所属する選手を育成することを目的とし、U17からのプロ育成組織としての義務と責任を全うできるアカデミー。U18 とU21を持つことが可能で、U16以下の選手の獲得や保持ができない。

以下に現在2014/15シーズンまでの段階でわかっている範囲で、プロクラブのカテゴリー分けをしてみました。驚くことにプレミアリーグに属しているHull Cityは未だカテゴリー3に属しており、カテゴリー2へとアカデミーの規模を拡大することを目指しています。私が属しているTranmereも現在はカテゴリー3に属しています。私たちのクラブも施設や金銭面を考慮しながら、現在カテゴリー2への拡大を目指しています。

イングランドではEPPP施行後、このようにアカデミーをカテゴリー分けしており、異なるカテゴリーのクラブとは練習試合やFA Youth Cupなどの規模の大きい大会を除いて、試合日程を組むことを規制しています。この話の詳細は、またの機会にさせてもらいますが、エリートへの最大限の環境を整え、国単位やリーグ単位で競争力の高い組織団体またはアカデミー構造を築いていこうという動きに現在なっています。次回はどのようにアカデミーのカテゴリー分けを行うのかを、私の経験をもとに話していこうと思います。

カテゴリー1
Arsenal Aston Villa Blackburn Bolton Brighton Chelsea
Derby Everton Fulham Leicester Liverpool Manchester City
Manchester United Middlesbrough Newcastle Norwich Reading Southampton
Stoke Sunderland Tottenham WBA West Ham Wolves
カテゴリー2
Barnsley Birmingham Brentford Bristol City Cardiff City
Charlton Colchester Coventry City Crewe Crystal Palace
Huddersfield Ipswich Town Leeds Millwall Nottingham Forest
QPR Sheffield United Sheffield Wednesday Swansea City  
次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク