STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のコラム

2010年3月26日
最終回 ~新たなる挑戦~


2010年3月19日
カルチョスタイル?


2010年3月11日
ボンベル~BOMBER~


2010年3月1日
11個の仕事


2010年2月22日
選手は、いちばんのティフォーゾ!


2010年2月17日
審判から見た日本人


2010年2月14日
監督とクラブの関係


2010年2月1日
インテル勝利で喜ぶミラン会長?


2010年1月14日
選手のための環境選び


2010年1月8日
年越し花火?


2009年12月21日
冬のメルカート


2009年12月7日
コッリドーイオ(廊下)を見つけよう!


2009年11月30日
2010南アフリカへの道


2009年11月20日
スタジアムに住む魔物?


2009年11月12日
飛行機のぶつかり合い


2009年11月6日
+ccioでやっかいになる?


2009年10月29日
マテラッツィ2世のシンデレラストーリー


2009年10月23日
リッピの苦悩とカッサーノ


2009年10月14日
練習後の癒し方


2009年10月9日
Mmmmm,Troppo buono!


2009年9月30日
ブラズーリ来日!


2009年9月24日
適当=ファンタジー?


2009年9月15日
オレの彼女はミラニスタ!


2009年9月8日
ミランJr.キャンプにて~後編~



トップコラムワールドサッカー通信局>イタリア通信 ~ジョカトーレ まことの挑戦~ 最終回 ~新たなる挑戦~

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
井上 信
イタリア

イタリア通信 ~ジョカトーレ まことの挑戦~

井上 信
1983年生まれ。神戸市出身。中学時に在籍していたクラブチームのイタリア遠征がきっかけでカルチョ(イタリアサッカー)の虜になる。2005年夏の阪南大学在学中にペルージャへ旅立ち、イタリアサッカー協会所属のチームと選手契約を交わした。チームとの契約を代理人なしでやり遂げ、フットサルチームなどでもプレーした後、帰国。現在はフレスカ神戸チームスタッフとして活躍中。

イタリア

■最終回 ~新たなる挑戦~

2010.3.26

Ciao ragazzi! Come state?(やぁみんな、調子はどうだい?)
さて、突然ですが、今回で【ジョカトーレまことの挑戦】は最終回となりました。
昨シーズンが終わったときに、イタリアに残って選手生活を続けるか、日本へ帰ってくるかで悩んでいたのですが、最終的には日本へ帰ってくることにしたのです。

イタリアへ渡って4年間。本当に、日本では考えられないような時間を過ごし、それと同じくらいの貴重な経験をすることができました。これも、今まで僕を応援してくれていた家族をはじめ、たくさんの方々の協力があったからこそだと思っています。感謝の気持ちでいっぱいです。

15歳のときに、チームでイタリア遠征をして、カルチョに衝撃を受けて以来、夢であったイタリアチームでのプレー。1年目は、日本サッカー協会からイタリアサッカー協会への登録変更手続きや語学、プレーの違いなどさまざまな問題があり、契約には至らなかった。それでも、1年と決めていた留学期間を延ばしてまで挑戦した2年目に、念願のイタリアチームと交渉、そして契約成立。気づけば、サッカーで生計を立てること、すなわちプロ選手の仲間入りをしていたのです。

もちろん、夢はかんたんに叶うわけではないけど、僕は、自分を信じて決して最後まであきらめなければ現実のものになるというのを、自分の経験をもとに理解し、可能であることに気づきました。23歳の夏に初契約を交わしたことを考えると、15歳のときに夢を抱いてから、8年の歳月を要しましたが、それも、やはりあきらめることなく、時間がかかっても挑戦し続けた結果だと思っています。

イタリアに、こんなことわざがあります。
『Chi va piano,va lontano e sano』(ゆっくり進む人は、長く健康にいく)日本にも似たようなことわざがあったかと思いますが、まさに、僕のイタリア挑戦はそのような感じでした。そして、イタリア人たちも、またそのような生活スタイルを持っていることに気づかされました。普段から陽気で、細かいことは気にしない性格のイタリア人。その分、遠回りもありました。それが、良いのか、悪いのかは別として、結局向かっている方向が一緒であれば、いずれたどり着くことができるのだなと。

さて、僕は日本へ帰ってきてから神戸にあるFCフレスカ神戸というクラブチームで、指導者としての新たな挑戦への第一歩を踏み出しています。
このクラブは、僕がイタリア留学の夢を抱くきっかけとなった中学時代に在籍していたクラブで、現在もなおイタリア遠征を年に1回実施しています。そこで、僕は子供たちにいろんなことを伝えることができればいいなと思い、ここで指導者の道に進もうと決めました。これは、選手とはまったく別物の挑戦になるとは思いますが、イタリアでの生活や経験を元にして、子供たちと共に成長していこうと思っています。

最後になりますが、今までコラムをご愛読くださった皆様には、本当に感謝します。そして、そのような場を提供していただいたストライカーDXの皆様、本当にありがとうございました。

さて、これからは新しい挑戦です。
イタリアのカルチョ文化と、実際にプレーしてみて経験したことを、日本の子供たちに伝えていけるようこれからも進んでいきます。それでは、またどこかで。

                       Baci e abbracci  22,3,2010 Makoto

  ワールドサッカー通信局トップへ →前のコラム

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク