GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


2016年01月21日
あわやネイマール


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ キックが大事

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■キックが大事

2016.12.21

 12月11日に行われたリーベル対ボカのスーペルクラシコは、逆転、再逆転というパルティダッソ(好ゲーム)だった。アウェイのボカが先制しリーベルが前半でひっくり返すも、後半に3ゴールを決めたボカが4-2で勝利した。上海から1シーズンで約62億円というオファーを受けているテベスは、先制点のアシストと2ゴールの大活躍。さながら、ボカファンへの置き土産といったところだ。4日後にコパ・アルヘンティーナの決勝を控え、来年のコパ・リベルタドーレス出場権獲得のためその試合に懸けているリーベルは、2-1の段階でエースのダレサンドロをベンチに下げたことが裏目となった。しかし、ロサリオ・セントラルとの間で争われた同大会決勝を見事に制覇。これも、しのぎを削るような展開での4-3というパルティダッソだった。

 スーペルクラシコでボカは、正GKサラが負傷のためサブのウェルネルをスタメンに起用した。ホルヘは、こんなにキックの下手なGKは見たことがない。それは、練習のときから始まっていた。GKのみが試合前のピッチで練習し、その仕上げとして、ハーフラインとタッチラインのあたりにいるコーチを狙ってプレースキックを3本蹴った。そして2本が大きくタッチラインを割り、残りの1本も蹴り損ねで失速。アルゼンチンではアウェイのサポーターの入場禁止が続いており、スタンドは100パーセントリーベルファン。ウェルネルがミスキックをするたびに、ブーイングとヤジが浴びせかけられた。

 試合開始まもなく、ボカDFがGKにパス。スタンドからはミスキックを期待するヤジが飛ぶ。そして、本当にミスしてしまった。ボカはGKへのパスが多いので、この試合ではウェルネルが10回ほどロングキックを蹴った(ゴールキックは除く)。DFからのパスをダイレクトで蹴るのではなく、トラップしてのプレースキック状態。しかし、約半分がタッチを割った。ゴールキックは真ん中に向けて蹴るので問題ないが、サイドを狙うとコントロールができない。ボカでのデビュー戦、しかもスーペルクラシコということで緊張はあっただろうが、それにしてもひどかった。

 さて、クラブワールドカップでは鹿島アントラーズがアトレティコ・ナシオナルに3-0で快勝した。1点目はサッカー史に残る初のビデオ判定によるものだったが、ホルヘが注目したのは2点目と3点目。いずれも、GKの対応次第ではゴールにならなかったかもしれない。しかし、きわどいコース、そして味方選手にドンピシャのクロスだった。レアル・マドリード戦の1点目も、柴崎への正確なクロスから。この精度の高さは、日本サッカーの財産といえる。クロスからのシュート練習や、クロスだけの練習を熱心に行っているからだろう。日本のクロスを10とすれば、南米のそれは8といったところ。

 しかしこれは、あくまでもフリーの場合。日本人は、相手からプレッシャーを受けたり、ボディーコンタクトされると、正確さが極端に落ちる。これは、先日のU-19日本代表対ラヌース戦でも感じたことだ。南米の選手は、相手と競り合いながらでも6程度にしか下がらないが、日本人は4くらいまでガクッと落ちる。自分の型、自分のタイミング、自分のイメージで蹴っているからだ。DFは必死で食らいついてくるので、試合では、完全に抜き切ってフリーになれるより相手ともつれるケースのほうが多い。となると、相手と当たりながら、バランスを崩しながらでもいかに精度の高いボールが蹴れるかということが重要になる。クロスの練習はフリーで蹴るのではなく、妨害役を作るなどの工夫が必要だと思う。フリーで10の日本が、競り合ったときでも8か7を保てれば、レアルに勝てる日がくるはずだ。

img01
次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク