GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年06月13日
日本人コーチ


2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ あわやネイマール

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■あわやネイマール

2016.01.21

 右ヒザの痛風はかなりよくなった。階段を普通に昇れるし、しゃがむこともできる。しかし、階段を降りるときには右脚をかばった動きになり、しゃがんでから立ち上がると痛む。そして常に、ヒザの中にしこりがあるような感じがする。次の日曜日は杉並リーグの初戦。この状態でプレーするのは厳しいので、予報どおり雪が降って延期になることを願っている。

 こんな中、新橋演舞場近くのちゃんこ料理屋で行われた新年会へ行ってきた。テーブルは掘り炬燵式だが、少し凝っている。普通の掘り炬燵は、床に座って足を掘り炬燵の中へ入れる。しかしここは、座る部分が床より20センチほど高い。炬燵際の床に、建物の梁に使うような太い角材を据えたようになっていて、その角材の上に座るのだ。店内はそのようなテーブルが、客同士が背中合わせになるように並んでいる。場所柄か値段は高めながら、料理は旨く酒も進んだ。

 そしてトイレから戻って来たときに、あの事故が起こった。今思えば、右ヒザが不自由なために取った無意識の行動だったのだろう。ヒザをできるだけ曲げずに炬燵の中に入れようと、角材の後ろのほうに腰を下ろした。そして炬燵へ入れようと足を浮かせた瞬間、体重が後ろへかかってお尻が角材から外れ、ホルヘはそのまま仰向けにひっくり返った。倒れたところには、後ろのテーブルの角材がある。背骨が、その角に激突した。鍛え上げたプロレスラーですら、ボディースラムを受けると苦悶の表情となる。しかしボディースラムは、背中全面が平らなマットに打ちつけられるもの。ホルヘの場合は、背骨がピンポイントで鋭角な角にぶつかったのだ。

 たまったものではない。激痛で身動きできない中、脳裏に浮かんだのはネイマールのこと。ブラジルワールドカップで、コロンビアのスニガのニーアタックを受けて背骨を骨折。場所が数ミリずれていれば、一生車椅子ということもありえたという。この痛みでは、背骨が折れていても不思議ではない。恐る恐る、両手をグーパー、足首をグルグルさせてみる。ちゃんと動いたのでホッとする。結局骨に異常はなかったが、結構な打撲傷だ。これで、雪が降って欲しいとの思いはさらに増した。

 今年は年明けから、痛風に打撲とついていない。来週は健康診断だが、そこで新たな問題が発覚するかもしれない。毎回ホルヘは中性脂肪が標準値をオーバーするが、これは飲酒によるもの。検査の後で1カ月間の禁酒を行って、リセットしている。しかし中性脂肪やコレステロールは、肥満によっても数値が上がる。また心臓にも負担をかけるなど、肥満は長寿の大敵といわれている。女性の場合は、「美しくなりたい」という強力な動機づけからダイエットする人が多いものの、男性はそうでもない。

 そこで、そうした男性たちのダイエットを応援しようという面白い試みがイギリスで始まった。MAN v FAT(男対肥満)と銘打った肥満者を対象としたサッカーリーグ、別名FATballリーグだ。主催者は37歳のときに30キログラムのダイエットに成功し、それから人生が変わったという。それを他の肥満者にも経験してもらおうと、ダイエットのサポートとしてこのリーグを企画した。そして、これには元ブラジル代表のロナウドも協力。引退後、肥満者の仲間入りした彼が、MAN v FATの文字が入ったセレソンのユニホームを着て、リーグへの参加を呼び掛けている。トッテナム・ホットスパーならぬトッテナム・ホットドッグス、アストン・ビラならぬアストン・バニラなど、プロチームと食べ物を合わせたユニークなチーム名もあり、参加チーム数は30を超えた。14週に渡って行われる大会は、通常の勝ち点のほかに、どれだけ体重を減らせたかというダイエット点を加算して順位を決めるという。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク