GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年06月13日
日本人コーチ


2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ ヒザが

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■ヒザが

2016.01.09

 クリスマス直前に帰国して日本で新年を迎えたホルヘの身に、正月2日の夜、異変が起こった。右ヒザが腫れて痛くなり、曲げることもできなくなったのだ。保冷剤で冷やすも症状は悪化の一途をたどり、痛みで眠ることもできない。三が日は病院も閉まっているが、せめて痛みでも鎮めてほしかったので、休日診療をしている医療機関を探して電話をしてみた。すると、「急患なら受け付けます」という。しかし、急患とはどの程度のレベルであろうか。ホルヘの場合、右脚を引きずりながらでも歩ける。歩ける患者でも急患になるのだろうか。とりあえず症状を告げると、「それなら来てください」とのこと。ホッとして病院へ向かった。

 そのときの症状だが、右ヒザはまったく曲がらない。曲がらないだけではなく、ヒザに少しでも負担がかかると激しく痛む。仰向けや長座の状態から、伸ばした右脚を持ち上げることもできない。その動作をしようと大腿部に力を入れると、ヒザにビビッとくる。したがって、寝床から起き上がるのも一苦労。ゴロンと反転してから深い伸脚のような姿勢に移行し、左脚1本の力で立ち上がる。排便も辛い。家のトイレが狭いので、洋式で大便をする際に脚が伸ばしきれない。このために大便を避けていたら便秘になってしまった。ホルヘは、前屈でつま先に触れないほど身体が固い。したがって、このヒザの状態で靴下を履くのは至難の技だ。ヒザを伸ばしていれば右脚1本で体重を支えられるので、なんとか歩くことはできるものの、10歩に1回くらい痛みが走る。病院は家から1キロメートル弱。自転車の片足漕ぎで行こうとしたが、どうもうまく進まない。以前にもヒザをケガした際には片足で自転車に乗ったものだが、それが下手くそになっている。これも歳をとったせいなのだろうか。結局、約25分かけて歩いて行った。

 レントゲンは異常なし。となると、疑われるのは痛風の発作だ。痛風というのは、尿酸の結晶が関節に溜まって炎症を起こすもの。一般的には足の親指に発症する。その痛みはすさまじく、風が吹いただけで痛む、ということから痛風の名が付いたとされる。痛風になるのは、尿酸値が高い人だ。基準値は7以下。ホルヘはいつも8前後とやや高め。痛風の可能性はかねてから指摘されていた。しかしその日は休院で血液検査ができないため、採血は翌日行うことにし、とりあえず痛みと腫れを抑えることになった。ヒザを触診した医師が、「水が溜まってるな。抜きましょう」という。ヒザの水というのは、一度抜くとその後溜まりやすくなる、という話を聞いたことがある。その心配を医師にぶつけると、「それは、都市伝説です」と一蹴し、ホルヘのヒザに注射針を差し込んだ。痛みはほとんどない。意外だった。予想に反していたのは医師も同様だったらしく、「あれ、これだけか」と注射器で抜き取った水の少なさに驚いている。量は10CC。その液体は、透明で黄色がかっていた。さらに、強力な消炎鎮痛剤を処方してもらい、急患診療は終了。

 水を抜いたせいか薬のせいか、その日は痛みが穏やかになった。しかし翌日から症状は悪化。まだ病状は進行しているようだ。「転ばぬ先の杖」とばかり、傘を杖代わりにして病院へ。正月明けの病院は大混雑。その中を、傘を突きながらヨチヨチ歩くホルヘの姿は、「車椅子お持ちしましょうか」と職員からいわれるほどボロボロだった。採血を済ませ、その結果を待って診察を受ける。気になる尿酸値の数値は9.4。これで、痛風の診断が確定した。医師によれば、痛風になると一時的に数値が下がるという。ということは、尿酸値が10を超えていた可能性が高い。

 この日も水を抜くことになった。前日は痛くなかったので安心していたが、これが大間違い。針を刺した医師が、「あれ、(水が)ないな。もっと奥か」といってグッと押し込んだ瞬間、ヒザの中でガリガリと音がして、ホルヘはギャッと悲鳴をあげた。そして100CCの注射器が、血の混ざった液体で一杯になった。医師は、関節の周りが尿酸の結晶で石灰化しており、そこを破ったためガリガリとなったと説明。どうやら前日(別の医師)は、石灰の壁を破らなかったようだ。その後、ヒザ関節内に鎮痛剤を投与。そして漢方系の薬を処方してくれた。服薬して2日経つと、痛みと腫れはほとんど収まって回復期に入った。しかし依然としてヒザは曲げられない。1月7日には、楽しみにしていたストライカーDXの新年会がある。しかし会場は座敷だ。椅子席ならまだしも、この状態で座敷は辛い。ということで、泣く泣く欠席。1月末から始まるサッカー大会に備え、正月明けからジョギングを開始する予定だったが、それも大幅延期だ。今年は春から縁起が悪い。

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク