GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


2016年01月21日
あわやネイマール


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ ミクロネシア代表

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■ミクロネシア代表

2015.07.29

 日本でも報道されたようなので知っている人もいると思うが、パシフィックゲームスという国際大会で、ミクロネシア連邦代表が3試合で114失点を喫した。まずはFIFAランキング188位のタヒチに0-30、次いで同199位のフィジーに0-38、そして同197位のバヌアツに0-46だという。バヌアツ戦は平均して2分弱に1失点だ。実際にはゴールされてからキックオフまで時間がかかる。猛暑の中で大量失点していれば、急いでキックオフする気も失せ、ダラダラとボールをセンターサークルに持って行ったはず。となればインプレーの時間はさらに短かったわけで、実際には平均1分20秒くらいごとにゴールが生まれたのだろう。この大会はさまざまな競技が行われるアジア大会のオセアニア版。しかし、強豪国のオーストラリアとニュージーランドは昔から参加していない。今大会のサッカー競技は23歳以下で、リオオリンピックの予選も兼ねているそうだ。ミクロネシア連邦はFIFAへの加盟手続き中で、まだ正式には加盟しておらず、これが初の公式国際大会への参加だった。

 ウィキペディアで調べてみると、歴史的にミクロネシア諸島の島々は大国に支配されたり植民地となり、戦時中は日本が統治していた。戦後はアメリカの統治下におかれ、1979年にミクロネシア連邦が生まれた。終戦後も残った日本人がいるため、日系人は人口の約2割。初代大統領はトシオ・ヤマナカで、現大統領も日系4世のマニー・モリ。ということは、日本人にとって住みやすい国、あるいは日本人を受け入れやすい国のようだ。サッカーが好きでそこそこうまいけど、とてもJリーガーにはなれないと自覚している人は、ミクロネシアへ行ったらどうだろうか。猫ひろしのように帰化すれば、日本ではかなわない代表選手としてオリンピックやワールドカップ予選に出られる。

 日系人が多いのだから、日本人は帰化しやすいだろう。英語圏なので、まずは語学留学で入り、現地のサッカーチームに所属する。日本で「そこそこうまい」と思っているなら、スター選手になれるだろう。するとチームメイトやクラブスタッフからも大切に扱われ、労働ビザの取得を手伝ってくれる。観光地なので、日本人観光客相手のガイドのような仕事もある。語学とサッカー、仕事で充実した生活を送り、数年経って覚悟ができたら帰化申請。そしてめでたく代表に選ばれる。もちろん帰化申請の前に、代表監督と話し合い、「帰化したら代表に呼ぶ」という言質を取ることが必要だ。引退後はツアー会社などを起業し、南国の楽園で第二の人生を送る。代表で活躍し有名になり、さらに事業でも成功すれば、その後は政治家への道もおのずと開けてくる。

 とまあ、こんな夢物語を考えてみたけど、誰かチャレンジする人いる?

次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク