GAKKEN SPORTS BOOKS 最新版サッカールールブック
最新版
サッカールールブック
監修: 高田静夫
著: 三村高之
とっつきにくいサッカールールの内容を、日本人が理解しやすいようにジャンル分けして構成。判定の難しいケースもイラストを多く使って、簡単にわかるように解説。「日本でいちばんわかりやすいルールブック」の最新版。何かあったときに簡単に調べられる。
最近のコラム

2017年03月05日
来年のローレウス賞候補


2017年01月25日
大会の危機


2016年12月21日
キックが大事


2016年12月12日
U-19日本代表のアルゼンチン遠征


2016年11月10日
バビーフットボール


2016年10月19日
南米予選9.10節


2016年10月07日
U-16の珍ゴール


2016年08月24日
アベランジェ死去


2016年08月10日
リオオリンピック開幕


2016年07月26日
二度あることは


2016年07月23日
アルゼンチンサッカー大混乱


2016年06月21日
アモーレ


2016年06月02日
ウルグアイのレスターシティ


2016年05月20日
人の才能


2016年04月01日
ホルヘのクライフ


2016年03月01日
ベンチコートの利用法


2016年02月18日
PKなんて


2016年02月09日
審判受難


2016年01月21日
あわやネイマール


トップコラムワールドサッカー通信局>南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~ コパ・アメリカ準決勝 チリ対ペルー

Column コラム

海外発!日替わりリレーブログ ワールドサッカー通信局
ホルヘ・三村

南米通信 ~ラ・ビダ・デ・ホルヘ~

ホルヘ・三村
1960年10月23日生まれ。東京都出身。元々の南米サッカー好きが、89年のコパ・アメリカ取材を契機に沸騰。91年、気がつけば職を捨て、単身エクアドルに立っていた。現在はアルゼンチンのブエノスアイレスを拠点に、コパ・リベルタドーレス、コパ・アメリカ、ワールドカップ南米予選や各国リーグを取材している。そのかたわら、酒を中心とした南米各国のナイトライフにも造詣が深い。というよりそれに溺れ、酒とサッカーの日々を送っている。

アルゼンチン

■コパ・アメリカ準決勝 チリ対ペルー

2015.07.01

バイクの大集団

 コパ・アメリカ準決勝チリ対ペルー当日の昼間、スタジアム近くの大通りを歩いていると後方が何やら騒がしい。何事かと思って振り向くと、バイクの大集団がやってきた。クラクション(バイクでもそう呼ぶのか?)をピーピーならし旗を振り回している。やっていることは暴走族とほとんど変わらない。しかしパトカーが先導しており、制限速度も信号も守っている。バイク愛好者が集まり、警察公認で代表へエールを送るパフォーマンスをしていたのだ。

最近はモヒカンのかつらを被るサポーターが多い

 サポーターの応援グッズの中で、被り物はよく目立つため人気が高い。チリでも以前から、チームカラー(=国旗カラー)の帽子やかつらがよく使われている。しかしここにきて、かつらの流行に変化が現れた。かつらはヘアースタイルなので、流行があるのだ。大会中に飲酒運転をして逮捕されたビダルはチリの中心的選手で、今季は所属するユベントスでCL決勝に出場。また今回の飲酒運転の前には、宿舎を抜け出て夜遊びをしたことで処分されるなど、自由奔放で少しおバカな性格も愛されている。そのビダルのヘアースタイルがモヒカンなので、最近はモヒカンのかつらを被るサポーターが多い。

ゲレロvsロハス

 準々決勝のウルグアイ戦でカバーニを挑発し退場へ追い込んだハラは、ウルグアイ協会から南米連盟に提訴され、3試合の出場停止が科せられた。準決勝で彼の代わりを務めたのはロハス。ペルーは準々決勝のボリビア戦でハットトリックを決めた絶好調のゲレロを積極的に使う。これが効果的でロハスもしばしば崩され、試合はペルーペースとなった。しかし20分、ペルーDFサンブラーノの一発退場でチリが蘇る。この日はビダルとサンチェスが不振でいつものサッカーではなかったものの、主砲バルガスが2得点し、28年振りの決勝進出を果たした。

主砲バルガスが2得点
次のコラム← ワールドサッカー通信局トップへ

→前のコラム


ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク