第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
準決勝 青森山田-尚志

2019年01月12日

安藤隆人(サッカージャーナリスト)取材・文
木鋪虎雄 写真

19年1月12日(土)12:05キックオフ/埼玉県・埼玉スタジアム2002/観客18,924人/試合時間90分+PK戦
青森山田
3

1-0
2-3
PK
4-2

3
尚志
檀崎竜孔(後半11分)
三國ケネディエブス(後半18分)
小松慧(後半42分)
得点者 染野唯月(前半26分)
染野唯月(後半23分)
染野唯月(後半30分)

東北勢対決は激しい点の取り合いになった。前半26分に尚志はFW⑨染野唯月が右FKを押し込んで先制。後半、青森山田も反撃し、11分にMF⑩檀崎竜孔がPKを決めると、18分に左CKをDF⑤三國ケネディ エブスがヘッドで合わせ、逆転に成功。しかし、ここから尚志も逆襲を見せ、23分、30分と立て続けに⑨染野が鮮やかなゴールを決めて、試合をひっくり返した。しかし、青森山田は42分に途中出場のFW⑬小松慧が同点ゴールを決め、勝負はPK戦に。後攻の尚志4人目・DF④フォファナ マリックのキックをGK①飯田雅浩が止めると、青森山田5人目・DF⑰藤原優大が決めて、勝負あり。青森山田が決勝進出を決めた。

「本当に難しかった」
青森山田の攻守の要が
尚志の攻撃を冷静に分析

3−3という壮絶な打ち合いをまとめるなら、青森山田のボランチ⑥天笠泰輝の言葉を聞けば、この試合の状況をすべて把握できる。

「最初、相手の11番(加瀬直輝)がFWに来たのはびっくりしたけど、彼の特徴は分かっていたし、ターンして前を向いて9番(染野唯月)との関わりだと思ったので、まずは前を向かせないことを考えた」

尚志はこれまで不動のトップ下だった⑦二瓶由嵩をベンチに置き、右サイドハーフだった⑪加瀬をトップ下に起用。右サイドハーフに⑭高橋海大、左サイドハーフに⑩伊藤綾汰を起用してきた。最初は冷静に対応できた青森山田だったが、すぐに尚志は⑪加瀬を右サイドハーフ、⑭高橋を左サイドハーフ、そして⑩伊藤をトップ下に移し替えたことで、青森山田の守備陣は混乱に陥った。

「サイドをより警戒するようになって、僕は中央を(ボランチコンビを組む)⑮澤田(貴史)に任せて、サイドハーフとサイドバックの関係でボールを取ることを意識した。そうしたら、今度は(1トップの)⑨染野唯月への対応が難しくなった」(⑥天笠)

いちばん警戒すべき尚志のエース⑨染野へのマークがずれ、徐々に劣勢に立たされた。前半26分にセットプレーで⑨染野に先制を許すと、その後一度は逆転に成功するが、後半23分に右サイドを⑪加瀬に破られ、折り返しを受けた⑨染野に3人がかりでつぶしに行くが、切り返し1つで交わされ、同点弾を浴びた。

そして、同30分には⑥天笠の裏のスペースを⑩伊藤に突かれ、伊藤のドリブルから右の⑪加瀬にボールが行った瞬間、後方から飛び出してきた⑨染野を誰もマークしていなかった。全員がボールウオッチャーになり、⑪加瀬にダイレクトでスルーパスを通されると、CBとサイドバックの間にできた広大なスペースに顔を出した⑨染野にダイレクトでたたき込まれた。

「リードをしたのに⑨染野に意識が行きすぎて、10番(伊藤)と11番(加瀬)の関わりのところでついていけなくなっていた。僕らダブルボランチのところにその2人が入ってきたことで、ボランチで⑨染野を含めた3人を見ないといけない状態になって、少しばたついてしまった。そこで3人に意識をやると、今度は相手のボランチの6番(坂下健将)が絡んでくる。彼らに常に嫌なポジションに立たれて、本当に難しかった」

それでもCB⑤三國ケネディ エブスを最前線に上げてパワープレーを仕掛けると、後半42分に⑤三國のヘッドから途中出場のFW⑬小松慧が執念の同点弾。PK戦の末になんとか勝利をつかみとった。

「今日はプレスバックも甘かった。もっと守備をしないといけない。3失点食らうとは思っていなかった。ダメージがでかいので、立て直していかないと結果につながらないと思う」

試合後、⑥天笠はこう自分たちを戒めたが、「正直、僕はすでにイエロー1枚もらっていたので、今日の試合はあまり強く行けない部分もありました。決勝は激しく行けるので、それを発揮したい」と、前を向いた。

警告を恐れたが故に、確かに今日の彼のプレーは何処か縮こまっていた。だが、試合直後にここまで戦況を分析できているということは、それだけ彼のフットボールインテリジェンスの高さを示しており、かつチームの攻守の要になっている所以でもあった。

流通経済大柏との決勝戦後、⑥天笠はどう試合を振り返るのか。決勝に向けての楽しみが1つ増えた。

監督・選手コメント
青森山田・黒田剛監督
ゲームプランと大きく異なったが、最後は気持ちで戦ってくれた。気持ちで勝ったと思う。ファイナルに向けては、この3失点をしている状況ではかなり厳しいと思うので、もう一度守備の確認をして、守備から入っていきたい。

青森山田・③豊島基矢
(PKは)駆け引きで間合いを作ったほうがいいと思っていた。PK専用のGKは来ると聞いていたけど、僕らのデータはない。間合いと視線を意識した。間合いは練習してきた。5人目に蹴った⑰藤原は1年生ですが、いちばんPKがうまいんです。間合いも作れるし、監督も⑰藤原に任せた。僕は最初10番目だったけど、決めていくうちに監督に認められて、4人目になった。決勝では守備からの意識をもっと徹底して、ゼロに抑えることにこだわり続けたい。

青森山田・⑥天笠泰輝
決勝の流通経済大柏は攻撃が強いので、中盤で勝たないとゲームは支配できない。まずは守備をしっかりしてから、自分の持ち味である展開力と前への関わりを出したい。

青森山田・⑪バスケス・バイロン
ボールを取られないのは自信がある。スピードはないからこそ、自分で考えて、緩急とか体の使い方とか、フェイントを入れてから突破するとか、いろいろ工夫をしています。

青森山田・藤原優大
PKには自信があって、1年目だからとか一切関係なかった。ずっと練習でも決めてきたし、逆を取るのが得意です。練習から監督から自信のあるコースに強く蹴ることが大事だと言われていたし、こういう大一番で積み重ねてきたことが出せたのはすごく自信になります。

尚志・仲村浩二監督
試合を振り返って、90分間つなぐサッカーができたことは良かった。相手のプレスも自信を持ってはがせると言ったし、選手たちはそれを良くやってくれた。前回のベスト4は、震災のこともあり、チームの力というよりも福島県のみなさんに元気と勇気を届けたいという僕らの気持ちと、福島県のみなさんに力をいただいた。でも今回は優勝も狙っていたし、選手たちはやれることをピッチで表していた。悔しいですが、選手たちは良く戦ってくれました。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ