第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
準々決勝 流通経済大柏-秋田商

2019年01月05日

安藤隆人(サッカージャーナリスト)取材・文
高橋学 写真

19年1月5日(土)12:05キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/観客8,425人/試合時間80分
流通経済大柏
1

1-0
0-0

0
秋田商
八木滉史(前半6分)
得点者

選手権出場回数最多の44回を誇る伝統校・秋田商と、2007年度の選手権王者であり、昨年度の準優勝校・流通経済大柏の一戦はいきなり動いた。前半6分、MF⑩熊澤和希の右からのロングスローを、ニアサイドでFW⑨岡本竜がヘッドでつなぎ、最後はMF⑱八木滉史が蹴り込んで、流通経済大柏が先制に成功する。この1点を鹿島内定のCB⑤関川郁万、秋田商のエース⑦FW長谷川悠にマンマークについたCB㉘横田大樹を軸にした守備陣が守り切り、1−0で流通経済大柏が勝利。2年連続の準決勝に駒を進めた。

名将がこだわる「1−0の美学」
流通経済大柏が狙いどおりの守備で
相手の長所をシャットアウト!

「監督からは『1−0で勝つのが良い』と言われていたので、まずは失点をしないことを考えました」。ボランチ・⑱八木滉史がこう語ったように、今大会の流通経済大柏は相手のストロングポイントを消し、失点をしないサッカーを徹底している。秋田商との準々決勝ではまさにそれが色濃く出た。

「秋田商のキーマンは⑦長谷川(悠)くんと⑨鈴木宝くん。この2人をどう封じるかを考えた。普通なら③須永(竜生)がCBを使うのですが、今日は小さいのですが、すごく粘り強い守備ができる㉘横田(大樹)に『(⑦長谷川の)マンマークで行ってみろ!』と送り出しました。あと⑨鈴木宝くんの能力がかなり高いなと思っていたので、そこに④西尾(颯大)を当てる形を取りました」

こう本田裕一郎監督が語ったように、流通経済大柏は普段はサイドバックで起用している㉘横田を⑨長谷川に当て、右サイドハーフの⑨鈴木(宝)に対して、本来はCBでの起用が多い④西尾を左サイドバックに起用して、それぞれマッチアップをさせた。

前半はその狙いが的中し、秋田商の攻撃のキーマンを封じ込んで、シュート1本に抑え込んだ。後半こそ豊富な運動量とスプリント力を駆使され、彼らに前を向かれるシーンが増えたが、㉘横田と④西尾は必死で食らいついて、決定的な仕事をさせなかった。④西尾は後半23分に交代したが、㉘横田はフル出場。⑦長谷川と⑨鈴木(宝)に、後半は1本ずつしかシュートを打たせず、1−0の完封勝利だ。

「彼らに良く仕事をさせないで戦ってくれた。特に㉘横田は足が速いのでサイドバックなのですが、ときどき練習でCBをやらせてみると、『小さいわりにうまいな』と感じることが多かった。練習で経験済みなので、自信を持って送り込めたし、彼自身も困惑することなくプレーをしてくれた」(本田監督)

指揮官の目論見どおりの勝利。これで今大会、初戦の徳島市立戦で1失点した以外は、星稜に1−0、秋田商に1−0と堅守で勝ち上がっている。前回大会も決勝まで無失点だったが、決勝で喫した大会唯一の失点が、準優勝という結果につながってしまった。

「1点の重みは良くわかっています。無失点で抑える。これにこだわって最後まで戦い抜きたい」

昨年の悔しさを知るCB⑤関川郁万が語ったように、この先も相手を分析し、キーマンを抑える守備で、11年ぶりの選手権制覇をつかみとるべく、流通経済大柏は一瞬のスキも見せるつもりはない。

④監督・選手コメント
流通経済大柏・本田裕一郎監督
この試合に臨むにあたって、⑦長谷川くんをどう封じるかを考えたときに、普通なら最後に出た③須永がCBを使うのですが、㉘横田は小さいのですが、すごく粘り強い守備ができる選手なので、⑦長谷川くんへのマンマークで行ってみろ! と送り出しました。良く仕事をさせないで試合に臨んでくれた。本来、横田は足が速いのでサイドバックなのですが、ときどき練習でCBをやらせてみると、「小さいわりにうまいな」と感じることが多い。経験済みなので彼は困らなかったと思う。マンマークでかつての三本木のようにやれと。あと9番の鈴木宝くんの能力がかなり高いなと思っていたので、そこに④西尾を当てる形を取りました。この2人はかなり気をつけました。

流通経済大柏・⑱八木滉史
監督からは「1−0で勝つのが良い」と言われていたので、まずは失点をしないことを考えました。結果的に自分の前にボールがこぼれてきて、点が取れて、それがチームの勝利につながったことがうれしかったです。ボールをしっかり見て、GKの位置も確認して逆を突くことができました。今回はたまたま点を取れたけど、それに浮かれてしまったら、守備がおろそかになる。チームのいちばんの目標は無失点なので、失点しないことを常に考える。0−0だったら負けることはないので、そこはしっかりと守備意識を持ちたい。

秋田商・小林克監督
強豪との一戦を肌で感じることができて、いろんなものを吸収できたと思う。この経験は重要。(相手との)距離感と言いますが、決まっているわけではないので、選手たちが試合の中で「この相手ならこのくらいの距離」と判断をしてやっていく。そこは個の判断。練習で積み上げるだけでなく、試合を通じて見つけていった。四日市中央工戦より富山第一戦のほうがコンパクトになってきましたし、龍谷戦もより良い形になった。試合を通じて成長をしていった。(秋田県は13年間初戦敗退だったことに対し)これまでの秋田のチームが弱かったわけではない。でも、これを期に、秋田のサッカーというものを自信を持ってやりたいし、県内で切磋琢磨をしてレベルアップしていきたい。

秋田商・⑩原田悠翔
秋商は伝統がある。その伝統である粘り強く守備をして走り勝つ。それをこの大会で見せたいと思っていた。流通経済大柏のプレッシャーは本当にすごかった。このプレッシャーを次は当たり前のように感じて、もっと判断を速くプレーしたいと思います。来年は秋商の伝統を引き継いでいって、この先輩たちの記録を超えていけるようにしたい。来年は埼スタに行きたいです。

img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ