第97回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

プーマフットボール公式Instagramアカウント

PUMA FOOTBALL

第97回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 帝京長岡-高知西

2018年12月31日

河合 拓(フリーライター)取材・文
木鋪虎雄 写真

18年12月31日(月)12:05キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/観客2,850人/試合時間80分
帝京長岡
6 2-0
4-0
0
高知西
谷内田哲平(前半12分)
晴山岬(前半18分)
晴山岬(後半3分)
晴山岬(後半6分)
冬至直人(後半19分)
磯貝飛那大(後半40+3分)
得点者  

序盤からボールを保持した帝京長岡は、12分にペナルティーエリア内でパスを受けた⑭谷内田哲平がDFをかわして左足でシュートを決めて先制点を挙げる。さらに18分には相手のCKからの攻撃をしのぎ、自陣からカウンター。ロングボールを受けた⑪晴山岬がゴールを決めてリードを広げた。後半の立ち上がりにも⑪晴山の2点を加えた帝京長岡は、途中出場の⑨冬至直人もゴールを決めて、勝利を決定づけた。ATにも⑬磯貝飛那大がゴールを決めた帝京長岡が6-0で1回戦を突破した。

フットサルで磨いた決定力を武器に3得点
晴山岬が目指す、大迫勇也越え

序盤からほとんど相手に攻められることなく、押し込んでいた帝京長岡にピンチが訪れたのは1-0でリードした前半18分だった。相手CKの流れから放たれたシュートが、クロスバーをたたく。ヒヤリとさせられた帝京長岡イレブンだったが、このこぼれ球を拾うと、カウンターに転じる。前方へのロングボールを入れると、最前線では、2トップがボールを待っていた。オフサイドポジションにいた⑩小池晴輝は、プレーに関与せずにゆっくりと自陣方向に戻るなか、爆発的なスピードでボールの落下点に走りこんだのが、⑪晴山岬だった。

⑩小池と入れ替わる形でボールを受けた⑪晴山は、ステップを刻みながら細かくボールを動かしDFを翻ろう。シュートコースができると、迷わず左足を振りぬき、ゴールネットを揺らして見せた。2トップを組む⑩小池とのコンビネーションに加え、自分でボールを運べる能力とコンパクトに振り抜くフィニッシュの技術。夏に開催された第5回U-18フットサル選手権で大会通算12得点を挙げてチームを優勝に導き、大会得点王、MVPの個人賞も総なめにした2年生ストライカーの長所が、存分に発揮された得点だった。

選手権初ゴールを決めた⑪晴山は、「持ち味のファーストタッチで良いところに置けたので、そこからスピードで相手をはがして、GKの逆を突いてシュートを打ちました。狙いどおりでした」と、このゴールを振り返った。

その後も⑪晴山は、最終ラインと駆け引きを続け、ゴール前で貪欲にゴールを狙っていく。後半3分にもカウンターで相手センターバックの間を取り、⑭谷内田哲平からのスルーパスを受けて最終ラインを破る。「哲平が良いボールをくれたので、決めるだけでした」という言葉どおり、GKの動きを冷静に見極めて右足でボールをゴールへ流し込んだ。6分にもペナルティーエリア内でボールを受けて前を向くと、右足でシュートを決め、今大会最初のハットトリックを達成者となった。

特徴的なのは、力みのないシュートだ。⑪晴山は、どんな状況にあっても冷静にGKの逆をついてゴールを射抜く。それは、フットサルで鍛えられたものだという。

「フットサルはゴールが小さいので、相手GKの逆を突かないと、絶対に点が入りません。GKの目とか、重心を見て、どっちに打てばGKが反応しづらいかを考えて、フットサルではシュートを打っています。トゥーキックのシュートもフットサルで鍛えられたので、機会があればサッカーでもトゥーキックで狙いたいと思います」

圧巻の決定力を見せた⑪晴山だったが、後半20分すぎには足がつり始め、残り2分を切ってからはベンチに下がった。このとき、すでに帝京長岡は5人の選手交代を終えており、チームは1人少ない人数で戦うことに。そのため、新潟県勢の選手として選手権史上初のハットトリックを達成したが、自己採点は「50点。最後まで戦えなかったことと、もう少し点を取れるところがあったので」と厳しめだ。

だが、初戦でハットトリックし、自信をつかめたのも間違いない。

「今大会の目標は、何よりもチームが優勝すること。でも、個人としても15得点、取りたいと思っています」

今大会最初のハットトリック達成者となった⑪晴山は、チームを優勝に導くために、2回戦以降も貪欲にゴールを狙い続ける。大会の最多得点記録は、大迫勇也(鹿児島城西/現ブレーメン)の10ゴールだ。

監督・選手コメント
帝京長岡・古沢徹監督(帝京長岡)
立ち上がりにいい形で点を取ることができて、終始、自分たちのリズムで主導権を握ってゲームができたことは良かったと思います。中央のコンビネーション、サイドからの仕掛けは、チームとして使い分けてストロングにしていこうとしています。どちらかしかできなければ、上では通用しないと思うので、年間を通してやってきたことが良い形で出せました。常日ごろ言っている、球際、回収というところを言わなくてもやってくれたと思います。(失点)ゼロで終われたことがいちばんの収穫だと思いますが、これで終わりではありません。1日空けて、明後日、締まった試合をしないと意味がない。選手を交代してからも点を取れたことは、2回戦以降のサブの選手たちの奮起にもなりますし、良い雰囲気で2回戦に行けると思います。その意味で、大量得点はチームにとってプラスだと思います。

帝京長岡・⑪晴山岬
⑭谷内田(哲平)とは長く一緒にプレーしていて、自分の欲しいと思ったところにあうんの呼吸でパスを出してくれるので、いちばん頼れるボランチだと思っています。彼が先制点を取ったから、僕のハットトリックがあったと思います。まずはチームが優勝することが大前提ですが、おまけで得点王にもなれたらと思います。帝京長岡は、これまでベスト8に行ったとき以外は初戦で負けてきています。このメンバーで年を越して、歴史を作っていきたい。自分たちの代でベスト4まで行き、その勢いで優勝することが目標なので、優勝を見据えて戦っていきたいと思います。

帝京長岡・⑭谷内田哲平
勝てたことには、ホッとしていますし、ゴールも決めることができてよかったです。(先制点の場面は)パスの選択肢もありましたが、ファーストチャンスということで、自分で打ちに行って、結果的に決まって良かったです。自分のポジションは、サイドバックの⑥手塚(克志)と同じラインにならないように、外に行ったら中、中にいたら外というふうに、コミュニケーションを取ってやっていました。(2年生でエースナンバーの14番について)責任を感じますが、結果で応えられたらと思います。自分たちなら、ベスト8も越えられると思うので、頑張ります。目標は日本一ですが、まずはベスト8を越えることです。

img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ