第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 米子北-仙台育英

2018年01月02日

森田将義(フリーライター)取材・文

18年1月2日(月)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/観客2,488人/試合時間80分
米子北
1 1-0
0-0
0
仙台育英
城市太志(前半3分)
得点者  

試合は早々に動いた。前半3分に⑦馬場琢未が右から上げたクロスに⑪葉間田累が反応すると、競り合ったこぼれ球を⑨城市太志がダイレクトボレーでたたき込み、米子北が先制した。一点を奪ってからは、間延びした中盤を狙われ、ロングボールを何度も受けたが、⑩佐野海舟を中心にシャットアウト。22分に打たれた⑦角田海斗のシュートも右ポストに当たった所を①佐藤壮太が防いだ。⑥阿部優貴が負傷でピッチを退いた後半はより劣勢を強いられたが、②三原貫汰ら守備陣が身体を張ったシュートブロックで失点を回避。米子北が接戦をものにし、16強入りを果たした。

幸先のいいスタートダッシュが裏目に出た米子北
“理想通り”の逆行を跳ね返し、3回戦へ

 「うちの子たちにはストレスやプレッシャーがあったほうがいい。心に余裕があるとやられてしまう」。米子北をそう評するのは、城市徳之総監督だ。U-18日本代表のストライカー⑨加藤拓己擁する山梨学院との1回戦は、まさに特徴が出た試合で、先制点を奪われる危機的状況から2点を奪い、逆転勝ち。警戒していた空中戦やデュエルでも相手を上回り、「今年一番の出来だった」(中村真吾監督)

迎えた2回戦は、米子北にとっては難しい展開だった。「早く点をとり過ぎて、しんどいくらいだった
と②三原貫汰が振り返ったように、前半3分に⑨城市太志が先制点をマーク。幸先のいいスタートを切ったのはよかったが、「いつもより失点にビビッて、DFラインが下がってしまった。押し上げることもできなかったので、ロングボールを放り込まれてしまった」(城市総監督)。⑩佐野海舟と⑥阿部優貴による跳ね返しから、ポゼッションで試合の主導権を握れたことも、カウンターが武器のチームにとっては裏目で、「でき過ぎた」(中村監督)という前半のパフォーマンスは米子北にとっては不都合だったといえる。

 反対に仙台育英の猛攻を受けた後半は願ったり叶ったりの展開だ。181センチの⑭菅井大翔を目がけたロングボール、②石川巧実のロングスロー、そしてセットプレーから⑳志村滉のヘディングシュート。多種多様なパワープレーを仕掛けた仙台育英に防戦一方となったが、「練習から追い込まれた状況でどれだけできるかを意識している」(⑩佐野)米子北の守備は崩れず、逃げ切り勝ちをおさめた。

チーム史上最高成績となる8強入りに期待がかかるが、今季は連戦を行う機会が少なく、二日続けての試合では勝てていない。3回戦で当たる一条が2試合目なのに対し、米子北が3試合目というのも不利な状況といえる。しかし、試合後に城市総監督が「もうちょっと追い込まないといけない」と不敵な笑みを浮かべたように、追い込まれて花が咲く米子北にとって、不利な状況は待ち望んだシチュエーション。逆境を三度跳ね返すつもりだ。

監督・選手コメント
米子北
中村真吾監督
前日練習の様子を見て、思ったよりも、初戦で当たった山梨学院との試合で選手が疲労しているように感じたので、今日は交代選手含めて、全員で戦おうと決めていた。DFラインが低かった分、ボランチ含めて中盤の選手が、一生懸命ボールを拾いに行ったため消耗してしまい、攻撃の際には少ない人数しかおらず、パワーが足りなかったようにも感じる。

②三原貫汰
うまくいかない日も絶対に出てくると思っていたが、その日が今日に当たってしまった。ラインコントールがうまくそろわなかったり、思い通りにいかないながらも失点しなかったのは、次の試合に向けて大きな収穫だと思う。自分のマークにしっかり責任を持って対応すること、セカンドボールに対して身体を張ることを意識していたが、チャンスを作られたので、失点しなかったのは運もあると思う。また、カウンターを仕掛ける場面も何本かあったが、今後はカウンターを受けないようにしっかりシュートで終わらないといけないと思う。

仙台育英
城福敬監督
攻めながらも、1点が奪えなかったのが結果に出た。1試合のうちにチャンスは絶対にあると思うが、ポストに当たった前半のシュートなど、ああいう場面できっちり枠を捉えたシュートを打たないといけない。全国で勝ち上がると、そんなにチャンスがこないので、その精度が低ければ勝ち上がれない。選手らは身を持って体験してくれたと思う。

②石川巧実
向こうが自分たちよりも力が上ということは分かっていた中で、1失点してしまったが、最後の笛が鳴るまで、これまで自分たちがやってきたことを出せた。それが試合開始と同時に出すことができれば、うちが先制点をとれた可能性もあるが、今日の結果が3年間やったきたことの結果だと思うのでしっかり受け止めたい。試合が終わってから1、2年生には1年かけてこの舞台に帰ってきて欲しいと伝えた。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ