第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 流通経済大柏-大分西

2018年01月02日

安藤隆人(サッカージャーナリスト)取材・文
古賀庸介 写真

18年1月2日(火)12:05キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/観客10,754人/試合時間80分
流通経済大柏
3 1-0
2-0
0
大分西
菊地泰智(前半3分)
菊地泰智(後半4分)
加藤蓮(後半13分)
得点者  

試合はいきなり動いた。3分にMF⑩菊地泰智(3年)のミドルシュートが決まり、流通経済大柏が先制に成功をすると、後半4分には再び⑩菊地が豪快にシュートを決めて、2−0。これで試合の流れを手中に収めた流通経済大柏は、後半13分に途中出場のFW⑨加藤蓮(3年)が落ち着いて決めて、3点目。大分西も交代出場のMF⑱渋谷駿介(2年)がゴールに迫るも、プロ注目のCB⑤関川郁万(2年)に阻まれるなど、チャンスを作れず。試合は3−0で終了した。

危なげない勝利で、
優勝候補筆頭が着実に一歩を踏み出す

インターハイ王者であり、地元・千葉の流通経済大柏の初戦の相手は大分西。2冠を目指す流通経済大柏にとって、初戦の堅さもあるかと思われたが、それは心配無用だった。3分、CB⑥瀬戸山俊(3年)の縦パスを受けたMF⑩菊地泰智(3年)が、35メートルの位置からGKをよく見て強烈なミドルシュート。これがゴール右上隅に決まり、流通経済大柏が先制した。

大分西にとってはあまりにも重すぎる先制パンチだった。大分西も反撃に転じようと⑲後藤健也(1年)と⑨幸航平(3年)のツートップを走らせて、アタッキングサードを攻略しようとするも、プロ注目の2年生CB⑤関川郁万が統率する流通経済大柏の堅いDFラインを突破できない。前半15分を過ぎると、流通経済大柏の前への圧力が強まっていく。前半17分にはFW⑭熊澤和希(2年)がドリブルで2人を交わしてゴールに迫るが、シュートは大分西GK①髙橋力也(2年)のファインセーブに合う。前半33分、左サイドを突破したMF⑦鬼京大翔(3年)の折り返しをニアでFW⑪安城和哉(3年)がヘッドで合わすも、これもGK①髙橋がファインセーブ。

再三のチャンスをものにできないでいたが、後半開始早々にエースが試合を動かした。後半4分、ペナルティーエリア右付近で⑭熊澤の落しを受けた⑩菊地が左足一閃。ゴール左隅に突き刺して、追加点をもたらした。

これで勝負は決した。後半13分には後半から投入されたFW⑨加藤蓮(3年)が、MF④宮本優太(3年)のスルーパスを受けて、冷静にGKとの1対1を制して3点目。それ以降も危なげない戦いで大分西を寄せつけなかった。まさに横綱相撲と呼ぶべき、3−0の初戦完勝劇。夏冬連覇の2冠に向け、優勝候補筆頭は着実に一歩を踏み出した。

「インターハイでも長崎総科大附に苦戦をしたし、前橋育英戦も相手のPKが決まっていたら分からなかった。気を抜いた時点で勝負は相手に転がってしまいますから」(⑩菊地)

視界に捉える頂点への階段は長く険しいことを彼らはよく知っている。だからこそ、この勝利に浮かれることなく、地に足をつけてさらなる一歩を踏み出そうとしている。

監督・選手コメント
流通経済大柏
本田裕一郎監督
インターハイ後にもメンバーが変わっているし、今日調子がいい、昨日調子がいいという選手を使っている。選手のコンディション、メンタル面、プレーぶりを見て、そのときにベストな布陣で臨むようにしている。今日は出た選手がしっかりとプレーをしてくれたと思う。この大会で大きく育つ選手はたくさんいる。もちろん勝ち上がって行けばの話ですが。今日くらいのキレを次以降も出せればいいと思う。

⑩菊地泰智
あれはもう感覚でした。無意識のうちにシュートを打っていた。感触もボールに当たっている感触がないほど、余計な力が抜けた状態でストーンと振り抜けた。相手や味方が慌てても、「ここはまだ大丈夫」と理解してプレーできるようになった。落ち着いてやれた。流通経済大柏の10番は重い。歴代を見ても、日本一をとった代の10番はみんなプロに行っている。僕はインターハイをとったのにプロ入りが決まっていないのは、すごく悔しいし、まだまだだなと思う。選手権は成長できるチャンスなので、この大会を大事にしたい。

大分西
首藤啓文監督
サッカーの基本ベースが高いので、この差になったと思う。ちょっとでも隙を与えたら、質の高いパスをトップにつけてくる。ウチも常にそういう指導を心がけているが、さすが。前半、後半の入りを大事にしているが、そこでやられるとこういう戦いになってしまう。1点目は仕方ないが、2点目は本当に痛かった。ウチも大学生やJFLのチームと試合をやるが、やっぱり同年代でこのレベルのチームとはなかなかやれない。僕らが目指したいチームでもあった。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ