第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 米子北-山梨学院

2018年01月01日

川原宏樹(本誌)取材・文

17年12月31日(日)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/4,024人/試合時間80分
米子北
2 1-1
1-0
1
山梨学院
坂田二千翔(前半31分)
葉間田累(後半7分)
得点者 加藤拓己(前半23分)

全国に名を轟かす山梨学院と米子北という名門校同士の対戦は、焦らずに相手を自分たちの戦略にはめ込んだ米子北が逆転で勝利を収めた。
相手に合わせてシステムを変更してきた米子北に対して、山梨学院はU-18日本代表にも名を連ねた⑨加藤拓己にボールを集めて、試合のペースを握ろうとした。そして前半23分、左からのFKにエースの⑨加藤が頭で合わせて先制。早くもポテンシャルの高さを見せつけた。
先制された米子北は、前半29分に⑨城市太志に代えて⑭鍛冶川友貴を投入すると同時に、⑦馬場琢未と⑧坂田二千翔の位置を入れ替える。そのシステム変更が功を奏し、前半35分に右サイドに移った⑦馬場からのクロスを⑧坂田が決めて前半のうちに同点に追いついた。
後半も⑨加藤を中心に攻めようとする山梨学院に対して、米子北は前線からのプレスを強め⑨加藤への配球を断つようにした。そして、後半7分に⑩佐野海舟が抜け出してGKと1対1になる。⑩佐野のシュートはGKに防がれるも、そのこぼれ球を⑪葉間田累が押し込み逆転ゴールを決めた。
その後、選手交代やシステム変更によってゴールにカギをかけた米子北が守り切り、1回戦突破を決めた。

加藤拓己は圧倒的だったが、
米子北の対応が上回った

U-18日本代表選出歴もある山梨学院の⑨加藤拓己は大会前から注目度ナンバーワンを争う逸材で、この試合でもその才能を見せつけた。山梨学院は、前半から⑨加藤にロングボールを集めて試合のペースを掌握しようとした。その中で⑨加藤は競り負けることがなく空中戦での絶対的な強さを見せた。前半14分には、CKをファーで合わせてあわやという場面を作り出し相手に怖さを見せつけた。そして、その後のFKのチャンスでは、相手の前に体をねじ込みゴールを奪ってみせた。

前半のうちに米子北に追いつかれたものの、⑨加藤にボールを集めておけば後半もチャンスを作り出せるという空気感で前半を終えた。

山梨学院は後半も⑨加藤への配球を試みるが、米子北は前線からのプレスを強め、配給元を断つようにしてきた。「まず、(2トップに)蹴らせないファーストディフェンス。また、そこで競ったところで勝てないという前提でのカバーリング。そこでキープされたときには、ボランチとサンドする。それらを徹底して練習からやってきました」と米子北の中村真吾監督は⑨加藤対策を入念に行ってきたことを明かした。そして、リードを奪ってからは山梨学院の圧力が増すも、米子北は後半31分に⑫田中秀磨を投入し、5バックに変更。守備のやり方を変えて山梨学院の攻撃をはね返し続け、リードを守り切って勝利した。

山梨学院は⑨加藤という絶対的な武器を保有しながらも、その才能を生かしきれなかった印象を拭いきれない。この試合で⑨加藤が望んだボールが彼の元に何本届いたか……。試合が経過するにつれ精度が落ちるロングボール。いくら才能のある選手でもずれたパスをマイボールにするのは難しい。「⑨加藤がなんとかしてくれるだろうという思いがあって、そこに頼りすぎた」と試合後に安部一雄監督が話をしたように、それ以上の戦術を用意していなかった山梨学院に勝つ術はなかった。

監督・選手コメント
米子北
中村真吾監督
山梨学院は2トップを中心にまとまりのあるいいチームだったので、本当に戦うのを楽しみにしていました。ここに勝つことですごくチームが成長できると思って準備をしてきました。
研究をしてサイドハーフの⑦馬場琢未と⑧坂田二千翔を入れ替えるのがいいのではないかと思い臨みましたが、うまくいかずすぐに戻しました。⑨城市太志はスピードがあって、県大会の決勝でも始まってすぐに2点を取ったということもあり、スピードで相手を混乱させることができる⑨城市をスタートから使いました。ですが、早いタイミングで代えるつもりでした。その交代をした直後に結果が出たのでよかったです。
FKでの失点は考えられたことで、そこでの失点は気にしないということを前から話をしていました。
(ハーフタイムでは)戦術的なことはいろいろと話をしましたが、最後まであきらめるなということを話しました。プリンスリーグでも2点差から逆転したゲームが2試合くらいあって、そういう試合を見ているので最後まで体を張って守ろうと。今日の試合は戦術的に守れないところもあると思っていたので、いかに体を張れるかという話をずっとしてきました。最後まで体を張って守れたということが勝てたひとつの要因だと思っています。
お互いですが、最初の20分間は緊張からかパスひとつつなげないという時間が続いたので、そこは冷静になってパスをつなげるところはつなげるようにしたいです。それと2点を取った後に、欲張りすぎてバランスを崩していたところがありました。シンプルにやらなければならないところなのにドリブルで持ちすぎるというのがあったので、そういう戦い方というのをひとつひとつ修正していきたいと思います。

山梨学院
安部一雄監督
(今日の出来は)そんなに悪くなかったと思います。一発勝負であれだけタイトにやられていた中で、自分たちが徹底してできた部分があった。もう少し徹底が必要だったかもしれないですけど、いい形もできていた。そこで(点を)取る取らないで勝敗が決まってしまうところもあるので、そんなに悪くはなくむしろ選手は一生懸命にやってくれました。
ボールを握り始めると相手のプレスが早く、そこの網に引っかかってしまうことがあった。前半は特に長いボールを⑨加藤のところへ送った。後半からはシンプルにボールを動かしながらサイドから崩そうねという話をしました。最終的なフィニッシュのところは別にしても、そのあたりはある程度できたと思います。

⑨加藤拓己
大学で人間としても磨き上げて、プロへの道っていうのをもう一度切り開けるように自分で努力したいです。もっともっといい選手になって、いつかJリーグの舞台、海外やワールドカップの舞台というのを目指してがんばっていきたいと思います。
オリンピックとかというのも考えていますが、まずは何より大学でしっかりやりきらないと選ばれるということはないので一生懸命がんばっていきます。これから大学に行って高校生のときのように取り上げられず名前も売れなくて静かに成長していくと思いますが、いつかJに内定しましたと戻ってきたときに、あのときよりもパワーアップしているな思われるような選手になっていたいです。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ