第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 帝京大可児-徳島北

2018年01月01日

竹中玲央奈(フリー)取材・文
藤井隆弘 写真

17年12月31日(土)14:10キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客6,109人/試合時間80分
帝京大可児
3 1-0
2-0
0
徳島北
坂梨寿莉  (前半17分)
久保藤次郎(後半36分)
大森大地 (後半39分)
得点者  

序盤から主導権をとった帝京大可児は17分に相手のビルドアップのミスを突いて最後は⑦坂梨寿莉が冷静にネットを揺らして先制に成功。ときおり徳島北のカウンターにひやりとさせられる場面もあったが、後半に入ると途中出場の⑯玉腰佳大と⑨藤光翔が攻撃に厚みをかけ、後半36分に⑪久保藤次郎が追加点を沈める。その3分後には右サイドからのクロスを⑤大森大地が頭で合わせてダメ押し。多くのチャンスを作り幾度もゴールを脅かした帝京大可児が危なげなく2回戦へ駒を進めた。

貪欲にゴールを狙い続けた
エースストライカー

勝者となった帝京大可児の2点目を決めた⑪久保藤次郎が放ったシュートは5本。チームが80分間ではなった12本のうちの実に半分近くの数字である。

堀部直樹監督は試合全体を通して選手たちの動きが「硬かった」と振り返ったが、小気味良いショートパスを中心に敵陣へ攻め込んでいくスタイルの帝京大可児の攻撃陣は、それぞれが自身の特徴を発揮していた。その中でも特に存在感を放っていたのが⑪久保だった。左サイドから積極的にドリブルで仕掛け、シュートを放ったと思えば、中央にも入ってクロスに合わせるプレーも見せる。スタートポジションに留まることなく、得点の匂いを常に感じさせていた。

前半31分にはボックス内左で徳島北④中道央樹との1対1を制すると、④中道がたまらずファールを犯しPKを獲得。「相手の前の嫌なところにスピードを持って入っていく」というプレーが自身最大の武器と語っていたが、見事にそこからチャンスを生み出した。しかし、2点差をつけられる最大の決定機となったPKを失敗。「会場が静まり返ったのですごく緊張してしまった」と本人は振り返る。

相手の戦意を削ぐ好機を逃してしまったことは非常に痛かったが、逆にこれによってエンジンが入った。前述したように縦横無尽にゴールの近くを動き回り、ネットを揺らしたい強い思いを全身で体現。なかなか報われなかったものの、終盤である後半36分に⑨藤光翔のシュートのこぼれ球を豪快にたたき込んだ。

「ゴールを決めたときはやっと取れた、という気持ちと、遅くて申し訳ない気持ちの両方がありました」

結果的に彼のゴールはこれのみで終わり、たしかにシュート本数やチャンスの数の考えると物足りないのは確かである。「全体的に見てプレーはかなりひどかったので、全然満足はしていない」本人がこういうのも納得だ。しかし、その貪欲さと技術は試合を通じて非常に際立っていたのも事実。勝利を収めながらも自身の心に残った悔しさや不満を、次の戦いにはぶつけてくるだろう。対戦相手の滝川第二にとって、彼は注意すべき存在だ。

監督・選手コメント
帝京大可児
堀部直樹監督
前半しっかり決めるところを決めていればもっと違う展開でもあったかなと思いますし、浮かれているわけではないですけど、決められなかったことは注意して、次はしっかり決めたい。芝で練習はしていたのですけど、舞い上がったところもあるだろうし、踏み込めなかったところや当たりすぎてしまったところで硬さはあった。いつもと違う環境を乗り越えられなかった前半から、後半はちょっとよくなっていったという感じです。

⑥本田訓大
自分たちの良さは最初から出せたかなと思います。(バーやポストに嫌われたが
)少し不運なところもあったんですけど、前半に0-1で折り返すのか0-3で折り返すのかで相手の気持の部分も違う。守備陣とは前が取れない分集中してやろうということは話していました。少し、初戦の硬さがありましたし、芝の具合もあったのかなと。それは前の選手にはあったのかなと思います。ただ、自分たちの良さを出して戦っていくという思いはあるので、(滝川第二は)いい選手ばかりいるので、集中して戦いたいです。7番の選手はキープレーヤーじゃないかなと思いますし、10番の選手もうまいと思いました。

徳島北
佐藤城介監督
バタバタしてしまった。できるだけ失点をしない時間帯を長く作りたかったので、もうちょっと自分たちとしても不用意なミスだったので、残念でした。前半はPKを外してくれたりとか、ピンチがあってもしぶとく失点をせずにという時間帯が作れていたので、プランとしては失点を防いで先制点をと。ボール奪うときに帝京大可児の選手に逆を突かれたのと、ボールを奪った後に処理にもたついて失ってしまうということもあった。そこを素早く逆サイドに抜けていくという話もした。ただ、ばたばたしてスペースも時間もないところで攻撃を仕掛けてしまったなと。

④中道央樹
(失点時は)自分の技術、ミスキックだったので、非常に情けないです。ただ、してしまったミスからは切り替えて。これ以上失点をしないようにと考えて臨んでいました。相手のプレッシャーが速いので、1人1人のボールを持つ時間を短くして素早く回していって、最後は思い切りよくいこうとは話していました。

img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ