第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 滝川第二-実践学園

2018年01月01日

竹中玲央奈(フリーライター)取材・文
藤井隆弘 写真

17年12月31日(日)12:05キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客5,071人/試合時間80分
滝川第二
2 2-0
0-0
0
実践学園
稲田丈太郎(前半12分)
福嶋一輝(前半18分)
得点者  

3バック同士で対峙した両チームの戦いは、立ち上がりから球際での戦いに強度が見られた。そこで上回ったのが滝川第二。前からのプレスがはまればセカンドボールの回収でも優勢となり、敵陣に圧力をかけ続ける。そして前半12分に⑨稲田丈太郎のミドルシュートが決まると、18分にはDFラインの裏に抜け出した㉕福嶋一輝が冷静に1対1を沈め2−0とする。後半も高い守備意識をもって実践学園に大きなチャンスを与えず、無失点のまま勝利を収めた。

ボールへの執着心で上回った滝川第二
前半の2ゴールで勝負を決める

「こちらとしては0-0で行きたかったので……。最初の15分、20分での2点が勝負の分かれ目だった」

実践学園・深町公一監督は試合をこう振り返ったが、それは誰の目にも明らかだった。序盤から1対1でのボールの奪い合い、いわゆる“デュエル“が目立つ展開となった中、滝川第二はピッチ上の選手全員が厳しさと激しさを持って実践学園に対応する。特にその中で際立ったのが前向きのボールを奪うという意識だ。相手DFラインや中盤の選手に対して積極果敢にプレスをかけ、幾度もミスを誘っていた。そして、イーブンとなったボールに対しても我先にとボールを拾い、2次攻撃につなげる。防戦一方、とまでは言わないものの、実践学園にとっては苦しい時間帯が続いた。

完全にゲームを掌握した滝川第二は前半12分に右サイドからのスローインから中央にこぼれたボールを主将である⑨稲田丈太郎が左足一閃。ドライブがかかったボールは見事にネットに吸い込まれた。このゴールも、ミドルゾーンにこぼれたボールをいち早く取りに行こうとする意識の高さゆえに生まれたものである。そしてその6分後には⑤上手直人のフィードに抜け出した㉕福嶋一輝が冷静にGKとの1対1を沈めて追加点を記録し、ほぼチャンスを作ることができていなかった実践学園にとって大きなダメージを浴びせ、結果的にこの20分までに奪った2得点によって滝川第二は勝利を収めた。

攻守におけるボールに対する執着心とゴールへダイレクトに向かう姿勢で、滝川第二が実践学園を圧倒したといえるだろう。しかし、松岡徹監督曰く、これはチームの主たる形ではないのだと言う。

「今年のチームはハードワークとか守備がすごいというのではない。ただ、1つ言えるのはキャプテンの⑨稲田。自分が言わなくても彼が中心に選手たちをひっぱる。それが今日の結果につながったのだと思う」

自然と激しさを持ってプレーできるチームは強い。主将を中心に1つにまとまり、序盤から勢いを持って相手陣内に押し込めることができる滝川第二の“勢い”には要注目だ。

監督・選手コメント
滝川第二
松岡徹監督
立ち上がり15分で点を取ろうと。去年の経験もあった中での今日かなと。良い入り方ができたというふうに思います。昨年の経験のある選手がたくさんいたので、1点目の⑨稲田もそうですけど、そこがプラスに働いたのかなと。

㉕福嶋一輝
思ったよりも相手のDFラインが低くて、裏が取れるかな?と思ったんですけど、10分くらいたったら上ってきたので、裏が取りやすくなった。そこが点につながったのかなと思います。やっぱり、試合に出るからにはメンバーに入っていない選手、仲良い選手もいるのですけど、そういう人たちの思いも背負わなければいけない。メンバーに入ってベンチ外という選手も悔しい思いをしていると思うので、そういう選手のためにもしっかり戦わないなといけないと思っていました。

実践学園
深町公一監督
15分、20分で耐えることができなかったのが今日の敗因かなと。②尾前祥奈を中盤に上げてちょっと落ち着いたのですけど、いつもどおりのDFラインで行きたかったものですから、⑬人見隼斗を急遽ボランチで上げて競り合い要因として入れていたのですけど、そこでちょっと勝ちきれなかったかなと。15分、20分耐えられれば勝機があったのかなと思います。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ