第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 仙台育英-高松商業

2018年01月01日

川原宏樹(本誌)取材・文

17年12月31日(日)14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/5,084人/試合時間80分
仙台育英
3 2-0
1-2
2
高松商業
佐藤一輝(前半5分)
佐藤一輝(前半40+1分)
佐藤一輝(後半40+3分)
得点者 中野瑛登(後半11分)
横内和眞(後半18分)

仙台育英と高松商業の対戦は、両者が持ち味を出した激しい一戦となった。前半に得意とするセットプレーからゴールネットを揺らし仙台育英が2点をリードして、試合を折り返す。ハーフタイムに修正してきた高松商業が後半は試合のペースをつかみ、同点に追いついた。両者がPK方式による決着を覚悟した後半のアディショナルタイムに、FKから⑨佐藤一輝がこの日3点目となるゴールを挙げて、仙台育英が劇的な勝利を収め2回戦へ駒を進めた。

決定力がスコアの差
PK方式も覚悟した終盤に力を発揮

シュート総数は12本と6本で仙台育英のほうが多いが、決定機は高松商業のほうが多かった。試合序盤の浮き足立っているところをセットプレーから先制された高松商業だが、その直後の前半6分と9分に、GKと1対1になるチャンスを立て続けに作っている。後半も2得点のほかに、サイドバックの裏のスペースを狡猾に狙い、決定機を作り上げていた。6本のシュートのほとんどがゴールに入っていてもおかしくはなかった。一方の仙台育英はミドルシュートなど確率の低いシュートでゴールに迫っていた印象だ。

しかし、仙台育英はセットプレーに自信があり、遠い距離からでもゴール前に放り込み、決定機を作り上げた。数少ないセットプレーのチャンスから3得点を決めた勝負強さは見事と言わざるをえない。結果的に、その決定力の差がスコアの差となって表れたゲームだった。

ラストチャンスとなったFKから勝ち越し弾を挙げた仙台育英の⑨佐藤一輝は、「練習からやっていた形」と試合後に語った。「途中出場した⑬結城陽向と練習のときからやっていました。自分のマークの前に(彼を)置いて壁を作って、相手が前に出られないようにして背後に回り込んで決めるという形で、練習からやっていた形ができてよかったと思います」と狙っていたスクリーンプレーを土壇場で出し切れたのは、練習の賜物としか表現しようもないほど見事に決まった。緊迫した場面で練習どおりにできた秘けつとして「サッカーを楽しむ」心を忘れずにプレーしているからだと、⑨佐藤一輝は胸を張って答えた。

監督・選手コメント
仙台育英
城福敬監督
後半に相手が速い攻撃をしてくるというのは、ある程度予想の範囲内でした。受け身になって後半が始まってしまうことは覚悟していました。それ以上に点を取るという欲張ったことよりも、正確にプレーをしようとしました。そこから相手のスキを突くはずが、単純なバックパスのミスから点を取られて、一気に流れが相手にいったと思います。2点のリードというのは、ああいうひとつのプレーで一気に同点にされる。下手をすれば逆転まで持っていかれるところで、それはいい経験をさせてもらいました。PKのことまで考えて5人全員を交代させましたが、最後のセットプレーで点が取れたのはラッキーだったと思います。ただ、セットプレーがこういうゲームでは得点できるできないを分けるということを彼らも理解をしています。最後のセットプレーで点を取ったというのは、彼らの集中力は大したものだと思いました。PKになっていたら、あの流れから相手に分があったんではないかと思います。

⑨佐藤一輝
1失点目に自分が絡んでしまったところがあって、自分でちゃんと借りを返さなければならないという思いがあって、その借りを返せてよかったです。
最初からハットトリックを狙っていました。いろいろな注目選手がいる中で、そういう選手に負けないように自分も点を取れば自然と注目されるんじゃないかと思い、できるだけ多く点を取れればと考えていました。
(青森山田の)郷家友太という選手が一番注目されていると思うんですけど、中学生のときにベガルタ仙台ジュニアユースで一緒で、そのときからライバルだと思ってきたので、すごく悔しくて郷家には勝ちたいなというのがあって、そこから注目されたいと思うようになりました。大学に行ってもプロという道に進めるように、この大会でプロクラブの方々に目をつけてもらえればプロに近づくと思うので活躍していきたい。
相手の目線を見て、相手がどこを意識しているかを常に確認しています。そこから、どのタイミングで入っていくかはプロ選手の動きを見て学んでいます。特に見ているのは大迫勇也選手であったり、岡崎慎司選手だったりです。岡崎選手が相手の背後から回ったりするタイミングがうまくて、試合前に映像を見てイメージを作ったり、練習でもマネしたりしています。

高松商
川原寅之亮監督
追いついたところまでは高松商のサッカーを出せたと思います。
(前半は)単純に相手に対しての準備ができていなかったので、いい準備をするために顔を振ったり見たりということをもう一度徹底するように言いました。
本当はもう少し落ち着いてできるはずだったんですけど、そこがこの選手権の難しさというか、経験のない選手たちがうまくいかなったひとつの原因ですね。
相手の試合中のプレーを見ながら交代したんですけど、それがうまく機能したというのはよかった点ですね。
仙台育英もパワフルでやることがはっきりしているので、前半を簡単にやられすぎたというのが一番後悔していますね。
蹴り合いにならないように、後半の時間帯のようなサッカーをしたかったんですけど、仙台育英のパワーやスピードなんかに浮き足立ってしまいました。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ