第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 日本文理-立正大淞南

2018年01月01日

上岡真里江(フリーライター)取材・文
木鋪虎雄 写真

17年12月31日(土)14:10キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/観客 2500人/試合時間80分
日本文理
2 1-0
1-0
0
立正大淞南
久住玲以(前半14分)
久住玲以(後半26分)
得点者  

球際の激しい、アグレッシブな攻防戦を制したのは日本文理だった。前半14分、PKを蹴った⑩久住玲以が、一度は相手GKに止められたが、そのこぼれ球を再び自らの足で押し込み、先制した。1−0のまま後半を迎えると、立正大淞南は後半の頭から⑪衣川絢誠を投入。すると、早々から主導権を握り、チャンスを作ると、果敢にシュートを狙っていく。しかし、後半26分、日本文理は⑧古木雄大のクロスに⑩久住が頭で合わせて突き放したことで、精神的にも楽に。最後まで優勢に試合を進め、初出場初勝利を飾った。

威圧感抜群の長身GKが
大会初出場初勝利へ導く

インターハイ、選手権と連続して初出場を果たしたことが証明しているとおり、日本文理は飛躍の一年を過ごしている。それは、決して“たまたま”ではなく、「1年生のころから、自分の力でポジションを勝ち取り、上の学年との試合に出て活躍していた子が多い。入学当初から個性があって、着々と力をつけてきた結果」だと、駒沢隆一監督は要因を明かす。

その中で、急成長を遂げているのが、㉕GK相澤ピーターコアミだ。190センチの長身で、ゴール前の威圧感は圧倒的。だが、実は、GKを本格的に始めたのは2017年の1月からだというのだから驚きだ。

中学時、東京・青梅のチームでフィールド選手としてプレーしていたところ、現チームの中村和哉コーチから、「GKのほうが向いていると思う」と勧められ、GK練習にも参加。だが、同コーチが1年でチームを去ると、中3時には再びフィールド選手に専念した。そして、高校を選ぶ際も、恩師がコーチを務める新潟県の日本文理を選んだが、その際も、GKではなく、あくまでもフィールドプレーヤーとして入学した。

ここまで頑なにフィールド選手にこだわったのは、「自分はすごく頑固なので、フィールドとしてのプレーを見る前に、父からもコーチからも『GKをやれ』と決められるのが、すごく嫌だったから」だと明かす。そして、高校1年間フィールド選手として勝負した上で、今度は自らGKへの転向を決意すると、メキメキと頭角を現し、あっという間に正GKの座を勝ち取ったのだった。「もちろん、まだまだやらなければいけないことがたくさんあるけれど、持っているものは素晴らしいし、本当によく頑張っていると思います。この先が楽しみ」と、中村コーチも目を細める。

全国選手権大会という初の大舞台でも、チームを救った。後半、徐々に立正大淞南にリズムが出て、シュートチャンスも増えてくると、同34分には、②松井聡太のクロスに⑨檜垣和志が合わせ、至近距離から強烈なシュートを放ったが、見事に反応し、ビッグセーブ。最大のピンチを防げたことが、最終的に無失点勝利という最高の結果につながった。

もう迷いはなくなった。だからこそ、見えてきたものがたくさんある。「中学生のころは、中途半端に(GKを)やっていたので、初めて本格的にやってみると、とても奥が深くて面白い。自分がFWをやっているときは、ボールを持つことは何でもないことだったのが、GKになって、ボールを持つことの怖さを感じたり、出るタイミングなど、難しいことが多くて、それが、とても面白いんです」。目指すのは、「ミスの少ない、後ろからチームみんなを安心させられる」守護神。「僕にずっとGKをやってほしいと言っていた父に、全国の舞台でGKとしてプレーしている姿が見せられることが本当にうれしい」。190センチという、GKにとっては恵まれた体と高いポテンシャルを授けてくれた両親への感謝を胸に、これからもゴールを死守し続ける。

(監督・選手コメント)
日本文理
駒沢隆一監督
ホッとしています。やるからには勝ちたかったですし、勝利を目指していましたが、選手権は特別。何が起こるかわからない舞台なので、2点リードはしていましたが、ホイッスルが鳴るまでではヒヤヒヤしていて、心理状態は決していいものではなかったです。
おそらく、ハイプレスを目指す両チームの展開が、試合開始と同時に来るだろうと、お互いに思っていたと思います。そこで気おくれをすることがないように、「立ち上がりの1プレーを、チームとしてとにかく気持ちを入れていこう」「今までの思いを全部背負っていこう」と話し、まず相手に「速い」「痛い」などと思わせる流れを作ろうというのが狙いでした。その部分はできたと思います。 
新潟の子、雪国の子というと、我慢強かったりが特徴だと捉えていただくことが多いのですが、うちの子たちは、戦いを好むタイプの子が多くて、1年生のときから3年生の試合に出て活躍していた子たちが多い。相手がどこだろうが、本当に「何くそ!」という強い気持ちで向かっていける精神が、入学当初からありました。ただ、どうしても前の子のほうが目立って、「文理の攻撃」みたいなことをよく言われれるのですが、実は、うちは守備のチームです。ボールのある場所、ある場所で必ず誰かがチャレンジする。行けなかったら次の人間が行く。そして、ボールを持ったら、どんどんその人間を追い越して前に行こうと。守るための守備ではなくて、攻撃をするためにボールを奪いましょうという考え方が、今の結果につながっていると思っています。

⑩久住玲以選手
自分にはゴールもあると見せられて良かったです。僕は、ヘディングでゴールがあまりなくて、ヘディングの練習をしていたので、結果が今日出て良かったです。⑧(古木)雄大が、あそこに走ったら絶対に出してくれると信じていたので、本当にいいところに出してくれました。
周りからは「新潟は弱い」と言われるので、次、しっかりと勝って、イメージを、良い意味で裏切れたらいいと思います。

立正大淞南
南健司監督
(前半11分のGKとの接触シーンで)⑤竹中響哉がケガでいなくなったことが非常に痛かったなと思っています。ただ、後半、多少自分たちの持ち味は出せたのですが、1本が出なかったのは残念でした。
日本文理さんは、1人1人のフィジカルが強かったのと、うちが押し込んだ後のクリアの質が高かったという印象です。昨今の、「つなぐのが良い(サッカー)」とされているところと、割り切らなければいけないというのを兼ね備えている、とても良いチームだと思います。
去年1回戦で負けて、今年も負けて、その前の年は出られなかったので、若干遠ざかった感はある。また頑張りたいと思います。

⑰松下昇太選手
ただ強いだけではダメで、勝ち上がるチームには、何か勝ち上がれるものを持っていると感じます。それが、今年の僕らには足りなかった。来年からは、大会に勝ち上がるための何かを身につけて、リベンジしてほしいなと思います。
正直、もっと上を目指していましたし、実際、力的には上に行けるチームだと思うので、悔しいです。自分たちの良さが出せた時間帯もありましたが、80分間通して出せたかと言われたら、出せなかった。そこは、みんな悔しいと思います。

img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ