第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第96回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 東福岡-尚志

2018年01月01日

森田将義(フリーライター)取材・文
高橋学 写真

17年12月31日(日)14:10キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/5,084人/試合時間80分
東福岡
3 1-0
2-0
0
尚志
沖野直哉(前半33分)
福田湧矢(後半34分)
木橋朋暉(後半40+4分)
得点者  

「インターハイとは比べ物にならないくらい緊張した」と⑪木橋朋暉が話したように前半は硬さが見られた東福岡が苦戦。尚志の⑩加野赳瑠の飛び出しや、⑤沼田皇海の左足キックによるセットプレーに何度も肝を冷やしたが、前半33分に⑪木橋朋暉のパスから⑬沖野直哉が先制点を奪った。後半24分に㉓福田翔生が入ってからは、攻撃が活性化。後半34分には、⑩福田湧矢が自ら奪ったPKを決めて、リードを2点差にすると、終了間際には⑪木橋が直接FKをたたき込み、3-0で東福岡が勝利した。

東福岡の花形ポジションを務める
左足が魅力のサイドアタッカー

3度の選手権優勝を誇る東福岡の代名詞と言えば、切れ味鋭いサイドアタック。破壊力抜群の左足を誇った古賀誠史氏(元・横浜FM)や増山朝陽(現・横浜FC)など、その年代のトップクラスの実力者が務めてきた。

東福岡の花形とも言えるポジションを今年、託されたのは⑪木橋朋暉。「どうすれば良いところに蹴れるか、小さいころから考えながらやってきた」という高精度の左足キックと滑らかなドリブル突破を備えたサイドアタッカーだ。

昨年は、大会の登録メンバー入りを果たしながら、試合には出られなかったため、今年にかける想いは強い。「2年連続、同じ場所で負けたくない」と口にしたように、昨年の東海大仰星高に準々決勝で負けた際の会場が等々力だったことも、彼の闘志に火をつけた。

尚志の戦いは、12月半ばに行われたプレミアリーグ参入戦でチェック済み。徳島ユースにサイドからのクロスで2点を許していたのは当然、東福岡も把握していたはずで、この日は⑪木橋がいる左サイドからの攻撃に比重を置いた。試合前は、「クロスではなく、シュートを意識していた」が、尚志も⑪木橋が東福岡のストロングポイントであることは把握済み。中央をうまく封じられたため、思いどおりのプレーができなかったという。

それでも、前半33分に、ペナルティーエリア左でボールを受けると、滑らかな切り返しでマークを2人かわし、ゴール前にパスを配球。反対サイドから走り込んだ⑬沖野直哉がダイレクトで合わせて、先制点をお膳立て。「自分たちの理想どおりにいった得点」と森重潤也監督が称える形で、チームに勢いをもたらした。

2点リードで迎えた試合終了間際の後半40+4分には、右CK付近でFKを獲得すると、「ファールをもらったときから積極的に狙ってやろうと思っていた」との言葉どおり、冷静に振りぬいた左足シュートをゴール右隅にたたき込んだ。「これで彼も自信が持てる。今後につながる1点」と森重監督が口にしたように、この日の活躍は選手権での活躍に弾みがつくはずだ。

「出られなかった3年生やスタンドにいるみんなのためにも絶対に勝とうと思っていた。選手権に行く前に出られないメンバーから、『絶対にやってくれよ。頑張ってくれよ』と言われたので、勝てて良かった」と胸をなで下ろしたように、負けられない理由がある。魅力的かつ驚異的な左足は、2回戦以降も相手にとって脅威になるはずだ。

監督・選手コメント
東福岡
森重潤也監督
とても完勝とは言えませんが、初戦を突破できたことに関しては良かったと思います。尚志も力があるチームなので、そんな簡単に点が入るとも思っていなかった。反対に点を入れさせないようにしている中で、球際やスピードで負けている感じはしました。ただ、前半の戦いが悪かったわけではなく、前半を1-0で終われたのは良かった。チームとしてはまだまだ。ここまで来たからには、大会の1試合1試合を通じて、成長していくしかない。選手も今日のゲームでは満足していないでしょうし、僕自身もまだまだ力があると思っているので、明日の1日で修正して、次の2回戦に備えたいです。

尚志
仲村浩二監督
チャンスを決められるかどうかが勝敗につながった。もし、うちが先に取れていれば引いて守るプランもあったけど、決められなかった。そこが東福岡さんとうちとの違いだと思います。

⑥石井龍平
相手は前半足が止まっていたので、スルーパスが出せたり、ドリブルもできたのですが、相手が修正してきた後半は、近くに必ず敵がいて自分たちのサッカーができませんでした。自分自身も、相手の寄せが速くて、あまりボールを触れなかったことが悔まれます。また、相手FWのおさまりがよく、サイドへの展開や、2列目へのポストプレーなど攻撃が自由自在で、なかなか止めることができませんでした。ずっと東福岡の対策をしてきたのですが、想定していたよりもはるかにレベルが高かったです。

img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ