第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第95回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 前橋育英-明徳義塾

2016年12月31日

平野貴也(フリーライター)取材・文
加藤正昭 写真

16年12月31日(土)14:10キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/観客10,016人/試合時間80分
前橋育英
3 1-0
2-0
0
明徳義塾
⑩飯島陸(前半39分)
⑱馬場拓哉(後半13分)
⑱馬場拓哉(後半18分)
得点者  

互角の展開だった前半終了間際、前橋育英は積極的に抜け出しを図っていた⑩飯島陸が裏へ出て、一度は止められたが自ら押し込んで先制。後半、明徳義塾は⑨竹内優太が起点となり、㉕大田陸のスピードを生かして反撃。しかし、前橋育英が投入した⑱馬場拓哉に勝負を決められてしまった。馬場は後半13分に抜け出しからループシュートで追加点を奪うと、5分後にも右サイドから⑩飯島が入れたアーリークロスで抜け出し、ダメ押しの3点目を奪った。

帰ってきた長身ストライカー
交代で2得点も監督は「もっとできる」

帰って来た長身スーパーサブが勝負を決めた。「お前は、この会場、得意だろう? 決めて来いよ」とチームメートに送り出されて2得点を挙げたのは、前橋育英FW⑱馬場拓哉だった。前回大会では、同じ会場で通算2得点。初戦で大津高校(熊本)を相手にアディショナルタイムの決勝弾をたたき込み、3回戦の帝京第三高校(山梨)戦でもゴールを挙げた。いずれもフクダ電子アリーナでの試合だった。
180センチを超える長身ストライカーは、3年生になった今季、主力として輝くはずだった。しかし、山田耕介監督が「やっと間に合った」と話したように、⑱馬場は公式戦にほとんど出られなかった。夏前にヘルニアで腰を痛め、インターハイは出場しないままにチームが県予選の1回戦で敗退。選手権予選も体調不良で参戦できなかった。最後の舞台に間に合い、スーパーサブとして2得点。⑱馬場は「速さはないし、ポストプレーもうまくない。でも、ずっとFWをやって来ているので、ゴール前の迫力とか点を取ることが自分の武器」と話す。まだ本調子ではないため先発には復帰していないが、得点力のある⑱馬場の戦列復帰により、前橋育英は、前線に貴重な駒が増えた形になっている。
6月から9月までは、ボールを蹴ることも、トップチームの練習に参加することもできなかった。不在の間にチームが良い結果を出したときは焦ったが、刺激を受ける部分もあった。負けてはいられない。リハビリ期間は、憧れのルイス・スアレスらFWだけでなく、ほかのポジションの選手の映像も見てイメージを膨らませた。スアレスを見て気づいたのは、相手の動きを見て確かめておくこと。この日も試合前はスアレスの映像を見ていた。自身の1点目は、前に出た相手GKの背後を突くループシュート。「冷静に相手を見てループというアイデアが生まれたのは、映像のおかげかもしれない」と笑顔を見せた。苦しんで来た1年の最後は、自分の力で勝ち上がる。年明け1月2日の2回戦は、インターハイ王者の市立船橋と対戦する。決戦の場は、馬場が得意とするフクダ電子アリーナだ。

④監督・選手コメント(※各人要点をまとめた短めのものでOKです)
前橋育英
山田耕介監督
立ち上がりは明徳義塾さんがロング、ミドルの縦パスを入れてきたので、跳ね返してセカンドボールを拾った。しのげば、ポゼッションでこっちのペースになるはずだと選手には話していた。⑱馬場は6月くらいから腰を痛めていて、やっと間に合った。まだ、7~8割の出来。もっとできる。

㉔人見大地
チームで点が取れて良かった。相手のCBはフィジカルが強かった。馬場とは下級生のころからポジション争いのライバル。互いに高め合ってきた。2トップで並ぶことがあったら、やってやろうという話をしていた。今日は(⑱馬場)拓哉が点を取ったので、次は自分が取れるように頑張りたい。

⑱馬場拓哉
リードしていたけど、1点では苦しかったので、2、3点目を取ることが自分の役割だった。しっかりと果たせて良かった。1点差と2点差は違うし、そこから3点差もまたメンタルへの影響が違う。息の根を止めると言うと言い過ぎかもしれないけど、そういう感じで点が取れて良かった。

img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ