第95回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

PUMA

第95回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 徳島市立-帝京長岡

2016年12月31日

河合拓(フリーライター)取材・文・写真

16年12月31日(土)14:10キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/観客3,312人/試合時間80分
徳島市立
1 0-0
2-0
PK
5-4
1
帝京長岡
⑨郡絋平(後半6分) 得点者 ⑭陶山勇磨(後半4分)

前半をスコアレスで折り返した試合は、後半の開始早々に動く。後半4分、前半は劣勢を強いられていた帝京長岡は、左サイドから徳島市立を崩すと、⑯荒井太樹の折り返しを⑭陶山勇磨がゴールに決めて先制する。しかし、その2分後には徳島市立が反撃を見せて、⑨郡絋平が同点ゴールを決める。その後も徳島市立はチャンスの数で上回るが追加点は挙げられず、勝敗はPK戦で決められることに。帝京長岡は2人目のキッカーを務めた④齋藤日向が失敗したのに対し、徳島市立は5人全員が決めて、2回戦に駒を進めている。

2年前と同一カードは、再びPK戦に
郡絋平が兄の雪辱を晴らす決勝PK弾を決める

3年ぶりに選手権の舞台に戻ってきた徳島市立。奇しくも3年前の1回戦で対戦したのは、この試合の相手でもある帝京長岡だった。3年前、当時中学3年生だった⑨郡絋平は、その試合をスタンドで見ていた。徳島市立の中盤には、兄の捷太がいたのだ。その試合は1-1の同点のまま、PK戦にもつれる。徳島市立の最初のキッカーは兄が務めたが、シュートを決めることはできなかった。その後、チームは逆転でPKを制したが、スタンドで見ていた絋平は「複雑な気持ちだった」と、振り返る。

そして3年後、高校3年となった⑨郡は、兄と同様に選手権に出場して、1回戦で帝京長岡と対戦した。先制点を許す苦しい展開となったが、その2分後には左足でゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。そして1-1のまま後半は終了し、勝敗は再びPK戦によって決することとなった。

先攻の帝京長岡は5人が蹴り、1人が失敗。後攻の市立徳島は4人全員が成功して、⑨郡がPKスポットに向かった。3年前に兄のPK失敗を見ていたが「悪いイメージはなかった」という。「みんなで戦って、ここまで支えられてきました。僕ができる恩返しは、チームを勝たせること。5人目のキッカーは、きっちり仕事を果たさないといけないと思っていました」。普段は兄と同じ1人目を務めることが多かったというが、この試合では5番手を任された。「もらったって感じでしたね」と言う郡は、勝利を決めるヒーローになる気しかなかった。

右足を振り抜き、ボールがゴールネットを揺らすのを確認した⑨郡は、真っすぐにスタンドに向かって走って行った。「兄ちゃんは悔しい思いをしたと思うので、自分は決められて良かったです。今日は兄ちゃんも試合を見に来てくれていたので。兄ちゃんの代で勝っていたから、負けられなかった」と、チームを勝利に導いた一撃を振り返り、目を細めた。

初戦で同点ゴールを決め、PK戦ではチームを勝利に導くとともに、兄の雪辱を晴らすシュートを決めた⑨郡。2回戦の聖和学園戦では、3回戦を前に涙をのんだ兄の世代越えを目指す。最高のスタートを切った郡は「最近は、なかなか3回戦に進めていません。自分たちの最後の大会になるし、後悔のように良い結果を出したいと思います」と、意気込みを語った。

④監督・選手コメント
徳島市立
河野博幸監督
試合内容的にも、ちょっと押していた部分があったので、とりあえずPKでも勝てて良かったなと思います。初戦は難しく、相手もだいぶ硬かったと思います。うちはそれなりにやっていたとは思いますが、ちょっとした局面でミスもあったので、初戦はやっぱり難しいなと。PK戦は、普段はあまりやらないのですが、2日前に練習をしたときに外さなかった子を並べただけです。外す子は、GKのあとに蹴る予定でした。聖和戦は押し込まれると思いますが、うちにもチャンスはあると思います。

⑨郡絋平
シュートがポストに当たる場面もありましたが、ああいうところを決めきっていたら、もっとラクに試合を運べたかなと思います。先制されて、明らかにチームメイトも落ち込んでいたというか、マイナスな感じになっていましたが、そこで自分が仕事(点を取ること)ができて勢いづけられたのかなと。昨年、決め切れなくて悔しい思いをしているし、今年1年間、ゴールという結果にこだわってやってきたので、次からもっとゴールを決めてチームに貢献したいです。

帝京長岡
古沢徹監督
この敗戦は、コーチングスタッフの責任ですね。選手はあれだけ一生懸命、頑張ってくれました。勝たせられなかったのは100パーセント、私を含めて、スタッフの責任だと思っています。県大会の決勝からメンバーが変わりましたが、ずっと試合に出ていた選手が体調不良でゲームができる状況ではありませんでした。でも、負傷や体調不良は想定している中で、現段階のベストメンバーで挑んだ結果です。純粋に力負けです。

①深谷圭佑
試合の立ち上がりから攻められていましたが、その中でも自分たちが無失点で防げば、攻撃陣は1試合で1点は取ってくれると思っていました。攻撃陣は1点、取ってくれたのですが、マークの受け渡しだったり、細かなところが、自分のコーチングが足りないこともあって、チーム全体に行き届かずに失点してしまいました。PKもそうですが、自分が止めていれば勝てたので……。本当にフィールドプレーヤーは頑張ってくれたと思います。

⑥安井嶺芽
自分は何もできなくて、不甲斐ない結果で終わってしまいました。ボールを奪うところはできていた部分もあったかもしれませんが、ボールを散らすという役割もあるので。自分たちがボールを持ったときに、全くボールを受けられなくて……。そこの部分では、まったく何もできなくてダメでした。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ