第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
3回戦 富山第一-矢板中央

2016年01月03日

篠幸彦 取材・文

16年1月3日(日)12:05キックオフ/神奈川県・ニッパツ三ツ沢球技場/試合時間80分
富山第一
2 0-1
2-0
1
矢板中央
賀田凌(後半10分)
柴田丈一朗(後半40+2分)
得点者 真下瑞都(前半15分)

前半の立ち上がり、矢板中央が1、2回戦で見せたロングボール主体のパワフルなサッカーで、富山第一に襲いかかる。やや押しこまれる展開が続いた前半15分、矢板中央がCKからDF⑤真下瑞都がヘディングで合わせて先制。

富山第一はシステムを4−3−3に変更。前線からプレスをかけると流れは富山第一に傾き、後半10分にセットプレーから同点。そして、後半アディショナルタイムにFW⑪柴田丈一朗が決勝点を決め、富山第一が逆転でベスト8に進出した。

臨機応変な対応力が功を奏し
劇的逆転弾で富山第一がベスト8進出!

2回戦、先制点を柔軟なシステム変更で守りきって勝利すると、試合後に大塚一朗監督は「うちは力がないので、先に点を取って逃げきるのが戦い方」と語った。この試合でも先行逃げ切りを狙ったが、前半15分という早い時間帯に失点。しかも「試合前に注意しようと話していた」(富山第一⑩早川雄貴)セットプレーから失点を許してしまった。

「先制されてちょっと焦った」(富山第一⑪柴田丈一郎)と、大舞台で自分たちの狙いが早々に崩れたことでチーム全体が浮き足立ってしまう可能性もあった。ただ、ここからこのチームの臨機応変な対応力が光る。

「ロングボールに苦しんだので、DFにプレッシャーをかけるようにシステムを変えた」(大塚監督)と、矢板中央DFのボールの出どころを抑えるために、前線を3トップに変更。「先制されたときは前からプレッシャーをかけて勢いをもっていくのも自分たちの形」(⑪柴田)と、プランAが崩れてもすぐさまプランBに切り替えることで、チームを素早く立て直した。

さらに「システムを4−1−4−1にしてサイドへプレッシャーをかけやすくなった」(富山第一⑧賀田凌)と、矢板中央の自由を次々に奪っていった。

ハーフタイムに「これを続けていけば必ず点が入る」(大塚監督)と選手たちを送りだすと、後半10分にセットプレーから同点に追いつく。そして後半アディショナルタイム。FW⑨坂本裕樹がカウンターで右サイド裏を抜けだすと、逆サイドからフリーで入って来た⑪柴田にクロスを入れる。⑪柴田は落ち着いて左足で合わせて逆転。「クロスは、中が薄くなっていたので、サイドを起点にFWが流れて、逆サイドの選手が中に入れと伝えていたのが最後の最後に出た」と、ハーフタイムに大塚監督の指示どおりの形で劇的な逆転ゴールが生まれた。

抜群の攻撃力を誇った2年前とは違う「臨機応変な対応力」で試合の流れを引き寄せ、富山第一がベスト8へ駒を進めた。

(コメント)
富山第一
大塚一朗監督
うれしくてしょうがない。優勝してから長いトンネルがあったので、悔しい思いもしてきましたし、選手たちも期待が大きい分だけ、負けたときの苦しみは大きかったと思う。そういうものを振り払ってくれる勝利だったと思います。本当に選手たちには感謝し切れないくらい感謝しています。

⑪柴田丈一郎
⑨(坂本)裕樹がクロスをあげる前に目が合っていたので来ると思っていたので、最後は合わせるだけだった。応援してくれている人たちにゴールで応えられてうれしかった。次も試合があるので、次もしっかりと練習したことを出して結果を残したい。

⑧賀田凌
同点ゴールは相手の頭に当たってボールが転がってきたので、とりあえず枠には入れようと思いきり打ったら良い感じで入ったのでよかった。相手は大きくて、競り勝てるとは思っていなかったのでセカンドボールを拾おうと意識していました。

⑩早川雄貴
最初に先制点を奪いにいこうとチームで話していて、でも相手に先制を取られてしまった。それでも焦らずにしっかりと対応できたのが勝利につながった。相手は⑪森本ヒマン選手中心に高さがあるので、カバーリングをしっかりしようと話していた。ハーフタイムに1点取れば流れはこっちに来ると監督がいっていたので、その言葉を信じて円陣でまず1点取ろうと自分たちでも入れ直した。それで逆転できたことはすごく大きいなものになった。

矢板中央
高橋健二監督
前半は自分たちのサッカーができたが、3試合目で後半は足が止まってしまった。本当に残念でした。相手は2試合目だったのでそのハンデはあった。何人か選手交代は考えていたが、相手がどんどん勢いが出てきて、選手交代をしてもあまり効果がなかった。将来性ある選手がいたので、勝たせてあげたかったけどここで終わってしまって非常に残念。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ