第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
3回戦 東福岡-市立船橋

2016年01月03日

平野貴也(フリーライター) 取材・文

16年1月3日(日)12:05キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/試合時間80分
東福岡
0 0-0
0-0
PK
4-3
0
市立船橋
  得点者  

立ち上がりこそ東福岡が優位に立ったが、市立船橋の堅守とカウンター気味の逆襲に苦しんだ。東福岡は得意のサイド攻撃を封じられる中、大型FW⑨餅山大輝にボールを集めて打開を図った。後半は、市立船橋がセットプレーからクロスバー直撃のヘディングシュートを放つなど攻勢。しかし、後半終了間際に⑩永藤歩がゴール前で大チャンスを迎えた場面は、空振り。両チーム無得点でPK戦決着となり、2本を止めた東福岡が、強豪対決を制した。

苦しみながらも相手に脅威を与えた
最前線のキーマンの存在

第94回全国高校サッカーの3回戦、全国高校総体決勝の再戦となったことで注目を浴びた一戦は、東福岡(福岡)がPK戦の末に市立船橋(千葉)を下した。

ポジションを取り戻した大型ストライカーの存在が、苦しい試合で効いていた。東福岡が先手を打つ形になった一戦だが、得意のサイド攻撃は、市立船橋に封じられていた。攻めあぐねるうちに市立船橋の好機が多くなり、東福岡としては苦しい展開を強いられた。しかし、最前線に陣取ったFW⑨餅山大輝が強烈な存在感を示して、相手守備陣に脅威を与え続けた。前半29分、相手の背後へ出した浮き球のパスを相手に競り勝ってシュートへ持ち込み、同36分にはクイックリスタートからMF⑩中村健人のロングパスで抜けだし、左足で対角へシュート。相手GKの好守に阻まれたが、一撃の怖さを見せつけたダイナミックな攻撃だった。

マッチアップした⑤白井達也は、市立船橋のディフェンスリーダー。空中戦、対人に強い選手だが、それでも対応に苦慮していた。市立船橋の朝岡隆蔵監督も「あの9番は、能力が高いから」と認めるところで、⑤白井とセンターバックを組んだ④杉岡大暉も「高校総体のときは前線で起点を作られることはなかったけど、あの9番には起点を作られてサイドを使われるところもあったし、嫌だった」と話すなど、堅守を誇る市立船橋を苦しめていた。

⑨餅山は、今季の始め、試合中に脳震とうを起こして離脱。チームメートの⑦毎熊晟矢にポジションを奪われた。以降は、夏の高校総体などを通じてスーパーサブとして起用が続いた。今大会も県予選は⑦毎熊が先発。しかし、県予選の準決勝で⑦毎熊が負傷したために、先発起用の機会が巡ってきた。初戦は動きに硬さが見られたが、2回戦ではハットトリック。「左足のシュートが決まって勢いに乗れた。今日もFKの場面で決めていれば、もっと行けたと思う。今日は点を取れなかったけど、勝つことができた。夏の悔しさが自分の中にあるし、先発で出させてもらっているので、結果が必要。今度は自分で決めて勝ちたい」と話したように、少しずつ自信と勢いを取り戻している。

市立船橋に試合のペースを完全に奪われないために、非常に重要な役割を果たした⑨餅山は、東福岡の夏冬2冠に向け、重要な役割を担う存在になりつつある。

(コメント)
東福岡
森重潤也監督
簡単なゲームだと思っていない。当然、市立船橋さんは強い。勝ちあがれたことにホッとしている。やられた部分もいくつもあった。この年代ではトップレベルの選手、チームだったなと思う。(夏の高校総体で勝ったことで)市立船橋さんの目標の中に、夏のタイトルを取られた分、取り返すというモチベーションができたという話も聞いていたし、相手は一人ひとりのレベルアップ、チームとしての完成度は夏よりも上がっていたと思う。

⑩中村健人
相手が強かった。どれだけプレスをかけられてもパスを回された。攻撃も多彩でロングパスを蹴られたり、細かくつながれたりした。何倍もうまくなっていたと感じた。ただ、その中でも守備で粘って、いくつかはカウンターやサイド攻撃を仕掛けられたと思う。

市立船橋
朝岡隆蔵監督
⑥椎橋を途中で(⑩永藤と)交代したのは、守備のスライドが小さく、奪い切るところも少し甘くなっていた。夏以降、コンディションが上がっていなかった。試合中にシュートブロックで足を痛めた場面もあった。この試合に関していえば、できることはすべてやった。今でも後悔はない。選手の起用に対する失望もない。失敗したなと思わない。ただ、残念というひと言。

⑥椎橋慧也
悔しい、だけ。結果がすべて。内容どうこうではなく、最後に勝ったチームは東福岡。自分たちがダメだっただけ。攻撃できても決めきれず、惜しいというだけで終わってしまった。後輩たちには課題を克服して、この場に戻って来てもらいたい。

⑩永藤歩
最後は、やって来いといわれて出場したけど、得点を取ることができなかった。最後は、あそこ(クロスを空振りした場面)で決めていれば勝っていたと思う。夏、日本一の手前で東福岡に負けて、自分は(負傷離脱で)見ていることしかできなかった。もう一度戦えることになって喜んでいたし、絶対に取ってやろうと思っていたので、負けてしまって悔しい。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ