第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 桐光学園-長崎南山

2016年01月03日

高橋学 取材・文・写真

16年1月2日(土)12:05キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/試合時間80分
桐光学園
3 0-0
3-0
0
長崎南山
小川航基(後半9分)
イサカ ゼイン(後半13分)
小川航基(後半31分))
得点者  

試合開始から桐光学園はスペースを使った攻撃でゴール前まで攻めこむが、決定的なチャンスで決めきれないまま無得点で前半を終える。

後半9分、右サイドから桐光学園⑩鳥海芳樹のクロスを中央で走りこんだ⑨小川航基が合わせて先制点奪う。

後半13分には桐光学園⑭安田光希の右CKから、ゴール前で⑦イサカ ゼインがヘディングシュートで2点目。そして31分、桐光学園⑦イサカ ゼインがゴール前で得たPKを、⑨小川がゴール左端に蹴りこみ3点目。

桐光学園のシュートは前半5本、後半6本に対して長崎南山は前後半合わせて0本だった。

img
img
img
img
img

(コメント)
桐光学園
鈴木勝大監督
自分たちのスタイルを追求している時間が少し長かった。あとはフィニッシュのところで少し自分たちのやり方ができなかった。そういう部分をハーフタイムに修正できたところはよかったと思っています。ハーフタイムに修正した部分は、攻めているときのリスクマネジメントとクロスに対しての入り方、この2つについての修正ポイントを彼らに強く要求しました。
先制点は練習どおり積み重ねてきたこと、それから追求していること。それが形となって表れたことは、我々にとって自信となりますし、彼らにとっても非常に大きな1点になったと思います。
交代選手枠、相手のよさやウイークポイントも含めた判断で、⑧西川公基を先発させました。その後に⑪桑原孝太郎で変化をつけたいと思っていました。
県予選でも(今日の試合のような)5バックとか、リトリートされているチームとの試合を重ねてきまして、初めてこういうチームとやらせていただくというわけではありませんでした。そういう意味ではシミュレーションが彼らの頭の中と体に染みついていたかなと思っています。
初戦ということを差し引いて、次のゲームのことを考えると、60パーセントくらいの出来だったかなと思っています。大量点を取ると次のゲームが少し不安定になる可能性もありますのでちょうどいいスコアですけど、もうちょっと80分の中でバランスよく取れたかなと思っています。
うちの推進している守備の部分と攻撃の部分が、今日のゲームよりパーセンテージを上げることが次のラウンドに進出できるカギになると思っています。

⑨小川航基
まだまだ点を決められる場面がたくさんあったので、全然満足はできないですね。先制点については、ハーフタイムにニアに走りこめということを強くいわれたので、そのイメージが残っていてグッと相手の前に入ったところで勝負があったかなと思っています。自分の形というものがあって、高さもあるのでファーで受けて胸トラップからのボレーという形、そこからヘディングでズドンという形もあります。それでファーに逃げるという形になりすぎていたしまっていたので、あの場面ではニアに走りこめたので良かったですね。
PKは⑦イサカ ゼインに譲ってもらいました。自分が点を取りたくてすごく飢えているということをゼインも知ってくれていて、譲ってくれたことに感謝しています。
前半に決めきれないというのは自分たちの課題なんですけど、0-0でも焦ることはないというのは今までの経験からチームで共有できていました。そこは大きかったなと思います。

長崎南山
村里英樹監督
パッと見て大学生のチームみたいでしたね。DFラインも大きくて、うちはCBに1人しか大きいのがいないものですから、CKとかセットプレーになったらどうしようと思っていました。戦ってみて桐光学園とはいろんな面でちょっとレベルが違ったなと感じました。しかし、よく粘ってうちの戦い方はできたかなと思っています。攻撃の能力というところでは力がなかったので、なんとかごまかしごまかしやったんですけど、うまくいかなかったというのが本音です。前半は予定どおりでした。後半も10分、15分までしのげば、ひょっとしたらチャンスがあるといっていました。ですが、やはり前半のボディーブローが段々と効いてきたような感じでした。
せっかくこういう舞台を経験させていただいたので、ぜひここに戻ってきたい。もっと粘り強い守備から攻撃を作れるようになって、勝ちきれるようにしたいですね。このチームは2年生が多いので鍛えて戻ってきたいと思います。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ