第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
2回戦 明徳義塾-正智深谷

2016年01月02日

森田将義 取材・文・写真

16年1月2日(土)12:05キックオフ/埼玉県・浦和駒場スタジアム/試合時間80分
明徳義塾
1 1-0
0-0
0
正智深谷
岡崎郁矢(前半10分) 得点者  

互いに序盤からリズムをつかめないまま試合が進む中、均衡が崩れたのは前半10分だった。センターサークル付近でボールを持った④舛田凱が大きく右へ展開。ペナルティーエリア右外で受けた⑭岡崎郁矢がトラップで相手DFをかわすと、左足で振りぬいた一撃がゴール右隅に決まり、明徳義塾が先制した。

対する正智深谷は「立ち上がりの失点が痛かった」(小島時和監督)。得点への焦りから、持ち味であるパスワークが鳴りを潜め、ロングボール主体の戦いに。奪ってから素早く相手DFの裏を狙い、⑦新井晴樹を走らせたが、⑩小島遥が「センターバック2枚が強かった」と口にしたように、④舛田と③濵口俊介による明徳義塾のセンターバックコンビを崩せず。次の手として選んだ⑨鈴木涼太と⑮玉城裕大によるサイド攻撃もフィニッシュの場面を封じられ、決定機まで持ちこめない。

後半に入ってからは積極的に交代カードを切って、ゴールを狙ったが同点弾が奪えず時間が経過。試合終了間際にはパワープレーを仕掛けたが、「うちの特徴はハードワーク」と小松晃監督が胸を張る粘り強い守りを最後まで崩せず、タイムアップを迎えた。

img
img
img
img
img
img

(コメント)
明徳義塾
小松晃監督
目標にしていた1勝を達成できましたが、今も満足はせず、次も勝ちたいという意欲が出ています。1点を取れたことで、全体が落ちついたのが大きかったですね。いつもは1点取った後に喜びすぎてやられてしまうのですが、以降もうまく締めて対応できたと思います。最後のパワープレーは、短かったから良かったのですが、最初から来られていたら、うちはフィジカル的に弱いチームなのでわからなかった。

正智深谷
小島時和監督
全国の1回戦(初戦)を戦う難しさを僕自身、痛感しましたし、子どもたちにも伝わったと思います。縦に速い攻撃を警戒していたのですが、見事に縦に速い攻撃にやられてしまった。うちもうちらしい得点を期待したのですが、やっぱり高校生で慌ててしまって、パスすべきところで蹴ってしまった。2年生が多いチームで試合に出ている3年生は少ないけど、よく頑張ってくれました。アイツらの力がなければ、全国は出場なかったので感謝したいです。だから、この苦しい試合を何とか追いついて、逆転したかった。

⑩小島遥
開始早々に失点してしまったことが悔やまれます。後半に立て直そうと思って、最後にチャンスも作れたのですが、点を決められなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。1年のころから、僕たちは「力がない。弱い代」といわれてきて、本当に苦しかった。この大会で弱いのを克服して、強さを証明しようとみんなで口にしていたので、本当に悔しい。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ