第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 矢板中央―大分

2016年01月01日

小川博久 取材・文・写真

15年12月31日(木)14:10キックオフ/神奈川県・等々力陸上競技場/試合時間80分
矢板中央
2 0-1
2-0
1
大分
森本ヒマン(後半12分)
真下瑞都(後半40分)
得点者 古田武尊(前半40分)

前半は、互いにペナルティーエリアで仕事をさせてもらえず、FKやCKでチャンスをうかがう展開。その均衡が破れたのは前半終了間際。大分は、⑮古田武尊がシュート気味のパスを右ヒールでコースを変えて待望の先制点を奪う。後半に入って、矢板中央は187センチの長身FW⑪森本ヒマンを投入。ロングスローやCKのターゲットとして空中戦を仕掛け、追い上げムードが漂う。そして後半12分、4度目のロングスローのチャンスで⑪森本がヘディングで同点弾をゲット。この攻撃が伏線となり、後半40分の決勝点が生まれる。左CKのチャンスでターゲットの⑪森本と④星キョーワンはファーサイドに走りこむ。しかしボールはニアに送られ、それを⑤真下瑞都が合わせてゴール。接戦を制した矢板中央が逆転で2回戦へと駒を進めた。

img
img
img
img
img
(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ