第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 帝京第三-高松南

2015年12月31日

松岡健三郎(本誌) 取材・文・写真

15年12月31日(木) 12:05キックオフ/千葉県・ゼットエーオリプリスタジアム/観客1,528人/試合時間80分
帝京第三
3 2-0
1-0
1
高松南
村上光樹(前半13分)
村上光樹(前半35分)
山元潤 (後半4分)
得点者  

高松南の高いDFラインの裏を狙い、ロングボールを入れて相手自陣に押し込むことに成功した帝京第三。前半13分、高い位置からのプレスで得たCKから⑪村上光樹がヘディングで合わせ、帝京第三があっさりと先制点を決めた。その後は、「(早い時間に取った後)点を決めることよりもボールを回すことに特化してしまった」と相良和弘監督が振り返ったように、嫌な時間帯が続いた。それでも前半35分に、再び激しいプレスからボールを拾った②吉野巧人が⑪村上にスルーパスをつなぎ、2点目を奪取。後半4分にも⑭山元潤が決めて3点のリードを奪う。その後も多くのチャンスを作った帝京第三。追加点こそならなかったが、初戦を快勝で飾った。

img
危なげない試合展開で勝利した帝京第三
img
反撃の糸を見つけられないまま終わってしまった高松南
img
2ゴールを決める活躍を見せた帝京第三⑪村上光樹
img
巧みなボールタッチを見せた帝京第三⑦梅田至を、高松南の⑬小林直登と②柳大地がマーク
img
高松南⑳德田空がロングスローとドリブルで見せ場を作ったが、
帝京第三③穂坂勇希も粘りのディフェンスで守った

(コメント)
帝京第三
相良和弘監督
ボールを奪ってから相手の3バックのサイドのスペースを使って攻めていこうと指示をしました。(もっと点は取れたと思いますが)課題があったほうが次にもつながります。嫌な時間帯で⑪村上が2点目を決めてくれたので、そこからまたいい流れになったと思いますね。でも、途中出場の選手が決めてくれないと困りますね(笑)、その目的で出したので。(守備面では)セットプレー(特にロングスローで)でピンチになる場面があったので、そこは修正しないといけません。上にあがればその1発でやられてしまうことがありますから。今日の勝利で、次はもう少しリラックスしてできると思うので、ベスト16を越えられるといいですね。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ