第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 新潟明訓-那覇西

2016年01月01日

松尾祐希(フリーライター)取材・文・写真

15年12月31日(木)12:05キックオフ/千葉県・フクダ電子アリーナ/試合時間80分
新潟明訓
2 0-0
2-0
0
那覇西
関口正大(後半34分)
田辺大智(後半40分)
得点者  

新潟明訓は初戦の難しさからミスを連発。「予想以上にGKのキックがドンピシャで来ていて、あれが全部つながってしまった」(新潟明訓・田中健二監督)と、前半は那覇西のカウンターに手を焼く展開となった。しかし、後半に入るとサイド攻撃が機能。好機を幾度となく作りだし、ゴールへの匂いを感じさせる。その好機を逃す場面が続いていたが、後半34分、ゴール前のFKをMF⑩中村亮太朗が直接狙うとポストを直撃。このこぼれ球をMF⑦関口正大が押しこんで待望の先制点が生まれた。同40分には、⑧加藤潤のクロスにFW⑤田辺大智が反応してダメ押し弾。16年ぶりの出場となった新潟明訓が悲願の選手権初勝利を手に入れた。

img
img
img
img

(監督・選手コメント)
新潟明訓
田中健二監督
予想以上にGKのキックがドンピシャで来ていて、あれが全部つながってしまった。そのところは情報がなかったので、あそこまで精度が高いと攻めるときにGKを外さないといけなくなってくる。そこは後半に修正をしたが、とにかくこの試合だけは自分たちのよさを出したかった。押せばやられてしまうので、強気でいってこいといったし、相手の選手が途中から何人か足をつっていたので、慌てなければ大丈夫かなと思っていた。

⑧加藤潤
(ハーフタイムでの監督からの指示は)自分のところで3対1の状況を作られることが多かったので、そこの修正をいわれた。高い位置を取れれば、CBとの距離感もよくなるし、シンプルに展開することを増やそうという指示だった。
(後半はシュート12本も、点が取れない時間が続いたが)ちょっと時間的にまずいなと思ったが、相手も足がつっていて試合中に釣りそうという声も聞こえてきた。なので、うちの勝ちだなと思ったし、焦れずにやるだけだと思っていた。
(アシストの場面は)ここだと感じた。1試合を通じて、何もできていなかったのがちょっと嫌だったので、見せ場を作ろうと思って前に上がった。

那覇西
玉城真哉監督
(ハーフタイムには出した指示は)うちの10番が高い位置を取れていたので、真ん中の幅も使っていきたかった。ちょっと躊躇(ちゅうちょ)している感じがしたので、もっとテンポアップさせられればと思っていた。相手は真ん中にパワフルな選手がいるので、それに対して粘り強く2人3人で掛かっていっていくように話した。ただ、CBが痛んだりしたので、できなくなった部分があったかなと思う。
(0−0で前半を折り返したことについて)本当は1点を取って折り返したかった。先に点を取りたかった。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ