第94回全国高校サッカー選手権大会 全試合完全レポート

PUMA

gol

第94回全国高校サッカー選手権大会
1回戦 日大山形-山口県鴻城

2016年01月01日

松岡健三郎 (本誌)取材・文・写真

15年12月31日(木) 14:10キックオフ/千葉県・ゼットエーオリプリスタジアム/観客1,927人/試合時間80分
山口県鴻城
0 0-0
0-0
PK
4-2
0
日大山形
  得点者  

「サッカーは何が起こるかわからないね」。帰り道に両チームの応援に駆けつけた人たちが口々に声にしていた。それもそのはず、シュート数は15対2と日大山形が圧倒し、試合も連動した守備で山口県鴻城に何もさせなかった。日大山形のピンチは前半のカウンターから受けたシュート1本だけ。「11人全員で守る」山口県鴻城が、GK①川島陸哉を中心に全員で体を張って80分守りぬき0-0で前後半を終えた。PK戦でも①川島が試合中の勢いのままPKストップし、山口県鴻城が試合内容とは異なり、選手権初勝利を手にした。

img
守りに守ってPK戦へ持ちこんで勝利を収めた山口県鴻城
img
1点が遠く1回戦敗退となった日大山形
img
日大山形⑨高橋慎一のシュートを、体を張ってブロックする山口県鴻城④松本大志
img
日大山形⑩庄司朋矢をマークする山口県鴻城⑦西村那智と⑨佐古大輔。
中盤で何度もマッチアップした
img
主役となった山口県鴻城GK①川島陸哉が応援席のみんなと喜び合った

(コメント)
山口県鴻城
竹田典正監督
11人全員で守りました。守備ができない選手は使っていないので、しっかり体を張って守ってくれたと思います。指示はしていませんが、自然と引いて守る形になってしまいました。よく(集中力を)切らさずに守ってくれました。うちは(試合を)やってみないとわからない「日替わり定食」みたいなものなので、今日も始まってみないとわからない状況でした。次もやってみないとわかりませんね。

GK①川島陸哉
DFが寄せてくれていたので、そんなに大変ではなかったです。(クロスボールに対しては)相手の高さがあったので、そこは怖かったですね。ハイボールはできるだけ自分が行くようにしました。インターハイでも1回戦勝ちましたが、今日のほうが時間が長く感じました。やっぱり選手権は違いますね。テレビ中継もありますし、たくさんの人に見に来ていただいたので、緊張はありました。その中で注目されて最高ですね。
PK戦は得意なので5本中1本は止める自信ありました。だから、とにかく守ってPK戦にいって、全員が決めてくれれば勝てると思っていました。キッカーの助走を見て(止める方向を)決めています。

(C)Gakken Plus Co.,Ltd.
ページトップへ