STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >3回戦 滝川二-近代和歌山

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/3

第87回全国高校サッカー選手権大会

神谷正明(フリーライター) 取材・文

3回戦

1月3日(土)/12:05キックオフ/埼玉県・さいたま市駒場スタジアム/観客2300人/試合時間80分

滝川二 3(0-0、3-0)0 近代和歌山

得点者
(滝)矢野、河本、中西隆

栫新体制で初!
滝二ベスト8へ!!

 前半は悪い意味で「高校生」らしい展開になってしまった。

 蹴って、走って、競って、こぼれて、拾って、また蹴って――。近年の高校サッカーではつなぐことを意識するチームが増え、昔のようにドカンと蹴っては走るを繰り返すという試合はそんなに見られなくなっていたので新鮮といえば新鮮だったが、やはり「キック&ラッシュ」は単調で面白みに欠けた。

 立ち上がりから前半終了まで、ボールはピンポン球のように両陣地を行き交うばかり。攻撃がフィニッシュにつながるかどうかは、いいところでセカンドボールが拾えるかどうかで決まる。たまにドリブル勝負を仕掛けてもスルリと抜けることはなく、相手の足に当たったボールが自分たちに転がってくれば攻撃継続、相手に渡れば守備に移行という流れだった。

 12分、滝二にこの試合最初の決定機が訪れ、⑨井上太志のダイレクトループパスから⑪河本駿がシュートを放つが、攻撃のスタートはやはりルーズボールを拾ったところからだった。

 ただ、こういった、技術を発揮する機会の乏しい展開でもだんだんと目立ってくる選手はいるもので、滝二でいえばそれは⑥中村勇紀、⑪河本、⑨井上の3人。⑪河本はトラップがうまく、⑨井上はパスの精度が高かったが、とりわけ目を引いたのは⑥中村だ。クロスの精度が非常に高く、動きながらのクロスはターゲットを外すこともあったが、止まって蹴った場合の精度は抜群だった。

 一方の近大和歌山はフリーな状態でもショートパスが2メートルくらいズレる選手も数人いて、大舞台で戦うには技術的に心もとないといった印象だったが、②谷口総康は面白かった。ドリブルの切れ味が鋭く、切り返しをやってもボールが足元から大きく離れることがなかった。15分にはマシューズステップでマーカーをかわしてみせたが、その鋭さはなかなかのものだった。

 ボールが空中遊泳を楽しんでいた試合がようやく試合らしくなったのは後半から。「前半は怖がりすぎていつもと全然違うことをやっていた。それはしょうがないけど、後半は切り替えろ」という栫裕保監督の指示を受けた滝二の選手たちがしっかりとつなぐことを意識しはじめた。

 スコアも動いた。後半6分、センターライン付近から⑥中村がダイアゴナルにロングフィードを送ると、⑱矢野亮が右サイドからペナルティーエリア内にカットインして先制弾をマーク。前日、矢野は監督から「遠慮せず思い切り打て! サブマリンシュートだ」と喝を入れられていたそうだが、その甲斐あってこの日はしっかりとボールをたたいた。ちなみに「サブマリンシュート」というのは漫画「赤き血のイレブン」に出てくる必殺シュートの名前で、監督はこの日の「サブマリンシュート」に合格点を与えていた。

 ビハインドを背負った近大和歌山は⑨小川大輔、⑳辻本直也を投入。リズムを変えようとしたが、サッカーは前半とほとんど変わらない。ボールを持てばすぐに蹴っ飛ばしてしまい、セカンドを拾われては押し込まれていた。

 そんな相手を尻目に滝二は後半14分、カウンターから⑬吉澤春風が絶妙のスルーパスを送ると、⑪河本がGKをかわして無人のゴールに追加点。21分にはCKからキャプテンの③中西隆裕がフリーでヘッドをたたき込み、トドメを刺した。終盤には⑪河本、⑥中村といった軸となるプレーヤーをさげる余裕も見せ、昨年から指揮をとる栫監督にとっては初となる、2005年度以来のベスト8進出を決めた。

滝川第二・栫裕保監督
「遠慮せず思い切り打て! サブマリンシュートだ、といったら、今日は蹴った。前半は怖がりすぎていつもと全然違うことをやっていた。それはしょうがないけど、後半は切り替えろとハーフタイムで指示をした。つなげればああいう形はできる。本当は前半からやらないといけないけど、失点を恐れすぎて蹴ってしまっていた。マイゲームができるとシュートが生まれるし、シュートが生まれると点になる。(監督にとって初のベスト8になるが?)特に考えていなかった。いわれて初めて気がついた。考えていることはコーチ時代と変わらない。勝っても負けても勉強になる。目指していることに近付いている。パスゲームをやりたい。つないで、相手のいやなところを突くようなサッカーを目指している」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク