STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >3回戦 鹿児島城西-宇都宮白楊

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/3

第87回全国高校サッカー選手権大会

鈴木潤(フリーライター) 取材・文

3回戦

1月3日(土)/14:10キックオフ/千葉県・市原臨海競技場/観客2000人/試合時間80分

鹿児島城西 7(3-0、4-1)1 宇都宮白楊

得点者
(鹿)室屋2、大迫勇2、野村、平原、河野
(宇)小野

圧倒的な攻撃力を見せる
鹿児島城西に死角はあるのか

 もやは“次元が違う”としか形容のしようがない。市原臨海競技場で行われた3回戦第2試合は、鹿児島城西が宇都宮白楊を7-1で一蹴した。⑨大迫勇也が3試合連続の2得点に加え、4つのアシストも記録するなど、この日鹿児島城西が叩き出した7得点すべてに絡むパフォーマンスを見せた。

 ポストプレーと正確なワンタッチパスで味方のゴールを誘発すれば、28分には約20メートルの左足弾丸ミドルでゴールをたたき出し、後半27分には敵陣深くでボールを受けると巧みに反転し、角度のないところからゴールを陥れた。現時点で得点とアシストの両部門でトップに立つという2冠状態だ。ベタな表現で恐縮だが「大迫勇也のための大会」になりそうな気配が漂っている。チーム自体もここまでの3試合で16得点。この圧倒的な攻撃力を見た限りでは、現時点で優勝に最も近いのは鹿児島城西だろうと思わされる。

 では彼らに死角はないのだろうか。鹿児島城西の強さを認めつつ、もし粗を探すとすれば、それは圧倒的な攻撃力に表裏する守備力にある。鹿児島城西・小久保悟監督は「最後の失点はウチらしい。締めがよくなかった」と、ロスタイムの失点場面を振り返り、その言葉を口にした。その失点場面とは、後半39分、守備陣のささいなミスから決定的なピンチを招き、相手と接触したGK①神園優のプレーがPKとなり、それを決められたものだ。さらに得点機会阻止として①神園は一発レッドの退場処分を受けてしまった。

 このPK場面の他にも課題はある。チャレンジ&カバーの「カバー」の部分の意識が薄く、守備陣が中央にボールを当てられたとき、ディフェンス陣がボールを持つ選手に対して引き出され、そこからテンポよくサイドへ展開するか、あるいはDFラインの背後を狙われるともろさがあることも露呈した。この日はPKによる1失点で済んだが、宇都宮白楊の決死の攻撃に対して、両サイドがいとも簡単に裏を取られる場面もたびたびあった。

 これからはベスト8に勝ち残った精鋭たちが対戦相手となる。鹿児島城西の戴冠のためには、やはりこの守備面の課題をクリアしなければならないだろう。それとも、失点を重ねても、それ以上のゴールラッシュで課題の守備面をかき消すのというのだろうか。

鹿児島城西・小久保悟監督
「いろいろありましたけど、次頑張ります。攻守の切り替えが遅いと昨日選手たちに話しました。最後の失点はウチらしい。締めがよくなかった。ディフェンスの面で緩い部分があった。サブGKは練習試合でやっているので心配していない。神園は泣いていましたが、他のGKがいるから信じろといいました。攻撃の連動性は上がっている。現在のチームの出来は現在80~90パーセントぐらいです」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク