STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >3回戦 広島皆実-作陽

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/3

第87回全国高校サッカー選手権大会

安藤隆人(サッカージャーナリスト) 取材・文

3回戦

1月3日(土)/14:10キックオフ/東京都・駒沢陸上競技場/観客6242人/試合時間80分

広島皆実 1(1-0、0-0)0 作陽

得点者
(広)玉田

作陽、『オールコートディフェンス』の前に屈する

 3回戦屈指の好カードとなった広島皆実vs作陽の一戦。結果は1-0で広島皆実の勝利。作陽の狙いが広島皆実の強烈な『オールコートディフェンス』の前に屈する格好となってしまった。

 この試合において作陽にとって痛手だったのが、CB④安良田恭平の負傷だった。そのため、右SBの⑤木下淑晶をCBに移し、⑰吉田凌亮を右SBに起用。センターラインが崩れたことで、作陽は狙い通りの試合運びができなくなってしまったのだった。

「立ち上がりは両サイドの裏のスペースを狙っていた」と野村雅之監督が語ったように、【4-4-2】を敷く広島皆実は左の⑤﨑原拓也、右の②村田俊介の両SBが積極的にオーバーラップを仕掛けてくる。特に左サイドの⑤﨑原は攻撃力が高く、左MFの⑩谷本泰基とのコンビで、積極果敢に前に仕掛けてくる。野村監督はその裏のスペースを突くことで、【4-2-3-1】の1.5列目のラインを高めに押し上げ、かつ両SBを攻撃的に生かせることで、サイドでのイニシアチブを握ろうとした。

 しかし、予想以上に広島皆実の『オールコートディフェンス』は強烈だった。司令塔でもあるボランチの⑩亀井拓実がボールを持っても、「強烈なプレスをかけてきて、なかなかサイドに散らさせてもらえなかった」と語ったように、すぐにプレーエリアに緑と黒の壁が立ちはだかり、サイドチェンジやフィードですら打たせてもらえなかった。

 反対に中盤の速い囲い込みでボールを奪われると、すぐに相手のFWに当てられ、DFラインの間隙を徹底して突かれた。攻撃に転じたくても、守備陣が広島皆実の素早いショートカウンターの前に自陣のゴールの前に半身にさせられてしまい、ボールを奪っても組み立てに入るまでに時間がかかってしまった。

 ほかのチームであれば、多少時間がかかっても組み立てができるのだが、相手が広島皆実ともなると話は別。相手の素早いポジション修正の前に、ピッチ上でパスコースが見当たらず。「ワイドに送り込むボールが全くといっていいほどなかった。あったのは1本くらい」と野村監督が嘆いたように、狙いがはまらない展開が彼らを大いに苦しめた。

 勝負にタラレバはないが、もしDFラインに④安良田がいたら、もっと全体が相手のショートカウンターに前向きに対応できたかもしれない。最終ラインで安定したカバーリングとコーチングで軸となっていた彼の不在は、チームに大きな影を落とした。

 そして前半39分、まさに広島皆実の狙いどおりの電光石火のショートカウンターから先制点は生まれた。MF⑦浜田晃のスルーパスに再三DFラインのギャップを突く動きをしてきたFW⑪玉田耕平が抜け出し、GKとの1対1を冷静に沈めた。

 広島皆実の1点は、ほかのチームの1点とワケが違う。野村監督もそれを分かっているからこそ、後半は勝負に出た。後半の始めから⑰吉田に代え④安良田を、MF⑲村木俊太に代え、MF⑪村上綾を投入。トップ下の⑥佐藤龍希を前に上げ、左サイドハーフの⑧淵本翔太を右に移動させ、⑪村上を左のハーフに起用。右の⑧淵本を中に絞らせることで、右SBに戻った⑤木下の攻撃力を引き出し、左は⑪村上の攻撃力を生かす布陣に切り替え、再び相手のサイドの裏のスペースに狙いを定めてきた。

 だが、広島皆実のオールコートディフェンスは全く弱まることはなかった。前半同様にボランチから効果的なボールを供給できぬまま、時間は過ぎていった。後半31分には初戦の星稜戦で大活躍した1年生MF⑫中村翔を投入し、さらなる攻撃のてこ入れを図ったが、最初に狂った歯車を最後まで修復することはできなかった。

 1-0のスコアの奥には、野村監督の狙いを打ち砕いた広島皆実のしたたかさがあった。ただ、作陽の常に狙いを持ったサッカーは非常に高いレベルにあり、この試合もスコアこそ1度しか動かなかったが、その裏にあったさまざまな局面での駆け引きは見事であった。

 1-0のナイスゲーム。作陽の冬は前回同様に3回戦、駒沢で広島皆実の前に屈したが、彼らへのリベンジの場はいくらでもある。次はどのような攻防を見せてくれるのか。今から楽しみでならない。

広島皆実・藤井潔監督
「中国地域の中で野村(雅之監督)さんのやってきた功績が大きくて、すごく学ぶことが多かった。作陽の活躍は勇気をもらえるし、悔しいのもある。選手たちもそれは分かっていて、作陽との試合はもう意地と意地とのぶつかり合いですね。作陽はもう手の内を知り合っているほどの仲、がっぷり四つでした。守備は周りの人から評価してもらえているので、点を取りきることをテーマにしてやってきた。それが今日出せたのでよかった。次の相手は四日市中央工ですが、前回ベスト8で、同じ三重の津工にやられているので、勝ちたいですね」

作陽・野村雅之監督
「皆実も強いので、素で当たればウチのほうが分が悪かった。個々のアベレージが向こうのほうが若干上だった。前半は本当にどうしようもなかった。落ち着かせようにも、なかなかボールが落ち着かなかった。今大会は5試合やるつもりのメンバーを組んできたので、④安良田は故障もあって、最初から使えなかった。星稜戦に出場した⑫中村もまだ1年で、フルに出たことがないので、連戦なので最初から使わなかった。皆実はやっぱり個の力が高かったですね」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク