STRIKER DX

ストライカーデラックス
BookBeyond コンセプトは学ぶ+知る+育む
トップページ マッチレポート コラム トピックス セレクション バックナンバー ムック リンク
最近のレポート

トップ マッチレポート 第87回全国高校サッカー選手権大会 >2回戦 宇都宮白楊-西京

Match Report マッチレポート


第87回全国高校サッカー選手権大会 レポートコラム Supported by gol.japan (株)カレッジリーグ エーライン事業部

gol.japan

卒業生に贈るメモリアルボール (株)カレッジリーグ エーライン事業部

トーナメント表
大会概要
2009/1/2

第87回全国高校サッカー選手権大会

菊地芳樹(ストライカーDX編集部) 取材・文

2回戦

1月2日(金)/12:05キックオフ/千葉県・柏の葉公園総合競技場/観客2800人/試合時間80分

宇都宮白楊 1(0-1、1-0、PK4-2)1 西京

得点者
(宇)小林文
(西)江口

キックの大切さを
思い出させてくれたゲーム

 7年ぶりに全国へ進んだ宇都宮白楊と、初出場の西京の対戦は、お互いに力が拮抗したゲームで、PK戦で決着した。

 高校選手権でよく見られる、典型的なパターンの1つだったと思う。80分間、どちらもなかなかボールが落ち着かず、中盤でガチガチと奪い合って、ボールが行ったり来たりする展開だった。お互いにスピードあるプレーを得意としているようなのだが、全国大会レベルの敵のディフェンスは、そのスピードにしっかりついてきてプレッシャーをかけてくるわけだ。もちろん、晴れ舞台の緊張感もあるのだろう。どうしても攻撃側はコントロールがズレ、パスもズレ、敵にボールが引っかかるという繰り返しになってしまう。どちらも、2本、3本とボールがつながっていかなった。

 ただし、逆にそれだけお互いがよく走って、守備面で頑張って敵を上回っていたことも、つけ加えないといけないだろう。

 その中でも前半やや優勢だったのは、風上に立った西京だった。中心になったのはキャプテンのボランチ⑦江口将貴。20分に彼のFKが枠をとらえ、24分もボレーシュートを狙うなど、ゴール前のシーンを作っていく。そして36分、左CKを⑦江口が直接狙ったところから(敵GKが弾いて再びCKへ)連続攻撃となり、ペナルティーエリア内で⑤金本周平が倒されてPK。これを⑦江口が落ち着いて決めて先制した。

 宇都宮白楊も、キャプテンがチームの中心だった。⑩小野優二は前半FWの位置に入っていたが、後半10分の交代策から、トップ下に入ってゲームをコントロール。ボールに多く絡むようになって、チャンスが増えていく。すると18分に得た左CKを、前半の西京の⑦江口同様、⑩小野が直接狙うと、大きく曲がったボールは敵GKが処理できぬままバーに当たり、これをファーサイドに飛び込んでいた④小林文哉が押し込んでゴール。同点にした。

 なかなかパスがつながらなかった両者だが、それでもセットプレーのチャンスを生かして、その流れからゴールを奪ったのは、さすがだったと思う。ひと昔前ならば、0-0で終わっていたゲームだっただろう。宇都宮白楊は⑩小野、西京は⑦江口という、優れたキッカーがいたのも強みになったといえる。改めてボールをしっかり蹴れることの大切さを、考えさせられたゲームだった。

 PK戦は、先行の宇都宮白楊の各選手が、笛が鳴ってもひと呼吸おいてスタートするなど、非常に落ち着いた様子でしっかりと決めていった。西京も同じように1人1人が工夫をこらして臨んでいた。だが、3人目の⑩山田晋也のシュートは、打ったタイミングがGKの反応とバッチリ合ってしまった。これは宇都宮白楊GK①小林迪寛が素晴らしかった。4人目の最後の③西本拓巳は、ペナルティーアークも出たところから長い助走を取ってシュートした。ところが、ゴール上に外してしまった。助走の間にスピードを変えるなどで、GKのタイミングをズラそうとしていたが、途中、自分の体のバランスも崩してしまったように見えた。

 PKはやはり奥が深く、難しい。

宇都宮白楊・只木章広監督
「1回勝つのが最低限の目標だったので、本当にうれしいです。後半はかなり盛り返してプレーできました。もう1点取れればよかったんですけど、PKも練習していました。自分たちは失うものはないので、次も全力でいいプレーをしたいです。今日よりもアグレッシブにできるのではないかと思います」

宇都宮白楊・①小林迪寛
「厳しい試合だったけど、PK戦になったら勝てると思っていた。次も厳しい試合になると思うけど、頑張りたいです」

西京・兼行剛士監督
「ウチは最後まで走り切るのが身上で、後半風下だったけど、もっと運動量で対抗できるかと思っていた。だが、相手がいいチームで、リズムを取れなかった。選手たちは100パーセントやって、全部出せたと思います」

このページの上へ 更新一覧へ

ストライカーDX トップ マッチレポート コラム トピックス セレクション/スクール バックナンバー ムック リンク